ヨン様の次はスバ様!?「憂いの貴公子」がアルゼンチンから来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年10月19日 > ヨン様の次はスバ様!?「憂いの貴公子」がアルゼンチンから来日
メニュー

ヨン様の次はスバ様!?「憂いの貴公子」がアルゼンチンから来日

2004年10月19日 12:00

(左より)假屋崎省吾、レオナルド・スバラグリア、梨花「ユートピア」

(左より)假屋崎省吾、レオナルド・スバラグリア、梨花
[拡大画像]

スペイン製のサイコサスペンス映画「ユートピア」のプロモーションのため、主演のレオナルド・スバラグリアが初来日、10月15日、ウェスティンホテル東京(東京・恵比寿)で記者会見を行った。スバラグリアはスペイン映画「カルメン」でカルメンの恋人ホセを情熱的に演じ、その憂いを帯びた眼差しから「憂いの貴公子」と呼ばれ、人気急上昇中のアルゼンチン出身の俳優。今回、予知能力を持つ男を演じたスバラグリアは「予知能力による苦悩を、予知夢を見るたびに肉体的な苦痛を覚えるというかたちで表現した。また、苦痛から逃れるため、最初は自分の殻に閉じこもっていた主人公が、やがて世界に対して解放されていく過程を演じるのに苦労した」と語った。さらに、会場からあがった「アントニオ・バンデラスよりもセクシーだ」という声に、「セクシーな要素があることや、それを表現できることは、俳優としてうれしいです」と笑顔を見せた。

また、会見の途中で華道家の假屋崎省吾とタレントの梨花が大きな花束を抱えて乱入。この日のために花束を準備したという假屋崎は、映画について「初めての感覚。鳥肌が立ちました」と絶賛。梨花は「派手じゃなくて秘めた雰囲気で、今まで知り合った男性の中ではいない感じ」と熱い視線を送った。「ユートピア」は10月30日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi