ビル・マーレイの毒舌は“事実”だった : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年2月10日 > ビル・マーレイの毒舌は“事実”だった
メニュー

ビル・マーレイの毒舌は“事実”だった

2004年2月10日 12:00

ゴールデン・グローブ賞のミュージカル・コメディ部門で主演男優賞を受賞したビル・マーレイ(「ロスト・イン・トランスレーション」)は、他の受賞者が監督や共演者だけでなく、エージェントやマネージャーの名前を列挙するスピーチを行っていたことを皮肉って、自らが受賞したときに「エージェントはクビにしたし、パーソナルトレーナーは自殺したからリラックスしていいよ」とコメントして笑いを取ったが、それがジョークでなかったことが明らかになった。実際に、マーレイのエージェントは2カ月前に解雇されており、トレーナーも昨年7月に自殺していた。何ともシャレにならない話である。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi