ロスト・イン・トランスレーション
ホーム > 作品情報 > 映画「ロスト・イン・トランスレーション」
メニュー

ロスト・イン・トランスレーション

劇場公開日

解説

CM撮影のために東京にやってきたハリウッドの中年男優。カメラマンの夫に同行して東京にやってきてホテルの部屋で過ごす若い妻。見知らぬ異国の街で出会った、年齢も性別も違う2人が夜の都市をさまよう。「ヴァージン・スーサイズ」のソフィア・コッポラが監督と脚本を担当して、アカデミー賞オリジナル脚本賞を受賞。撮影は、スパイク・ジョーンズ監督作やビンセント・ギャロ監督の「バッファロー'66」のランス・アコード。

作品データ

原題 Lost in Translation
製作年 2003年
製作国 アメリカ
配給 東北新社
上映時間 102分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第76回 アカデミー賞(2004年)

受賞
脚本賞 ソフィア・コッポラ
ノミネート
作品賞  
監督賞 ソフィア・コッポラ
主演男優賞 ビル・マーレイ

第61回 ゴールデングローブ賞(2004年)

受賞
最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ビル・マーレイ
最優秀脚本賞 ソフィア・コッポラ
ノミネート
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) スカーレット・ヨハンソン
最優秀監督賞 ソフィア・コッポラ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

彼らは外国で孤独を感じている者らしい行動をとる
ロスト・イン・トランスレーションの映画評論・批評

「R」と「L」問題。通勤電車でエッチな漫画を読む男性。背の低いサラリーマンのなかで頭一つ飛び出た外人。幼稚でおどけたTVショーのホスト。トレンディなクラブでトレンディな人々が英語らしき言葉で交わす脈絡のない会話。漢字の看板。回転寿司。...ロスト・イン・トランスレーションの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全17件)
  • まあまあ 絵が素敵。一人旅したことないけれど、したらきっとこんな風なのかな、 ...続きを読む

    のびー のびーさん  2016年11月2日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 久しぶりに観ました 異邦感たっぷりの情緒あふれる作品です。東京という街の中で、自分を見出せない二人の姿がとても哀しく切なく思いました。 2013年頃の東京の風景を見ることができるのである意味貴重な映像かと思います。... ...続きを読む

    NANA NANAさん  2016年7月16日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 監督の日本に対する驚きと興味を感じた 薄々わかってはいたけど、アメリカ人に日本はこういう国として写っているのか...ってちょっと愕然とちゃうよね。こんなダサいですか?こんな変ですか?っていう。日本人通訳やカメラマンの拙過ぎる英語とか... ...続きを読む

    Chisa Chisaさん  2016年3月21日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ロスト・イン・トランスレーション」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi