妻夫木&SAYAKA、ウズベクで極限演技。「ドラゴンヘッド」完成会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年7月29日 > 妻夫木&SAYAKA、ウズベクで極限演技。「ドラゴンヘッド」完成会見
メニュー

妻夫木&SAYAKA、ウズベクで極限演技。「ドラゴンヘッド」完成会見

2003年7月29日 12:00

(左より)藤木直人、SAYAKA、妻夫木聡 山田孝之、飯田譲治監督「ドラゴンヘッド」

(左より)藤木直人、SAYAKA、妻夫木聡
山田孝之、飯田譲治監督
[拡大画像]

バタアシ金魚」「鮫肌男と桃尻女」に続いて映画化された、望月峯太郎氏のベストセラーコミック「ドラゴンヘッド」。7月29日には、渋谷公会堂(東京・渋谷)に主演の妻夫木聡、SAYAKAらキャスト、スタッフが集まって完成会見と披露試写会が行われた。

修学旅行の帰路の途中、原因不明の事故に遭遇し、生き残った高校生男女2人が、荒廃した土地で人々の「恐怖」や「狂気」に遭遇し、それらを乗り越えながら東京を目指して歩き続けるという、物理的にも精神的にも“終末”な雰囲気が漂う物語。昨今の事件や災害からも、日本人にとってはあながち絵空事とは言い切れないストーリーだ。

本作は、全編に渡ってウズベキスタンでロケ。乾いた大地に、崩壊した渋谷駅ハチ公口全長150メートルを再現した。日本でなら30億円は下らないセットを、現地エキストラのギャラも含め安価に抑えられるという費用的効果、そして日本にはない荒涼感を感じられる土地、ということでウズベキスタンがロケ地に選ばれたそうだが、この点について妻夫木は「あの土地だったから極限状態の心理を演じられたと思う。ただ、食事は合わなかったので辛かった」と苦労を語った。また、本作で日本映画デビューを飾るSAYAKAは「ホームシックになった。でも、電話すれば弱気になるので我慢した。母(松田聖子)からは特に演技に対するアドバイスを受けなかった」と真剣度をアピールした。8月30日から公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi