迷走する「スーパーマン」、今度は監督が降板 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年3月25日 > 迷走する「スーパーマン」、今度は監督が降板
メニュー

迷走する「スーパーマン」、今度は監督が降板

2003年3月25日 12:00

面倒くさいからやーめた「スーパーマン」

面倒くさいからやーめた
[拡大画像]

新「スーパーマン」3部作で主役を演じる役者がいっこうに決まらないなかで、今度はなんと主役探しに奔走していたブレット・ラトナー監督が降板した。主役探しに難航し、プロデューサーのジョン・ピータースとの関係がこじれたのが原因らしい。スーパーマン役には、ブレンダン・フレイザーポール・ウォーカー、そして、無名のマシュー・ボマーが最終候補者として残っていたが、その3名がそろって固持を表明したことが決定的だったようだ。これまで新「スーパーマン」の監督には、ティム・バートンウォルフガング・ペーターゼン、McG、そして、ブレット・ラトナーが候補になってきたが、いずれも決裂。ついに同企画は、スーパーマン役どころか監督すらもいない状態になった。ただし、スタジオであるワーナー・ブラザース側は、継続してスーパーマン役を探しているとコメントしている。

ちなみに、これまで新スーパーマン役の候補になった役者は、ニコラス・ケイジジュード・ロウジョシュ・ハートネットアシュトン・カッチャーに上記の3名。新「スーパーマン」を離れたブレット・ラトナー監督は「ラッシュ・アワー3」に取りかかると見られている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi