ロマン・ポランスキー監督、オスカーに出席すれば逮捕 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年2月18日 > ロマン・ポランスキー監督、オスカーに出席すれば逮捕
メニュー

ロマン・ポランスキー監督、オスカーに出席すれば逮捕

2003年2月18日 12:00

衛星中継で出席の噂「戦場のピアニスト」

衛星中継で出席の噂
[拡大画像]

ロサンゼルス地区検察局は、「戦場のピアニスト」でアカデミー賞最優秀監督賞にノミネートされているロマン・ポランスキー監督が、アカデミー賞の授賞式に出席すれば逮捕すると発表した。ポランスキー監督は77年、ジャック・ニコルソン邸においてアルコールとドラッグを摂取している13歳の少女と性的関係を持ったとして逮捕されたが、判決が下される数時間前にフランスへ渡ったため、現在もなお逃亡者とみなされている。監督の代理人は「彼は25年間パリで暮らしている。アメリカに帰る計画はない」として授賞式への出席はないとコメント。「戦場のピアニスト」のプロデューサーであるロバート・ベンムッサは、オスカーのノミネートを受けて監督と祝杯をあげたが「過去を蒸し返したくない。この素晴らしい1日を楽しむだけだ」と語っているという。当事者の少女は現在39歳。ハワイで3人の子供の母親として暮らしている彼女は、97年3月に「彼は十分苦しんだ」として公にポランスキーを許すコメントを発表している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi