ジェームズ・コバーン、心臓発作で逝く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年11月19日 > ジェームズ・コバーン、心臓発作で逝く
メニュー

ジェームズ・コバーン、心臓発作で逝く

2002年11月19日 12:00

40年以上のキャリアを誇る個性派俳優、ジェームズ・コバーンが心臓発作で急逝した。18日午後(現地時間)、ロサンゼルスの自宅で心臓発作を起こし、そのまま入院先の病院で息を引き取ったという。享年74歳だった。

28年アメリカ・ネブラスカ州生まれのコバーンは、59年に映画デビュー。その後「荒野の七人」(60)で注目を浴び、「大脱走」(63)「電撃フリントGO!GO!作戦」(66)「夕陽のギャングたち」(71)などに出演。ブルース・リーに弟子入りし、空手の名手としても知られた。近年も、98年に「白い刻印」でアカデミー賞助演男優賞を獲得するなど活躍を続け、アンディ・ガルシアミック・ジャガーとの共演作「The Man from Elysian Fields」は、現在アメリカで公開されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi