15時17分、パリ行きのレビュー・感想・評価

15時17分、パリ行き

劇場公開日 2018年3月1日
240件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

当事者起用の狙いは

日本においては押しも押されぬ大巨匠といった扱いのクリント・イーストウッド監督だが、本作でもサラリと良い映画を撮ってしまっている。この時はどう撮れば良いか、ああいう場面ではどうすべきか、骨身に染みて映画の撮り方を知っているという印象を与える。指摘しやすい個性を持った映像ではないが、最後まで釘付けにさせる手腕に衰えは見られない。

本作では、事件の当事者をメインキャストに据える大胆な方法を採用した。こうした手法はメジャーハリウッド映画では珍しいが、しばしば用いられており、古くは映画史上最初のドキュメンタリーフィルム『極北のナヌーク』まで遡れるかもしれない。最近ではダニス・タノヴィッチが『鉄くず拾いの物語』で実践している。

この手法の肝は虚実の境にいかに迫れるかということだ。映像はそこにある様をそのまま切り取れる表現手段だが、映像の演出は嘘をつく技術でもある。キアロスタミの『クローズアップ』はそのことに最も自覚的な作品のひとつだが、本作はそうした先達の作品群と比べれば虚実の境を追求する姿勢は薄い。

なので当事者の起用自体は筆者はあまり大きな意味を感じなかったが、それでも上質に映画に仕上がっているし、等身大の彼らの活躍に胸打たれた。人生の積み重ねに焦点を当てたのも良い狙いだと思う。

ローチ
ローチさん / 2018年3月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

異色作とはいえ、巨匠ならではのアウトサイダー的な目線はしっかりと刻印

もしもこの映画を、監督名を伏せた状態で観せられたとしたら、私は「何だこりゃ!」と突っ込んだかもしれないが、その見方は決して正しくない。むしろ本作はきちんと監督名を踏まえた上で臨むべき映画なのだろう。

テロ事件を描いているとはいえ、それは『ユナイテッド93』とは恐ろしくかけ離れた構造を持つ。「当事者たちを起用する」という驚きの決断もさることながら、テロそのものよりも、彼らが幼少期から辿ってきた人生に何一つとして無意味なものなど無かったのだという「運命の導き」に焦点を当てている点もまた、イーストウッドらしいアウトサイダーへの温かい目線だ。

学校にも馴染めず、軍隊生活でも脱落を繰り返し、しかしそのアウトサイダーの彼らが、何かを成し遂げ、脚光をあびる。その姿を描くのに、本作もまた、教科書通りの作りを放棄して、見たこともないようないびつなアウトサイダー的な作りで臨んでいる点こそ非常に興味深い。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ヒューマン映画だったw

実際にテロ班拘束した人が演じてるって情報以外は皆無で映画館へGO!

アクション映画と思いきや、ヒーローになった3人がヒーローになるまでのヒューマン映画でした ww
(実際の拘束シーンは10分もないと思う)

期待してたものとは違うが、3人がヨーロッパを旅するシーンは実際に旅行してるような気分を味わえるし悪くはない…

が、映画館で観なくてもよかったかも。

Ren
Renさん / 2018年4月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正義感とか平等主義とかは倫理のうちは綺麗な飾り言葉に過ぎない。それ...

正義感とか平等主義とかは倫理のうちは綺麗な飾り言葉に過ぎない。それが生き方そのものになった時に初めて人を助けたり世の中を変革して行く力になり得るのだと感じさせられた。

かまちゃん
かまちゃんさん / 2018年4月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アクションシーンは少なめ

実話を元にした映画。
実際にテロに立ち向かった3人の青年
その場に居合わせた乗客までもが
本人出演!ということで興味を惹かれ
鑑賞しました。

青年たちの成長過程が8割方で
アクションシーンを求めるなら
物足りないかもしれないです。
テロのシーンも一瞬ですが
実際に起こった話なのでこれはこれで
リアルで良いのかなと思いました。
意外とグロいところもあるので
血がダメな人は厳しいかも、、、

みずきまいも
みずきまいもさん / 2018年4月10日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

質の高い再現ドラマ

もし、この映画に原作があったなら酷評で埋め尽くされたんだと思う。
でもこの映画の凄い所は、原作なんて無くて実際に起こった列車テロ事件だって事。さらに犯人以外はほぼ全員事件に立ち会ったご本人たちだと言う。もうそれだけの映画だった。
実際の事件を客観的に見たら、意外と淡白な感じなのかな、とか思った。演じているとは言え、本人たちがその時を思い出してやってるのだろうからこの通りなんだと思う。

なかなか実験的な試みには敬意を表しつつも、映画としては、、、んー3つかな。

にゃす
にゃすさん / 2018年4月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待値が高かった分

自分には合わなかった。

かつこん
かつこんさん / 2018年4月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

評価の分かれる作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

クリントイーストウッドということで期待しすぎたかもしれない。
正直、中盤のヨーロッパ観光旅行を楽しむ主人公達の行動に眠たくなってしまった。
事件の当事者を役者として起用するという試みは新しいし、高齢のクリントイーストウッドがその試みにチャレンジしようとする姿勢には心からリスペクトしている。
が、私にはあの間延び感を楽しむことはできなかった。
テロが身近に起こる国の方々とは感じ方が違うことも要因なのかもしれない。きっと私には見ていてもわかってないことが多いのだろう。
残念ながら、厳しい評価になってしまった。

YURI ISHTAR
YURI ISHTARさん / 2018年4月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少し間延び感は否めない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

3人の青年が電車内テロを止めるのを3人の人生を振り返りながら見ていくといった内容。

実際にあった事件と言うことでアクション映画さながらのド派手な銃撃戦ではなく、相手に武器を使わせないように鎮圧するという感じがよりリアルさ、生々しさが表現されていてよかった。

冒頭からテロのシーンとなるが3人の幼少期からの成長ストーリーが合間合間に挿入され、犯人を取り押さえるシーンの前に3人の過去のストーリーが終わるため、どのような心境で行動に出たのかが無理なくわかりやすく理解できるいい作品だった。

ただ逆にいうと事件のシーンだけではすぐに終わってしまうために3人の過去を合間に挟むという方法をとっていたため、早く取り押さえのシーンを見たかった自分としては引っ張られてるなと感じた。

総評としてはとてもリアルで、登場人物達の誇り等しっかり描けており、良い作品だったと思う

ダンペー
ダンペーさん / 2018年4月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

非ジョーに間延び

私には合わなかった。
こんなに評価が良いとは・・・・
実際はこんなものだと思うけれど、
もう少しかっこよく作ればと思ってしまった映画。
もっと犯人の事を描いてほしかった。

シネパラ
シネパラさん / 2018年4月5日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんとも、、、

リアルっちゃ、リアルだし。
好き好きだなこれは。
終わった後の不完全燃焼感が私は凄かった。

イーストウッドに期待を込め過ぎたのか、
ここまでリアルに描かれてたとは、
ただ、幼少期のくだりは母目線になるとグッときました。

これは好き好きかな〜?
予告でほぼ良かったのでは?と思ってしまった。

a----ko
a----koさん / 2018年4月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通の人の普通な話

一般人の一般的な話…正直興味の湧かない他人の人生をずーっと観ている感じ。興味の対照である「テロ」のシーンは一瞬だし…

果たして「殆ど本人」「イーストウッド」のキーワードが無ければ、ここまで評価されるのだろうか…?

と今心の荒んでいる自分は思ってしまいました…

女の子可愛い!と思ったら彼女は役者らしいし…

メカ崎鉄缶
メカ崎鉄缶さん / 2018年4月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

「(どんなことがあっても、)正義のためなら、行動するのです。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「(どんなことがあっても、)正義のためなら、行動するのです。」
ストーリーとしては、倒叙的に展開するのかと思いきや、
話の三分のニは、犯人を追いつめた3人の中学時代から成長を描きつつも、時々挿入される事件の場面ハラハラさせられる。これが監督の制作する手法か?リアリティが増幅する。
スペンサーを中心に描かれている。過去と現実の構築が上手い!と
思った。イーストウッドの作品を映画館で観させて頂くのは初めて
時間軸がフラフラしているのに、1本の完成された作品に仕上がっている。脱帽だ。3人の演技も素人とは思えない。
15時17分パリ行のこの列車に乗り合わせたという偶然と列車の中の緊迫感が上手く調合され半端ない。あの狭いスペースでの車内撮影はお見事。しかも、列車が、すれ違うという設定。何も言えねぇ。
フランスの田園を駆け抜けていく一筋の列車の美しさは、垂涎もの。
スペンサーが、事件後、列車を目の前にして語ったことに
涙が止まらなかった。まさに極上の感動。
「映画の素晴らしさ」を再認識をさせられた。

突貫小僧
突貫小僧さん / 2018年4月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生々しい

本人でキャストを固め制作されたテロ事件の映画化という事で観て来ました!

やっぱりイーストウッド監督の映画は素晴らしい^ ^

本人達の生い立ちから始まりテロ事件に至るまでで何故彼らがテロリストに立ち向かったのかがよく分かりました!

それでもあの事件が起きて立ち向かった時は唖然としました(^^;

テロリストに指を切断され首を切られそれでも立ち向かい3人でボコボコにしたシーンは凄かった(^^;

最後犯人が警察に紐で縛られて担がれて連行された時は笑っちゃいました^ ^

3人の勇気ある行動は素晴らしい^ ^

撃たれた方も本人さんのようですが無事で何よりです^ ^

heran
heranさん / 2018年4月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

さえない三匹の若造が見ていて可愛かったw 事件より若造の生い立ちに...

さえない三匹の若造が見ていて可愛かったw
事件より若造の生い立ちに焦点をおいた作品で、見せ方が上手いなと思った。
若いうちに金はないけど色々回る旅行はしとくべきな〜‼︎

uzumoti
uzumotiさん / 2018年4月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

当事者が実演を知らなかったら? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

当事者によるテロ事件の再現ドラマで、ラストシーンは本物の記録フィルムなのかな?
だけどラストシーンに、今まで演じていた本人たちが映っているのを見て、改めて現実に起きたことと気づいて衝撃を受けました。虚構と現実を混ぜながら、最後の叙勲シーンへの流れは素晴らしく、オランド大統領のスピーチも感動的です。
ここで、初めて観客が本人出演に気づくと言う演出だったら、愕然としただろうな。

JUST CINEMADICT
JUST CINEMADICTさん / 2018年3月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ブレない信念が人を救うという美談 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ブレない信念が人を救うという美談、が、英雄三部作の共通項なのかな、と解釈しています。
壮絶な事件の救出劇描写があっさりしすぎ、との評価もよく見かけますが、映画化しなければ見ることのできなかった三人の少年時代の葛藤や価値観に焦点をあてているところにメッセージがあるのだと思います。

当事者起用の斬新さもさることながら、本人たちの子ども時代をリアリスティックに再現できるちょい似の子役を発掘しているのも、地味に素晴らしいと思ってしまいました。

子ども時代のスペンサーの部屋に「硫黄島からの手紙」のポスターが貼ってあるという小ネタ、見逃さなかったですよ。

Ordinary Guy
Ordinary Guyさん / 2018年3月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話以上?

実話の映画化は数々あるけど…。
あまり基礎知識を持たずに観賞。
良い話でしたという感想を抱きながら、エンドクレジットを何気なく眺めていると…。
色々と驚きと納得と…。
さすが、クリント・イーストウッド!って感じでした。
同日観賞した某アカデミー受賞作より、よほどアカデミーだった。

kawauso
kawausoさん / 2018年3月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱり

さすが、イーストウッド!

つぐのりまん
つぐのりまんさん / 2018年3月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凄いけど…

軍隊所属といえど一般人があのような行動が出来るのは素晴らしいと思う。
が、しかし電車内で起こった事が思いの外あっさりで緊張感…?があまりなかったように思いました。
ドキュメントとしては素晴らしいかも知れませんが、娯楽としては微妙かもですね。

こま
こまさん / 2018年3月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

240件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi