15時17分、パリ行き
ホーム > 作品情報 > 映画「15時17分、パリ行き」
メニュー

15時17分、パリ行き

劇場公開日

解説

「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」の巨匠クリント・イーストウッドが、2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者を主役に、事件に至るまでの彼らの半生を、プロの俳優ではなく本人たちを主演に起用して描いたドラマ。2015年8月21日、オランダのアムステルダムからフランスのパリへ向かう高速列車タリスの中で、銃で武装したイスラム過激派の男が無差別殺傷を試みる。しかし、その列車にたまたま乗り合わせていた米空軍兵のスペンサー・ストーンとオレゴン州兵のアレク・スカラトス、そして2人の友人である青年アンソニー・サドラーが男を取り押さえ、未曾有の惨事を防ぐことに成功する。映画は、幼なじみで親友同士のスペンサー、アレク、アンソニーの3人が出会った少年時代や、事件に遭遇することになるヨーロッパ旅行の過程を描きながら、ごく普通の若者たちが、いかにしてテロリストに立ち向かうことができたのかを明らかにする。

作品データ

原題 The 15:17 to Paris
製作年 2018年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 94分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

イーストウッド監督の到達点は“ごく普通の人々に捧げた《極限の実話》”。各有識者が語る、今こそ見るべきその意味とは?
映画ファンを魅了してやまない「レジェンド」が、実際の事件を基に「テロ」と向き合う

あと何作、彼の作品を見られるのか? 87歳にして、今なお最前線で傑作を撮り続けていること自体が、感謝するべき驚きだ。これが最終作かもしれない……私たちはその思いを持ちながら、クリント・イーストウッド監督の到達点とも言うべき本作をむかえ...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

テロ映画というより青春ロードムービー。普通の若者たちが辿る運命の魔訶不思議
15時17分、パリ行きの映画評論・批評

巨匠中の巨匠クリント・イーストウッドが2015年に発生したテロ事件の実話を映画化――。一文字も間違ってないが、「イーストウッド×テロ」みたいな気持ちで観ると劇場で戸惑うかも知れませんと忠告させてください。かくいう筆者も最初は大いに戸惑...15時17分、パリ行きの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全240件)
  • 当事者起用の狙いは 日本においては押しも押されぬ大巨匠といった扱いのクリント・イーストウッド監督だが、本作でもサラリと良い映画を撮ってしまっている。この時はどう撮れば良いか、ああいう場面ではどうすべきか、骨身に染み... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2018年3月28日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • 異色作とはいえ、巨匠ならではのアウトサイダー的な目線はしっかりと刻印 もしもこの映画を、監督名を伏せた状態で観せられたとしたら、私は「何だこりゃ!」と突っ込んだかもしれないが、その見方は決して正しくない。むしろ本作はきちんと監督名を踏まえた上で臨むべき映画なのだろ... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2018年3月27日  評価:3.0
    このレビューに共感した/2
  • ヒューマン映画だったw 実際にテロ班拘束した人が演じてるって情報以外は皆無で映画館へGO! アクション映画と思いきや、ヒーローになった3人がヒーローになるまでのヒューマン映画でした ww (実際の拘束シーンは10分もな... ...続きを読む

    Ren Renさん  2018年4月18日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「15時17分、パリ行き」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi