「改めてタイトルが良いと感じた」映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me ローチさんの映画レビュー(感想・評価)

映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me

劇場公開日 2018年1月6日
全45件中、4件目を表示
  •  
映画レビューを書く

改めてタイトルが良いと感じた

シリーズの完全新作でおそらくこれで完結だと思うが、大変良い着地を迎えた。勇太と六花の関係も前進させつつ、これからの2人のあり方も、このシリーズなりの前向きなあり方をきちんと提示してくれた。

改めてタイトルが良く考えられてるいるな、と思った。中二病を卒業して、現実の中で恋を取る、それが成長だと安易に言わずに、『中二病でも恋がしたい』と爽やかに言い切った。中二病という言い方は、中学二年の感性から抜けずに精神的に成長してない、みたいな意味を含んでいるだろうが、それを抱えたまま成長することができるんだというのは素敵なこと。そこからもっと広く、自分らしく生きることが素晴らしいということまで、今回の劇場版は言えている。

本編始まる前に観客が撮影OKの短編フォトセッションがあるのだが、最近のアニメ映画にはこういうサービスがある。実写映画でもやってもいいんじゃないかと思う。SNS時代の口コミとファンサービスという点で良い取り組みだと思う。

ローチ
さん / 2018年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi