あゝ、荒野 後篇のレビュー・感想・評価

あゝ、荒野 後篇

劇場公開日 2017年10月21日
3件を表示 映画レビューを書く

闇の痛み

見ていてやるせなくなる

とらきち
とらきちさん / 2017年10月8日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ネオンの荒野☆2人の命が激しく燃える後編

あゝ、なんて胸が奮える後編なんだろう…
鑑賞して半月以上たつけれど、胸に何かが刺さったようにまだ痛む。
油断すると泣けてくる。
2人が必死に生きる姿が愛おしくて切なくて…
たくさん泣かされた。

新次とバリカン。
新宿というネオンの荒野で出会った2人。
孤独な2人が必死にボクサーを目指しながら絆を深めた前編。
でも、運命は容赦なく牙を剥く。
そして男たちが闘いの火花を散らす後編へと突入。

ボクサーとして頭角を現した新次の燃え上がる激しい炎は、やがて周りを焼き尽くしていく。

宿命のライバル裕二=山田裕貴さんとの因縁の対決。
そのパワー。
そのパンチ。
そして、新次が強くなるにつれて起こる様々な変化。
新次の激しい情念と孤独が痛々しい。
自分を捨てた母親への怒り?
過去の悲しい記憶への憎しみ?
もう誰にも止められない。

自分とは正反対の新次に憧れ、自分も新次になりたくて
闘うことを選ぶバリカン。
やがて、2人の道が別々に進むとき…闘いのゴングが鳴る。

そして原作でも有名な…1から始まるパンチのカウントアップ。
何故?どうして闘わなきゃならないのか。
誰か、止めてー!と叫びたかった。

それでも闘う意義とは何か?
生きるとは何か?
観ている側に訴えかける。

原作でも明言されてないラストが…数十年の時を経て観る側に答えを突きつける。

前編完成披露、PFF一気見と2回鑑賞。
それでも、また観たくて初日のチケット買った。
前編後編合わせて5時間くらいの長さ。
でも何度観ても飽きない。
あーーんなに、映画に出演しまくっている菅田将暉くん。
しかも鍛えぬかれた全身。
本作は彼の代表作になりそう。
ヤン・イクチュンさんの演技に心を掴まれてしまった!
そんな後編だった。

「あゝ、荒野」
ネオンの荒野を舞台に…2人の絆が胸を熱くする前編。
光輝くリングを舞台に…2人の命が激しく燃える後編。

あらりん
あらりんさん / 2017年10月1日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

青春のやりきれない感

男子の生き様がわかる
長いので、時間のあるときにゆっくりみたい作品だ

れこほた
れこほたさん / 2017年9月26日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi