嘘を愛する女のレビュー・感想・評価

メニュー

嘘を愛する女

劇場公開日 2018年1月20日
177件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

「吉田鋼太郎すごい」

16本目。
吉田鋼太郎が出てるので、見に行ったが、やはり凄い。

「ちょっと今から仕事やめてくる」と「ミックス」の演技もかなり良かったが、この作品でも抜群である。

これからも吉田鋼太郎が出てる作品は、全部行こうと思う。

ヨッシー
ヨッシーさん / 2018年2月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

高橋一生ファンのための映画(笑) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

とにかく、高橋一生ファンには観てほしい映画です(笑)
内容は置いといて(笑)
声が良いのはもちろん、演技力も抜群でした。
最後の最後に目覚めるシーンが、目に焼き付いて離れません。

問題の中身は~
もっとシリアスな謎解きや、
彼の過去を探るのが怖くなるような中身を想像していたので、
結果感動というか綺麗な感じで逆に拍子抜けでした。
あと、川栄ちゃんって、結局何者だったの?
あの子最後に普通にいなくなっちゃって「?」ってなりました。

あとは長澤まさみの、ベッドでの一人語りのシーンは
観ていられないくらいわざとらしかったです。。。

みーさとぅ
みーさとぅさん / 2018年2月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どんな事があっても、嘘だけはつくもんじゃない…

《感想》
彼女にとって一番大切なものは仕事であったが、そこで偶然震災にあった小出と出会う。という導入部だけでいえばありきたりといえばありきたりだが、この作品が一番問うていることは、好きな人の“嘘”が分かった時あなたはどうしますか?ということだと思う。

偽名で職業まで偽っていることはまずないが、嘘をつかれた時はその事柄の大きい小さいは余り関係なく、結果が仮に自分にとって好ましくない事であったとしても、その時自分が本当に知りたい事を貫く事が出来るかということだと思う。

《その他》
作品の要所要所でコミカルな要素を入れているのが、個人的にはいらないかなと思った。終盤に待ち構えている大きな山場の邪魔をしている気がした。

個人的には長澤まさみの演技が下手になったように感じた。というか、長澤まさみじゃなくて、それこそ若手の女優に挑戦させてもいいような作品だと感じた。

居眠りんタカちゃん
居眠りんタカちゃんさん / 2018年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そもそも、、、 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

命日が2010年9月20日で、
二人が出会ったのが震災。
付き合ったのはいつかわからないけど、
震災からそこまで時間は経ってないはず。

男性側には、トラウマになるような、
あんなことがあったのに、
たったの半年で別の人と恋に落ちれますか?

そして、そんな人が出合い系アプリ使う?

小説にを読めばそのあたり、わかりますか?

オミズ
オミズさん / 2018年2月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

キービジュアルにも伏線? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

今年一番最初に観た映画となりました。
期待のハードルは上げずに観たのですが面白かったです。

劇中の人物よりも一足早く伏線回収出来るので分かりやすく テンポ良く観れました。
女性社会 育児問題等 現代を象徴したテーマを上手く取り入れられていて 単純でシンプルな構成でしたが 様々な視点から観る事が出来る作品だと思います。

全てを空っぽにして消えるつもりで足を踏み入れた都会の真ん中で偶然出会ってしまった由加利との出会い。

ダメだと分かりつつも少しずつまた愛に触れてしまう桔平。

それと同時に昔の自分と由加利をリンクさせてしまう苦しさが伝わりました。

自分との時間が嘘と理解しつつも真実を知りたい一心で 不安に押しつぶされそうになっても進み続けた由加里の思いが 桔平の過去に触れる事で本編のタイトルに繋がりました。

また個人的な感想ですが
桔平の今は亡き息子の書いた家族の絵には 桔平のかつての住まいの玄関先にあった鍵を置く為の鉢植えのパンジーが足元に描かれているように見え
キービジュアルの黄色い絵の具へと繋がりました。

由加里の時間旅行に付き合ってくれる海原との分かり易いやりとりにも心が温まる作品です。

miho or saori
miho or saoriさん / 2018年2月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いまいち

何が言いたいのかあまりわからなかったし、感情移入がしづらかった。

プリマベーラ
プリマベーラさん / 2018年2月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3.5

高橋一生ファンは観るべき映画(笑)
評価が低かったので期待していなかったが、
面白くないことはなかった。
嘘ばかりのきっちゃんだが、
彼女に対する愛だけは本当だった。
ハッピーエンドということでいいのだろうか…

さあああん
さあああんさん / 2018年2月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

中だるみ(;つД`)

なんか、予告がドキドキさせられただけに、ちょっと残念。
中盤、だらだらしてしまっていたように感じられた。

Tsuyoshi
Tsuyoshiさん / 2018年2月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

空気感 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

振り返ってみたら、崖っぷちをずっと歩いてるような話しだった。

結婚詐欺に会った人の内情とかはこおいうものなのであろうか?
信じたい。でも、何を信じれば良いのだろうか?そんな問いかけがずっと続く。
とても面白いテーマで脚本であったわけなのだが…愛情には裏付けが必要なのだと暗に提示されてるようだった。
まあ、彼女が信じたい真実に辿り着けて良かったんだろうね。
「裏付け」を得て「確信」に変わった愛情は強いのだろうなとも思えるが…それまで頑なに信じて疑わなかったもののはずが、薄氷の如く脆く崩れ去るのに数秒も要らないんだとも思えた。

ますます「愛」というものの所在が分からなくなる。

彼女が彼に向ける愛は、自己肯定の副産物にしか思えず…一見ハッピーエンドに見えもするが、その内訳を考えると心底良かったねとは言いづらい。
傲慢な女性が高らかに勝利宣言をするに至る話しにも思える。
まあ、でも、そおいうものなのだろう…絶妙なリアリティを感じずにはおれない。

メインキャストの方々が放つ空気感は良かったなあ…キャスティングの勝利とも思えるけど、皆さま台詞以外のとこにも、そのキャラが息づいていたと思える。
伏線というか…彼の行動や言動が過去から連なるものであって、よく練られた人物像だったと思えたなあ。

端的にに言うと「怖い話し」だった。
人の本質が見れます。

U-3153
U-3153さん / 2018年2月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

長澤まさみ

長澤まさみを観る!それ以上でも以下でもない…

Shige12
Shige12さん / 2018年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

先入観は捨てて見てほしい

映画の出来の良さを宣伝が邪魔をする悪いパターンに陥ってますね。

映画の中身と宣伝が違う為、謎解きミステリーを期待した方達の不評を買って評価が低めですが、先入観無しでドラマとして観ればとても素晴らしい作品です。

レビューからストーリーが謎解きではない事を頭にいれてドラマとして鑑賞したのですんなりと話の展開を受け止められ、全てが明らかになった後のドラマに涙がでました。

ずっと一緒に住んでいた彼が名前も仕事も嘘だった事が分かる自己中キャリアウーマン長澤まさみ。

同じく自己中探偵吉田鋼太郎と二人で彼の素性を調べドラマが進んでいく。

ドラマが進んで行く毎に変わっていく長澤まさみの心理描写もなかなかのものでした。大好きな吉田鋼太郎はもう言うべきもなく、DAIGOがDAIGOと気がつくまでに時間がかかるほど化けてましたね。

川栄のクレイジーな役所が少しげせない位で登場人物も素晴らしく、DVDが出たらもう一度見て良いかと思っております。

家族の為に仕事に打ち込み、気が付かない間にその家族をないがしろにしてしまう。誰しもに起きがちな日常。この映画を見たあとには、自分を振り返り反省してしまうのではないだろうか。

大事なものを失って、悔やんでも悔み切れないその過去の過ちをを心が受け止められない時、逃げ出してしまう。
そんな心の弱さを誰しもが持っているんではないのか。

事が起こったあとでは遅すぎる。
仕事ばかりせずに、今日は早く帰って家族と過ごしてみたらどう?
そんな優しい気持ちを映画から頂きました。

映画だけでも充分つたわりましたが、やはり映画化に付き物の尺の問題で省かれた部分もあるでしょうか原作を読んで見ようと思います。

それにしても宣伝担当の人は興業収入を上げるためなら内容と関係ないCM流してあおりますからね。

そんな先入観なして見てほしい良作です。

madamAN
madamANさん / 2018年2月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ラブストーリー

サスペンスと名うつが、詰まるところ純愛物であった。何より、演ずる俳優が良かった。長澤まさみしかり、探偵役の吉田剛太郎が出てきて、画面がビシッとしまった。脇役の川栄も、DAIGOも良かった。
今話題の、高橋一生、彼じゃなくてもいいんじゃ無い⁈って思ったが、事故を目撃して慟哭するシーンと、意識が目覚めて、眼を動かすシーンは、さすがと思った。
長澤まさみ演ずるキャリアウーマンは、「よくも、お前みたいな奴と五年も暮らしてたな!」と言われてしまう、自分本位な、嫌な役どころなのだが、あんまり嫌な感じがしなかった。彼女自身のキャラクターのなせる技⁈正に、彼女の映画であった。

はなも
はなもさん / 2018年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

川栄の存在は?

最後はいい話で終わってるけど、出会い系で出会った女の子と関係持ってた、って事実が消えてるんだけどなw

くみぎらす
くみぎらすさん / 2018年2月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

物足りない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

予告に騙された!

同棲していた彼の正体を突き止める為に探偵と共に彼が残した自伝的小説を元に過去を探る。

名前や仕事を偽らざる得ない彼の過去とは?
犯罪に関係しているのか?
不安が募るが意識不明の彼を見捨てる事が出来ず兎に角情報を集めに奔走する。

知らなければ良い過去もあれば
知った事で深まる情もある

あまりにも切なすぎる彼の過去に触れ、そして彼が夢見た未来の家族に涙する。

きっと彼は意識を取り戻し新しい家族を築く…
そうあって欲しいと願う。

eriee
erieeさん / 2018年2月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ナチュラルな一生様を観て(笑)

今をときめく高橋一生様のナチュラルな魅力が全開!で
そりゃ惚れるでしょ!!的なツッコミ満載(笑)
そして
仕事に入れ込むあまり余裕を無くしてしまうOLなんて言う役は
長澤まさみ的には朝飯前ではないかしら〜〜
ハマり過ぎてますよね〜〜。

で、月に10本程映画館で映画を観る中途半端な映画好きとしては
予告編では結構サスペンス要素強めの作りだったので
いったいどんな大きな謎が??と
そこの部分への期待度が高めだったのだけど
観終わってみれば、
私が主人公の友達なら「由加利、よかったね〜〜」
と普通に言える程度の謎でした(笑)
レディースコミックの落ちくらいかな〜〜

謎を追って瀬戸内の島々をめぐるのですが
景色の撮影が今ひとつ地味だった気がする。
関西人なので、結構見慣れた風景だから
余計に新鮮味を感じなかったのかもしれない。
そこ残念ですね。

あと冒頭に「高橋一生様の魅力が全開!」と書きましたが
正直言うと、

もっと高橋一生を観せて欲しかった(笑)

★もう一度観るなら?「地上波で一生様中心で」

星のナターシャ
星のナターシャさん / 2018年2月13日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

可もなく不可もなし

期待して行ったのですが期待を上回ることはありませんでした。探すシーンが長いという印象
しかし結末に向けてのラストは良かったと思います

やまこ
やまこさん / 2018年2月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

あちこちで すすり泣きが聞こえました

ツタヤのコンテストで グランプリを受賞しただけあって、とても よくできた脚本だと思います。ただ 惜しむらくは、冒頭の事件の夜も含め、真相の出来事からの 心理の変化の描写が少なかった。あと10分あって、そのあたりが丁寧に描かれていたら、ラストの10分で、すすり泣きではなく、号泣が聞こえたかも。

むらぷー
むらぷーさん / 2018年2月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

一人で見ました。

高橋一生さんのファンで見たくてたまらなく一人でゆっくり見られました。
あえてクチコミやあらすじも見ず純粋に入り込めました。
私だったら…と考えさせられ今、一度夫への愛情と感謝の気持ちを振り返ることが出来た気がします。
また見たい。一人で行って良かったなぁ~とENDロールまでじわーっと居られました。

m.nobuちゃん
m.nobuちゃんさん / 2018年2月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

底知れぬ嘘の果てに待つ、哀しすぎる真実とは。

【賛否両論チェック】
賛:恋人の全てが嘘という衝撃に葛藤しながらも、真実を探し始める主人公の姿が切ない。哀しすぎる真相にも胸が痛む。
否:主人公の言動に一貫性がなく、観ていて戸惑いそう。展開そのものもかなり単調なので、思わず眠くなってしまいそう。

 愛してきた恋人の全てが嘘だった。そんな信じられない事実を突きつけられた主人公が、己の不信感と葛藤しながら、やがて真実を探す旅へと歩みを進めていく様が、とても重苦しい雰囲気の中で描かれていくのが印象的です。
 その旅の果てに、やがて辿り着く哀しすぎる真実にも、思わず胸が締めつけられるようです。
 単調な展開には、もしかしたら眠くなってしまうかも知れませんが、「誰かを愛する」という普遍的なテーマを新鮮な角度から問いかける、そんな作品です。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2018年2月11日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい 怖い 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こういう映画が、もっと出来れば良いのに!

ストーリーが非常に面白く、演技もリアリティがあって先が読めない展開に感銘を受けた!

ちょっとしたセリフや間合いが絶妙で、初めて知らされた事実を、まったく受け入れられずに同様する演技素晴らしかった。

久々に日本でも、こんな良い映画を作れるのかと、感心した!

ikemiya
ikemiyaさん / 2018年2月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

177件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi