ルージュの手紙 インタビュー: 大女優カトリーヌ・ドヌーブが語るフランス映画の魅力、出演作の選び方

ホーム > 作品情報 > 映画「ルージュの手紙」 > インタビュー > 大女優カトリーヌ・ドヌーブが語るフランス映画の魅力、出演作の選び方
メニュー

ルージュの手紙

劇場公開日 2017年12月9日
2017年12月8日更新
画像1

大女優カトリーヌ・ドヌーブが語るフランス映画の魅力、出演作の選び方

フランスを代表する2大女優が初共演し、母娘を演じる「ルージュの手紙」が12月9日公開する。助産師として実直な生活を送るクレールが、奔放なふるまいで人生を謳歌する血のつながらない母親と30年ぶりに再会する。対照的な性格のふたりが、互いを受け入れ新たな関係を構築していく様を「セラフィーヌの庭」のマルタン・プロボ監督が温かなまなざしで描いた女性映画。来日した大女優カトリーヌ・ドヌーブに話を聞いた。(取材・文/編集部 写真/間庭裕基)

派手な洋服を着こなし、タバコをふかしながら30年ぶりに再会した娘にはずけずけと物を言い困惑させるベアトリス。ドヌーブ自身のエレガントな佇まいとは一味違ったキャラクターを演じた。「好奇心旺盛で、何にでもチャレンジする女性。人生をとことん生きていて、友情も、過去の男性関係も、ギャンブルも、タバコも、お酒も、食べることも、あらゆることにエネルギッシュ。ですから、演じるのにも非常にエネルギーを使いました。彼女は、人生にどんなことが待ち受けていようとも、今までどおりの生き方を貫きます。後退したり、落ち込むことなしに突き進むのです」

今作のオファーを受けた理由は「登場人物の精神、エスプリが素晴らしかった」。演じたベアトリスに共感したり、憧れる部分はあるのかというと「いいえ、全然(笑)」と肩をすくめる。「でも、エゴイストだけど憎めない性格には惹かれます。役柄に愛着はありますが、彼女の生き方は木にとまる鳥のように、今だけを生きているのです」

出演作を選ぶ決め手は「シナリオが面白く、自分が演じる役だけではなく、他の登場人物が興味深いもの」だそう。長年のキャリアの中で、その選択基準は変化していくと語る。「今、自分がやっている選択は25歳の時にはしなかったと思うし、そのときの自分が共感できる脚本や監督と仕事をしたいのです。今回のプロボ監督の『セラフィーヌの庭』が好きでした」

「この作品はシナリオを読んで、自分が想像していた人物たちがそのまま描かれていた印象です。皆、非常に人間的で、センチメンタルな部分もあるがいきいきとしている。通常、シナリオ通りに映画が仕上がることはまれなのですが、この作品は、思い描いた通りに完成して、さらに想像を超えたよいサプライズもありました」と感想を語る。そして、「反対に、撮影中に不安があっても仕上がりが良い作品もあります。フランソワ・トリュフォーの『終電車』の現場はとても大変でしたが、素晴らしい作品になりました」というエピソードも明かしてくれた。

今回の来日では、世界に旬のフランス映画を紹介する「フランス映画祭」団長も務めた。フランス映画の魅力は「ジャンルや描かれている人物が幅広く、今年のフランス映画祭では、ふたり女性監督の作品が選ばれたように監督のタイプも多種多様。そして、作品のオリジナリティが高いこと」だという。そして最後に、「東京には何度も来ているけど、いつもとても滞在が短くて……ホテルと車の窓から街を眺めるだけ。今度来れたら1週間オフをとってゆっくり日本をめぐりたいですね」と微笑んだ。

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

フランスの大女優たちが魅せる、水と油だからこそ本音で向き合える母と娘のドラマ
映画評論

母と娘とは、つねに近くて遠い、あるいは遠いようで案外近い、微妙な関係にあるものだ。女同士ゆえの絆とライバル心、守ってあげたいという母性と、反発する気持ち。両者が年齢を経るとともに、その関係性もまた徐々に変わってくる。それが本当の親子で...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵[DVD] ノンフィクション[DVD] 奇人たちの晩餐会[Blu-ray/ブルーレイ] 大統領の料理人[DVD]
アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵[DVD] ノンフィクション[DVD] 奇人たちの晩餐会[Blu-ray/ブルーレイ] 大統領の料理人[DVD]
発売日:2007年4月25日 最安価格: ¥4,104 発売日:2007年5月3日 最安価格: ¥4,158 発売日:2013年11月6日 最安価格: ¥4,665 発売日:2014年4月16日 最安価格: ¥3,283
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全11件)
  • 原題は助産婦 リアルな出産シーンと、忙しい夜勤の後の脱力感まで伝わってきた。 感情の起伏が激しくなるようになるという人と、堅実に健康に生きてきた人との出会い。 死んでしまった父のことでベアトリスを許せない... ...続きを読む

    Momoko Momokoさん  2018年1月12日 17:24  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 久々のフランス映画。 八人の女たち以来のカトリーヌドヌーブ。 音楽が控えめで、しかも効果的。脚本、演技、台詞のフランス語もいい。パソコンが出てこないのがいい。 ...続きを読む

    kubonbich kubonbichさん  2018年1月10日 15:03  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • なんたってカトリーヌ・ドヌーヴの存在感。 弱いのに強がって、不器用... なんたってカトリーヌ・ドヌーヴの存在感。 弱いのに強がって、不器用で、優しくて、自由で、悲しい女。 ベアトリスの生涯が透けて見えるような演技。 クレールの彼氏・ポールも、好きに生きて大きい、太陽... ...続きを読む

    chibirock chibirockさん  2018年1月9日 15:34  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 悪と仮面のルール 玉木宏×新木優子“刹那”に刻んだ究極の愛、そして結実した“最高の価値”
  • インタビュー 戦狼 ウルフ・オブ・ウォー アジア歴代No.1ヒット作を生み出した男、ウー・ジンの「命を使って飯を食う」覚悟
  • インタビュー 嘘八百 中井貴一&佐々木蔵之介&友近“全員主役”になって作り上げた味わい深いコメディ
インタビューの一覧を見る
Jobnavi