「コン・ゲームにスパイ要素も盛り込んだ社会派ドラマ」女神の見えざる手 regencyさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

女神の見えざる手

劇場公開日 2017年10月20日
全93件中、91件目を表示
  •  
映画レビューを書く

コン・ゲームにスパイ要素も盛り込んだ社会派ドラマ

『ワンダーウーマン』『ドリーム』『ソニータ』と、闘う女性の映画が集中して日本公開される中、大トリを務めるといってもいいのが本作。
強い女性役のイメージが定着したジェシカ・チャスティンが、ここでも勝利のためには仲間も駒のように扱うという凄まじい主人公を熱演。
後半の展開はほとんどコン・ゲーム状態となり、ついにはスパイ映画の要素まで…共演に『キングスマン』のマーク・ストロングがいるのは単なる偶然か。
当初スピルバーグが映画化に向けて動いていたとされるが、どことなく『リンカーン』『ブリッジ・オブ・スパイ』に近いものも感じる。

クライマックスのオチは現実的に成功させるのは難しいのでは?と思わなくもないけど、2時間12分という尺を飽きさせる事なく一気に見せる作りにしているのは立派。

regency
さん / 2017年10月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi