「男女の愛と反戦」海辺の生と死 こばりんさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「海辺の生と死」 > レビュー > こばりんさんのレビュー
メニュー

海辺の生と死

劇場公開日 2017年7月29日
全24件中、7件目を表示
  •  
映画レビューを書く

男女の愛と反戦

島尾敏雄の作品は、40数年前の学生時代に複数読みました。昭和20〜30年代には、この作品に描かれているように、純粋に「もう戦争はゴメンだ」とほとんどの日本人が思っていたんだろう。大事な人と「死」が近くて辛かった時代だと。
その意味で、昭和の香りのする作品ではあるけれど、新鮮に感じ、若い人達にもたくさん見て欲しい作品になっている。

こばりん
さん / 2017年9月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi