光と血
ホーム > 作品情報 > 映画「光と血」
メニュー

光と血

劇場公開日

解説

「オー!ファーザー」「7s セブンス」の藤井道人監督が、現代の日本を舞台に被害者になった者、加害者になった者の喪失と再生を描く。藤井監督は自身が長年撮りたかったテーマを監督するにあたり、完全自主映画体制で制作にあたった。いじめられっ子を守る心やさしい女子高生、3年の交際期間を経て、恋人と婚約した青年、被災地にボランティアへ通う青年とその姉。彼らのなにげない幸福な日常はいつまでも続くと誰もが思っていた。しかし、何者かによるレイプ、無差別連続殺人事件、交通事故と、予期せぬ悲劇が彼らを襲い、その人生は一変する。そして、大切なものを失った彼らの運命が交差していく。

スタッフ

監督
脚本
小寺和久
藤井道人
プロデューサー
アレクサンドル・バルトロ
久那斗ひろ
牛山裕樹
藤井道人
撮影
今村圭佑
照明
織田誠
録音
吉方淳二
美術
佐々木勝巳
ヘアメイク
小島真利子
カラリスト
長谷川将広
音楽
堤裕介
助監督
山口健人
アシスタントプロデューサー
高橋洋
制作
田原イサヲ
スチール
三浦希衣子

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 BABEL LABEL、エムエフピクチャーズ
上映時間 113分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全6件)
  • 喪失からの ネタバレ! 様々な登場人物が経験する喪失感。そこからの苦悩や葛藤を描く壮絶な作品。 元カメラマンがなぜカメラを辞めたのかがを知ることができれば、ラストで2台目社長を代わりに刺した理由が分かるような気もするの... ...続きを読む

    のっく のっくさん  2017年7月8日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 光が美しい 映像が美しかった。不幸な出来事から立ち直り強く生きていく主人公たちの懸命さが伝わってくる。TV神奈川での番宣を見たが、フィリピンロケでは監督がカメラも回したという。全然へたくそではなく、ハンドカ... ...続きを読む

    renoir renoirさん  2017年6月10日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • 深みと悩み ネタバレ! ネガティヴスパイラルという人生の転落の本質をうまく表現している。 ...続きを読む

    Kei Keiさん  2017年6月5日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「光と血」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi