阿修羅少女(アシュラガール) BLOOD-C 異聞
ホーム > 作品情報 > 映画「阿修羅少女(アシュラガール) BLOOD-C 異聞」
メニュー

阿修羅少女(アシュラガール) BLOOD-C 異聞

劇場公開日

解説

2011年に放送され、12年には劇場版も公開されたテレビアニメ「BLOOD-C」を実写映画化。これまでの「BLOOD」シリーズ同様に「少女・小夜が日本刀で戦う」という設定は踏襲し、完全オリジナルストーリーで展開する。軍事政権下にあった戦前の日本。山奥の寒村で特高警察が殺された。特高警察の部隊長・甘粕は部隊を率いて村人に対して横暴な捜査を繰り返し、蹂躙される村人と特高警察の確執は激化していった。村の外の世界への憧れを抱きながら、血の病を患い診療所で過ごす姉・蘭を見捨てることができずに村にとどまっている蓮の前に、制服姿の少女が現れた。小夜と名乗る彼女は日本刀を携え、「古きものを狩るためにここに来た」と蓮に告げる。第1作の「BLOOD THE LAST VAMPIRE」から「BLOOD」シリーズに携わっている藤咲淳一が脚本を担当。監督は舞台「BLOOD-C The LAST MIND」の演出を務めた奥秀太郎。

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 NEGA
上映時間 90分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

「BLOOD THE LAST VAMPIRE」シリーズ関連作品

他のユーザーは「阿修羅少女(アシュラガール) BLOOD-C 異聞」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi