怪物はささやく
ホーム > 作品情報 > 映画「怪物はささやく」
メニュー

怪物はささやく

劇場公開日

解説

イギリスの作家パトリック・ネスによる世界的ベストセラーを、「永遠のこどもたち」のJ・A・バヨナ監督が実写映画化。孤独な少年と怪物による魂の駆け引きを幻想的な映像で描いたダークファンタジーで、スペインのアカデミー賞と言われるゴヤ賞で9部門を受賞した。裏窓から教会の墓地が見える家で難病の母と暮らしている少年コナー。ある晩、彼の前に怪物が現われ、これから3つの「真実の物語」を語ること、そして4つ目の物語をコナー自身が語るよう告げる。しかもその内容は、コナーが隠している「真実」でなければならないという。嫌がるコナーをよそに、怪物は夜ごと現われては物語を語りはじめる。「PAN ネバーランド、夢のはじまり」のルイス・マクドゥーガルがコナー役で主演を務め、母親役を「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のフェリシティ・ジョーンズ、祖母役を「エイリアン」シリーズのシガニー・ウィーバーが演じる。リーアム・ニーソンが怪物の声を担当し、モーションキャプチャーにも挑戦。

作品データ

原題 A Monster Calls
製作年 2016年
製作国 アメリカ・スペイン合作
配給 ギャガ
上映時間 109分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

母に迫る死の影に葛藤する少年の心と、物語の力を描く叙情のダークファンタジー
怪物はささやくの映画評論・批評

大人と子供の狭間にいる13歳の少年コナーは、悪夢を見ている。目覚めても悪夢は終わらない。八方ふさがりの窮地にいるからだ。最愛のママはガンに冒され、日に日に弱っている。パパは外国で新しい家庭を築いているし、おばあちゃんとは反りが合わず、...怪物はささやくの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全43件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「怪物はささやく」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi