エル ELLE : 映画評論・批評

メニュー

エル ELLE

劇場公開日 2017年8月25日
2017年8月22日更新 2017年8月25日よりTOHOシネマズシャンテほかにてロードショー

バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。

ポール・バーホーベンといえば「ロボコップ」「スターシップ・トゥルーパーズ」など、暴走しまくりのヴァイオレントな作風で知られ、「氷の微笑」では、シャロン・ストーンの足組み替えシーンで見える見えない論争を巻き起こした。そんな監督が、フランスの大女優イザベル・ユペールと組んでフランス映画を撮ったというのは、かなり意外かもしれない。同じように暴力的でも高尚なミヒャエル・ハネケとは異なり、バーホーベンの場合は滑稽なほどのえげつなさが売り物だから。だがこの結果は誰が予想しただろう。「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」で知られるフィリップ・ディジャンの原作を映画化した「エル ELLE」は、バーホーベンのタブーを蹴散らす大胆さときわどいユーモアが生かされつつ、フランスのブルジョワ的スノビズム、背徳性や偽善をあくまでソフィスティケイトされたタッチで描いている。

ビデオゲーム会社の社長であるミシェルは、ある日自宅に押し入った侵入者に乱暴されるものの、警察には届けず、自ら犯人を探し始める。事件をあっけらかんと喋って友人たちを唖然とさせる彼女だが、ストーリーが進むに従ってその屈折度と彼女の暗い生い立ちが明らかになっていく。もっとも、妙に理屈をつけてキャラクターを正当化しようなどと企まないのが、バーホーベンならでは。観客は誰が犯人かというサスペンスを楽しむと共に、ミシェルの驚くべき性格に驚嘆させられ、最後はとどめの一撃を受けてくらくらとしながら劇場を後にすることになるだろう。

画像1

とりわけ感心させられるのは、これがアラサーのいかにもセクシーな主人公ではないということ。大人の女の美しさと威厳に満ちたユペール女史が演じるヒロインは、どう見ても40代以上であり、それが職場の若手男子から、妻子持ちやらイケメン隣人まで、周りの男たちにモテまくり、さらに彼らを手玉に取る。これぞフランス熟女の鑑。悪女映画の歴史を塗り替えるヒロイン像である。

考えてみればバーホーベンは、初期オランダ時代の「ルトガー・ハウアー危険な愛」にしろ「氷の微笑」にしろ、あの悪評を買った「ショーガール」でさえ、あまり他ではお目にかかれない魅力的な強い女性を描いてきたのも事実。本作はそんなバーホーベンが、恐れ知らずのユペールという最強の共犯者を得て、映画界に一石を投じるものだ。

佐藤久理子

関連コンテンツ

インタビュー

アブノーマルなヒロインを演じたI・ユペール、鬼才バーホーベンのメガホンは「完璧で素晴らしい選択」
インタビュー

「ロボコップ」「トータル・リコール」など映画史に残る傑作を生み出した鬼才ポール・バーホーベンがメガホンをとり、主演のイザベル・ユペールが世界の映画祭で受賞、絶賛された話題作が公開する。これまでの映画には存在しなかったと言っても過言では...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全93件)
  • 酷い話…でも悔しいかな面白い なかなか凡人には考えつかないような酷い話、好きになれない、けれどすごく惹きつけられては、悔しいほど楽しまされた。 怒りとか性的衝動とか短絡的な演出や展開に苦笑したけれど、なかなか現代の異常性をつ... ...続きを読む

    SH SHさん  2017年9月21日 16:56  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • とんでもなくフランスっぽい映画 イザベル・ユペールの演技がただただすごい。ストーリーはあらすじの通りだが、イザベルの存在がとんでもない化学反応を起こしていて圧巻。 女友達とワインを飲みながら見たかった。決して家族と見てはいけな... ...続きを読む

    コイキングz コイキングzさん  2017年9月20日 18:29  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • よく分からないけど退屈はしない(知能が低い) 主人公のミシェルがレイプされて苦悩するおばさんかわいそうぐぬぬちょいエロてへへみたいな映画かと思ったら面食らった。性癖が完全に倒錯したキャラ立ちMAXの登場人物たちの性的衝動によるまるでプロレス... ...続きを読む

    shoz_ shoz_さん  2017年9月19日 23:03  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi