「バイオレンス群像劇に引導を渡した北野武監督、新たな挑戦に期待」アウトレイジ 最終章 AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

アウトレイジ 最終章

劇場公開日 2017年10月7日
全150件中、149件目を表示
  •  
映画レビューを書く

バイオレンス群像劇に引導を渡した北野武監督、新たな挑戦に期待

北野武監督作では「アウトレイジ」が唯一の連作。第1作は続編を想定していない終わり方だったし、第2作も“完結”を謳っていた。ヒットに気をよくした配給からもう一本、もう一本と頼まれたのか、当初のさまざまな拷問や殺し方を見せるというコンセプトは2作目以降次第に薄れ、2大暴力団の抗争、さらに韓国勢力も加わって、話のスケールが大きくなりすぎた印象も。

とはいえ、ベテランから中堅まで演技派俳優たちによる啖呵の応酬はテンポが良く楽しめるし、義理人情に厚い古臭いヤクザ・大友のキャラクターも哀愁があり、失われゆく男の美学を漂わせる。北野監督による暴力映画の総括と位置づけられるかもしれない。

北野監督はどこへ向かうのか。「龍三と七人の子分たち」で見せたヤクザ者のコメディを発展させるのか。久しぶりにピュアで繊細なドラマも観てみたい。あるいはキュービズムを意識した実験的な路線を再開する可能性もあるだろうか。

AuVis
さん / 2017年9月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 11 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi