アウトレイジ 最終章のレビュー・感想・評価

アウトレイジ 最終章

劇場公開日 2017年10月7日
193件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

バイオレンス群像劇に引導を渡した北野武監督、新たな挑戦に期待

北野武監督作では「アウトレイジ」が唯一の連作。第1作は続編を想定していない終わり方だったし、第2作も“完結”を謳っていた。ヒットに気をよくした配給からもう一本、もう一本と頼まれたのか、当初のさまざまな拷問や殺し方を見せるというコンセプトは2作目以降次第に薄れ、2大暴力団の抗争、さらに韓国勢力も加わって、話のスケールが大きくなりすぎた印象も。

とはいえ、ベテランから中堅まで演技派俳優たちによる啖呵の応酬はテンポが良く楽しめるし、義理人情に厚い古臭いヤクザ・大友のキャラクターも哀愁があり、失われゆく男の美学を漂わせる。北野監督による暴力映画の総括と位置づけられるかもしれない。

北野監督はどこへ向かうのか。「龍三と七人の子分たち」で見せたヤクザ者のコメディを発展させるのか。久しぶりにピュアで繊細なドラマも観てみたい。あるいはキュービズムを意識した実験的な路線を再開する可能性もあるだろうか。

AuVis
AuVisさん / 2017年9月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 13 件)

たけしもぬるくなったなぁ

という感じだった。ただただ塩見三省が良かった。★1.5は塩見三省の分で、残り0.5が西田敏行です。

nora3
nora3さん / 2017年12月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前回ほどの迫力はない

過去二作に比べて迫力がない。ピエール瀧は良かったけど残りの人たちがなぁ…

オレンジライン
オレンジラインさん / 2017年12月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シアタス調布にて観賞 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

物凄く期待をしていた。

大友(北野武)を追い込む強大な花菱会、警察の包囲網、繁田刑事(松重豊)の暴走、蛇蝎の如き西野(西田敏行)と中田(塩見三省)への凄まじい制裁……

……そんなものは何処にも無かった。

あるのは駆け引き皆無の一方的な謀略戦、嘘臭い大型火器によるカタルシス皆無の大虐殺、嘘臭いくらい反社勢力に弱い警察、愚痴を言うだけの松重豊、のうのうと権力を手中にする西田敏行&塩見三省……観たいものは何処にも無かった。

龍三と七人の子分』と本作を通して見ると、「北野武老いたり」と強く感じる。

シリーズ他作品と比しても覇気が乏しく、細部が行き渡らず、抑制も効かず北野武自身の好みの垂れ流しになっている。

本シリーズは通常の北野武作品とは色合い(役者含む)が違うことが魅力であったのだが、本作は色々と限りなく過去作品の繰り返しになってしまった。

特に北野武の極道への憧憬も抑制が効かず溢れ出してしまっている。本シリーズに、ご立派な極道(韓国系フィクサー一味)が遂に登場してしまったのだ。
極道が格好良くキマらないのがシリーズの魅力だったのだが。
漂う厭世感も自決願望も過去作の薄いやり直しに過ぎない。

脚本も雑だ。

大杉漣の無謀さと元銀行マンと思えない頭の悪さはリアリティの欠片も無い。こんな小物を裁いて何のカタルシスがあろうか。土に埋めるなら西田敏行でしょうが!

大森南朋の弟分も過去作の寺島進を薄めたキャラクターで、全く考えも葛藤も無く薄っぺら過ぎる。

また、大友最後の標的となった男(四方堂亘)の扱いが軽すぎる。
大友の帰国を知り、報復を受けること必至にも拘わらず、逃げずに日常を続けたあの男の葛藤こそ大友の自決願望より深遠だったはずだ。

また、シリーズお約束の恫喝罵倒合戦はまるで不発。強者から弱者への一方的な叱責が多い上に、パンチのある台詞を吐く新たな役者も居ない。
つくづく、武、西田敏行、塩見三省が『ビヨンド』のように吠えられないのが残念。
後者2人は病だから仕方ない。違う意味でハラハラするし、俳優の底力は感じたが。

shallowwhite
shallowwhiteさん / 2017年11月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

役者さんがみんな迫力でした

最終章にきて大友の昔ながらの仁義にあついヤクザぶりがクローズアップされて話はわかりやすかった。暴力シーンはもうちょっとすごいのを期待してたけど、、今回はハデなドンパチが多かったかな。
何と言ってもベテラン俳優陣の悪っぷりかみんな最高でした。それぞれが自分のポジションの中で結構アドリブ入れてるかなと思う台詞回しでクスッと笑える感じはさすがでした。

ニョロ
ニョロさん / 2017年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

消化不良気味かな

映画のテクニックは上がってる。撮影は上手いと思うがストーリーは前回と比較すると散漫かな?俳優は頑張ってるけど内が物足りない。

おうまさん忘備録
おうまさん忘備録さん / 2017年11月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ソナチネを思い出しますね ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

冒頭は済州島の海辺のシーンから始まり
あの無音のラストシーン
ソナチネを思い出しますね
ここら辺は意識して作っていると思います

ソナチネでは極道を子供の延長線上にあるもの、無邪気さの象徴であるように描きました

組同士の抗争だとか柵を捨て、無邪気に、まるで子供染みた狂気で大友個人のケジメをつける姿は
ステレオタイプの極道 大友の、ヤクザとして死ねる場所を探しているように思えます

最終章にぴったりの国を超えたド派手な抗争
随所にある笑えるシーン
エンターテイメントとして楽しめました

欲を言えば初期の作品のように
もうちょい説明的でない深みみたいなのが欲しかった!うまく言えないけど笑

玉五郎
玉五郎さん / 2017年11月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ベテラン俳優陣が良い。

前作と比較してしまうと…感は否めないが、脇を固めるベテラン俳優陣とテンポはさすが北野武監督。

今後ヤクザ映画はなくなっていくだろうが、北野武監督はどうしていくのか…

今後に期待

妙観
妙観さん / 2017年11月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかでもピエール瀧は酷い

話は最低、仕掛けもイマイチですが、それでもたけしの映画は心地良くて、いつまでも観ていたいです。

だぢ
だぢさん / 2017年11月12日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作とは違って おとなしめだがその分ストーリー 人間関係が分かりや...

前作とは違って おとなしめだがその分ストーリー 人間関係が分かりやすく 楽しめた。
役者が皆いい 演じてるのが楽しいだろうなと思えるからその中でもたけしはオーラがある。本当に最後なのか…もうシリーズものにしてほしいくらいだ ろれつが回らなくてもいいじゃないか でも 最後なんだなぁやっぱり たけしらしい終わらせ方ではあるけれど… 老人ホームの大友も見てみたい。

U-TA
U-TAさん / 2017年11月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

緊張感にかけるかな

痺れんばかりの圧倒的な緊張感が漂っていた一作目、関西にスケール広げたビヨンドからは時間経過もあって、説明が多かった印象。
目を覆いたくなるいたたまれない報復シーンも後半にいくつかあるだけで虐げられた後のカタルシスも一ヶ所だけか。
殺るかヤられるか緊迫したセリフ劇を期待してただけに、残念。
似非関西弁が気になった。
会長の舌足らずは逆にいい味になってたと思う。
白竜と大森南朋、松重さんは良かった。
最後のけじめの付け方は引き際としては個人的にはシンプルで良かった。
個人的には警官やめた後の松重さんの後日談が見たいなぁ。

iku
ikuさん / 2017年11月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作と比べてしまうと ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ずっと観たかった【アウトレイジ】シリーズ。今回の最終章はスクリーンで観たくて、前作、前々作を急いで鑑賞。

前作、前々作で印象的だった殺しのシーン(首に紐巻きつけてブチっat湾岸線、バッティングセンターパカパカ)は無く、強いていえば花田の花火ぐらい。

今まではひとりずつ殺してた大友も、今回はパーティー会場で銃乱射という、大味な香港映画のように。
そのせいか、バイオレンスさは少なくなったと思う。

それでもバカ野郎の言い合いは楽しめたし、一人の男のストーリーとしてまとまったので、観れてよかった。

わっふる
わっふるさん / 2017年11月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

酷評も多いがあえて評価したい

同じストーリーの延長でシリーズ化していくことそもそもが、脚本、演出両面で難しいものなんだなーと思わせられた。
傑作として後世に残る作品になるためには、このシリーズはあのシンプルな終わり方が理想だったんじゃないかな。
余計なハッピーエンドやまとめにいった感を匂わせず、適度な残尿感を思わせる終わり方にたけしの才能を感じた、そんな印象。淡々としている中にある細部のクリエイティブと理屈を楽しみながら観れるといいかも。

akapeace
akapeaceさん / 2017年11月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

老いた

老いたがゆえ、声が出ていなく、迫力に欠ける。
時折出てくるヌケのある独特なシーンはやはり見ていて気持ちいい。

邦画好き
邦画好きさん / 2017年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ブラックレインと比較して ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ブラックレイン依頼約30年振りにお金を払って観てみたいと思って映画館に足を運びました。アウトレイジ、アウトレイジビヨンドが面白かったのでアウトレイジ最終章に大きな期待をしていました。私としてはビヨンドの最後が木村の通夜で大友が片岡を射殺して終わっていたのでその場面から観てみたいと思っていましたが、いきなり大友が韓国のキャバレーの用心棒になっているところから始まっていたのは残念でした。また、花菱会中田の極道迫力演技が物足りなかったのも気になりました。又、花菱会会長の商社マン上がりの極道会長としは貫禄を感じませんでした。そして皆暴走をするのであれば、山王会五味、花菱会西村、中田も殺して欲しかったと思います。ラストシーンも大友の自殺という形で終わりましたが、えーこれで本当に完と物足りなさを感じました。ブラックレインでは高倉健、松田優作、マイクロダグラス、若山富三郎、内田裕也etcの俳優やラストシーンの空港で高倉健とマイクロダグラスの別れの場面でワイシャツの中に偽造のドル版が入っていた時の感動と比べると正直劣ると思いました。

モッサ
モッサさん / 2017年11月2日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 12 件)
  • 共感した! (共感した人 7 件)

最高 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

任侠系映画を観たことがなく、アウトレイジのシリーズも観たことがなかったが、好奇心と豪華キャストに惹かれて鑑賞。とても面白かった。大友がマシンガンをぶっ放すシーンは、バラエティ番組で暴れるビートたけしと重なった。北野監督の感性や思考が、よく表れている作品だと思う。本当に面白かった(観た後はちょっと怖かったですけど)。

あお
あおさん / 2017年11月2日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今度はほんとに最終章

オープニングはソナチネっぽい
音楽はやっぱりいい
劇場だと銃声の迫力を感じる
最後もいつも通りいい
メインキャストの滑舌の悪さと関西弁のまずさが気になる
松重豊と岸部一徳が際立つ
張会長も出番たっぷり
西野(西田)が前に出過ぎ
本宮泰風のガタイが桁違いに凄かっただけに最期が不憫すぎる
大森南朋が予想以上に良かった
松方さんへの手向けで息子を出してやったのか。

eli
eliさん / 2017年11月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

すばらし

たけしの真骨頂という感じ、

ESSAI
ESSAIさん / 2017年11月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

落とし前 つけたつもりも 要注意 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

バカヤロウしか言えねぇのかコノヤロウ。

情報が互いに筒抜けで、各暗殺計画の垣根の低さ、脇の甘さが気になりました。生き抜くには相当大変な世界です。あと、韓国の肩を持たないとならない裏事情でも勘繰りたくなる内容で…。日本の警察まで韓国ボスの言いなり?
呆気ない感じもしましたが、大友らしい潔い最期でした。大友が死なないとシリーズも終われない?(^_^;)。

前作に引き続き、西田さんがとても良かったです。

everglaze
everglazeさん / 2017年11月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イマイチ

ストーリーもアクションもイマイチ。最終章にしては、なんかちょっと物足りない。

Ryuichi Morita
Ryuichi Moritaさん / 2017年10月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

193件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi