グレートウォールのレビュー・感想・評価

グレートウォール

劇場公開日 2017年4月14日
90件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

アトラクションを楽しむ感覚で

中国の大連万達グループに買収されたレジェンダリーピクチャーズが製作。潤沢なチャイナマネーのおかげで、壮大なセットに人海戦術、VFXもふんだんに使われ、なんとも贅沢な画面。日本でアクション映画を作っている関係者は溜息をついただろう。

格調高い歴史劇も作ってきたチャン・イーモウ監督だが、今回は史実性もテーマも気にせず、童心に帰って楽しむのが一番。それぞれ得意の武器や戦法が異なる五つの部隊が五色の甲冑をまとい、戦隊ヒーローものの拡張版のよう。長城の下へバンジージャンプして剣で怪物をぶっ刺す女兵団に至っては、馬鹿馬鹿しくも格好良くてもはや笑うしかない。

司令官役のジン・ティエンは、同じくレジェンダリー製作の「キングコング 髑髏島の巨神」では整形っぽい人工的な顔立ちが気になったが、本作ではそうでもなかった。撮影時期はどちらも2015年なので、メイクの違いなのか、それともこちらが見慣れたのか。

AuVis
AuVisさん / 2017年4月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

トンデモ映画

武将達が闘いを繰り広げる、
スペクタクル・ロマン映画だと思って観に行ったら、
何故かエイリアンモドキの怪物達と戦うという
トンデモ映画でした(苦笑)

エンド・クレジットを観て、監督がチャン・イーモウだと知って
またビックリ!とても彼の作品とは思えぬお馬鹿作品。
ハリウッド映画を撮れるなら、魂売っちゃうんだなぁ・・・
ガッカリです。

おじ
おじさん / 2017年6月9日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

モバゲーですね

これくらいなんにも中身のない映画は久しぶりかも。見事なくらい内容空疎で、いっそ潔い。ポスター1枚に描かれているものが、全てです(笑)。

金払って見たら腹立たしかったかも知れませんが、飛行機の中だったので、まぁ暇つぶしにはなりました。途中で番組変えなかったのは女将軍がなかなか美形だったからですね。せめてもう少しサービスカットがあればよかったですね。

しかし、あの万里の長城を題材にして、歴史ドラマのかけらもないとは。あっぱれ❗️

Trss
Trssさん / 2017年6月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今なら超美麗カード当たる!!

一番の収穫はどこかのカードゲームで見たような中国美人を知れた事

価値観の違う人間と壁の存在
怪物相手に共闘、そしてありきたりだけど信頼

大雑把にこんなとこを考えて作ったのかなぁとおも

三国志すきだからなんだかんだ楽しめて見れた

みよしまこと
みよしまことさん / 2017年6月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

超大作「B」級映画…!

劇場46/100本目(2017)。制作費かけてここまで駄作だと爽快!

安いCGとコスプレ衣装。ジン・ティエンは圧倒的な美貌スタイルの良さゆえに現代人にしか見えず。人物皆バカで見当違いな行動しか取らず苛立ち。

最後のステンドグラス塔は綺麗でワールドウォーZ的塔に群がる化物達のケレン味とB級感は微笑ましい。

菊池 旅行
菊池 旅行さん / 2017年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グレートダイブ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

チャン・イーモウがよくこんな映画を撮ったよな~と思うし、
マット・デイモンがよくこんな役柄を快諾したな~と思うが、
それより万里の長城をこんな風に使っていいのか?と不安に
思ってしまう怪作。面白いかつまらないかよりもどうする?
と観てしまった自分に問い続けてしまう感覚と、モンスター
の造形が何かおかしくない?と思っていると美少女がダイブ
するのも全部おかしいだろ?とキリがなくなってしまう珍作
だが、一番おかしかったのは静まり返った劇場のお年寄り達。

ハチコ
ハチコさん / 2017年5月26日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

細かいことは考えない

下手に中国史に通じていると、色々言いたくなる。

が、全て忘れて壮大なエンターテインメントとして見れば、あっという間の100分。

そして女優の景甜(ジン・ティエン)が可愛い。

びってん
びってんさん / 2017年5月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

楽しめました

エンターテイメント作品としてとても楽しく観れました。
マットデイモンもなかなか渋い役どころだったし、ジンティエンはさすがに作られた顔で美しかった。キングコングの時と全然ちゃうわ!と突っ込みを入れたくなったけど…
こういうハッピーエンドな映画は大好きです。

yosci56
yosci56さん / 2017年5月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2017-12

迫力ある映像に見入って、あっという間に終わっちゃった。
レビューはあまり高くないみたいだけど、こういう映画にあんまりストーリー求めてない私には楽しめました。あの時代になぜ西洋人が?ヨーロッパ人から習った英語がアメリカ寄り?とか考えたら負けな気がする。だってフィクションですから!
淡い色は一切使わない、鮮やかな色の使い方が潔くて綺麗。城での戦い方も斬新。
ボスの死に方は、確かにえ?それで死んじゃうの?ってなったけど(笑)
ジン・ティエンがとにかく魅力的。フィギュア発売されてるのを見て、実物と見分けがつかなかった。言い方悪いけど、作られたように綺麗な顔立ち。
ルハンの純粋な表情もいい

かいり
かいりさん / 2017年5月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

圧巻の絵面であった。

極彩色の鎧
大陸のフォルム
大陸色が前面に押し出された超大作だった。
ホントにクソ真面目に遊んだような印象。
元の柱はファンタジーなのに、外堀に時代考証と現実味をふんだんに散りばめたかのような。

ただ、展開が早い。
そして、最初の戦いのインパクトを最後まで超えられなかった。
ほぼ、戦いが中心でそれ以外はオマケのような感じだ。
どうにもサービス過剰というのか、潤沢な資金の弊害というのか…盛り過ぎ感を感じる。
そこまで、アピールしなくてもと、作品の端々に感じてた。
物語的にはサイドストーリーの扱いがひどくて、それならいっそまとめて良かったんじょないかと思うくらいである。

義の精神や漢字、自己犠牲や忠誠心など日本のそれとは違うのだろうけど、通ずるものは数多くあり、日本の精神論だけが世界中で賞賛されてるのが不思議だと思った。
そして、今も尚、その精神は名残などではなく、大陸には脈々と流れてるのだろうなと思う。

それにつけても、
大陸の女優さんは華やかだけど、男優さんはパッとしない顔ばかりだなあ。
好みなのだろうな。

U-3153
U-3153さん / 2017年5月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった!

内容を全く知らず、単に万里の長城が題材ということで、なんとなく歴史ものかな〜位の感覚で3Dを鑑賞。
ところが!
映像もストーリーも予想を覆されるもので、かなり興奮し、最後まで飽きず停滞せず感心しながら観ることができました。
これは絶対に映画館で観るべき!
なかなかにオススメです!

Alice
Aliceさん / 2017年5月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怪物が相手。

人海戦術にCGは使われているのだろうか。
万里の長城には一度行ってみたいと思っているのだが、それは実現しそうにない。ならば映画で、と思いきや、実像とは少し違うような。

その威容は十分に映像化されている。その巨大さ、おそらくは堅牢さ。
敵は60年に一度襲ってくる怪物たち。ただただ集団で襲ってくるだけだが、時に驚くべき知性を発揮する。

歩兵が黒、射手が赤、女性は青。
このような色づかいがチャン・イーモウである。でもそれは敵も兵士であったときに効果を上げるのであって、今回の場合は映像的に映えるというほどではなかったかと。
昔、角川春樹がやった「天と地と」くらいでないと。

敵は圧倒的に強いのだが、それをどうやって倒すのか。興味はそこにつきる。
チャン・イーモウの画面作りは、年々派手になっていく。「紅いコーリャン」が懐かしい。

mg599
mg599さん / 2017年5月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

壮大

壮大なお約束の連続が織り成す賤しい出自の人間が英雄になるまでの冒険譚。この後、人間自身が饕餮のようになる、って話。

そうたん
そうたんさん / 2017年5月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しいけど痛快とはいえない歴史アクション

万里の長城にまつわる伝説

迫り来る怪物たちから都を守るために壁を作ったという
「進撃の巨人」みたいな話だった(笑)

アクションシーンは楽しめたけど
なんとも肝心な怪物に魅力がなくて
大群のシーンなんてCGの大量コピペにしか見えず残念だった

それでも、色彩や映像の美しさは、さすがチャン・イーモウ!と思えるところもあり
もうちょっと人間性に深みがあったらいいのになぁと思った

これはマット・デイモンがアカデミー賞でいじられてもしょうがないなって作品だった

とえ
とえさん / 2017年5月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凄くたくさんの怪物が来るよ

これ、壮大なバカ映画でした。
NSMM no story many money
饕餮(とうてつ 中国古代の伝説上の怪物)は、英語ではそのまま ビースト って言ってたな。野獣か。
それがたくさん襲って来ても、弓矢剣でバッサバッサと打ち倒す、気持ちいい〜、という映画でした。
主人公と中国将軍の恋、気弱と思われた若者の主人公を救う自爆とかストーリー、感動どころがあるんですが、一応はさんでみたという感が強く、ストーリーの骨をなしていないんだよね。
主人公が、金のために傭兵を勤めてきたが、中国軍の「大義の為に」という生き方に共感するという筋が骨格なのだが、饕餮は頻繁に、かつ大量にやってくるので、先ほどの恋も犠牲も本筋も片手間になってしまうわけです。つまり、これは怪獣映画なのですね。

CB
CBさん / 2017年5月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても、楽しめました

万里の長城が題材の映画は、始めてで予想もしないストーリーでした。スピード感のあるアクションに万里の長城や甲冑 王宮が、綺麗に描かれてました 女優さんが、とても綺麗でした。最後までどうなるのか目が離せなく、とても楽しめました。

marutake2
marutake2さん / 2017年5月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

飽きずに見られましたが…

飽きずに見られましたが、こんなストーリーとは思っても見なかったです。朝一

かずたけ
かずたけさん / 2017年4月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

長城

僕はマット・デイモンは役選びが最高に上手い俳優だと思っていて、今回アカデミー賞でこの役について揶揄されていましたが、はっきり言ってこっちよりマンチェスターバイザシーの主演を選んでたら僕はマット・デイモンを見限ってましたね。
すでに実績も地位も代表作もありまくる俳優が次にどんな役をやるかって、もうこれしかないでしょう。
僕が同じ立場でも俳優としてというより男として絶対こっちの主演を選ぶよ。
歴史的建造物は実は化け物を退治するための砦だった!とか最高すぎるし、なんだあの女隊長をはじめとする鶴軍の美しさは。
むしろ、この作品がオスカー総なめにしても良かったとすら思うね。
興奮醒めやらない。

55

ヨッシー
ヨッシーさん / 2017年4月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

娯楽ファンタジー

甲冑とか中国っぽさは有り。
その中のマッドデイモンが浮く事。
異国人なのでちょうど良いのかもしれないが。

女性の隊鶴軍?は美しいのだが、
戦場でもメイクバッチリなのはどうなのか。
いや、本当に綺麗なので目には良いけども。

万里の長城(壁)を使ったアクションはアイディア満載で面白い。

toosumi
toosumiさん / 2017年4月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

圧巻の映像美!

万里の長城にまつわる人間ドラマを史実に基づいて描いている作品かと思ったら,まったく違うタイプの作品でした。ちょっと拍子抜けしましたが,これはこれでおもしろかったです。

印象的だったのは,なんといっても圧巻の映像美です。さすが中国と思わせるような,色鮮やかな軍隊がこれでもかというぐらい出てきて,それでいて整然と動くさまは見ていてとても気持ちよかったです。また,無数の饕餮が襲来するシーンも,それを迎え撃つバトルシーンも大迫力でした!おまけに,ジン・ティエン扮するリン司令官の美しさ!もう目が釘付けです。

ただ,マット・デイモン扮する,人を信じない主人公が,リン司令官との交流や禁軍の戦いぶりから「信任」の大切さに気づいていくというストーリーは,やや平凡に感じました。加えて,その変容ぶりにあまり共感できなかったのも残念でした。まあ,ラブシーンがなかったのはせめてもの救いでしたが…。

多くの方のレビューにあるように,突っ込んだら負けの娯楽大作として,何も考えずに目だけで楽しむのがよいと思います。

おじゃる
おじゃるさん / 2017年4月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 興奮 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

90件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi