素晴らしきかな、人生のレビュー・感想・評価

素晴らしきかな、人生

劇場公開日 2017年2月25日
143件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

脚本の巧さと役者たちの名演に拍手 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アメリカでは家族揃ってクラシック映画『素晴らしき哉、人生』を観るのが定番のクリスマスの過ごし方。この誰もが知る名作映画に着想を得たという本作は、絶望の淵に立った男の変遷をファンタジーではなく、極めてリアリティに即したヒューマンドラマとして紡ぎだす。
その中心にあるのはやはり脚本だ。豪華な俳優陣がタペストリーを成すようにこぞって共演を快諾したのも脚本の素晴らしさに要因がある。最大の特徴は、“天使”が救済しにやってくるのではなく、“舞台俳優”たちが主人公の前に立ち、彼の魂に向けて語りかけるところ。この奇想天外さ。そこから染み出してくるヒューマニズム。決して予定調和に陥らない“驚き”を終始持続させ、見終わった後、まるで陽だまりに触れたような感慨をもたらしてくれる。いつもの機関銃ぶりとは180度違い、ほぼ無表情、無言を貫き通すウィル・スミスもまた新鮮。役者たちが添える名演も相まって思いがけない掘り出し物だった。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年2月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 7 件)

期待が高かった

プラダを着た悪魔からの
期待をしてた分
少し残念だった。

キーラナイトレイはさすがに
ほんと綺麗。
ウィルスミスはさすがの
演技。

だからもったいない作品

yomo
yomoさん / 2017年11月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高のグリーフ! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

意気揚々とプレゼンししていた主人公が、廃人のように。こどもの死って残酷な現実。
いつもそばで見守っていた友人が、俳優に依頼したことがきっかけで、時間・愛・死をテーマに、主人公とのやりとりが始まる。
それは、主人公にこどもの死を受容させることではなく、再び前向きに人生を送ってほしいという願いからの挑戦 挑発 笑
冒頭のドミノシーンはやる気をなくして仕事をサボるためのおもちゃなのかと思っていたら、こどもと一緒に遊んだ楽しい記憶をたどっていたんだなと納得。
切なくてあたたかい映画。

はな
はなさん / 2017年10月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

安い引っ掛けもあったけど

まあ実際あり得ないのこそ映画だしね! で納得させてくれる。
全く詰まらない内容ならあり得ない! で終わるけど。

映画マン
映画マンさん / 2017年10月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

🙋「7/10」素晴らしきかな、人生

🎬Collateral Beauty(2016)
📷ウィル・スミス(Will Smith)
📖原題を知らないと意味不明です。

新垣ゆい
新垣ゆいさん / 2017年10月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

挑戦的な邦題 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

娘を失った父を軸に物語が展開していく。

悩みを解決しようと皆が色々試みるものの、
結局それで何かが変わるわけでもない。
その意味では肩透かしをくう。

もっとも、何も変えられないところに妙味があり、
ある意味無駄な毎日を過ごしていて、しかし少しの積み重なりがある。
そういうことが前向きに伝わってくる映画。

邦題は正直微妙だけど、その通りの内容だと思う。

もりり
もりりさん / 2017年10月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

辻褄なんて二の次だ

映画や小説だからこそ許されることがあると思う。

全部の辻褄を合わせることもできるけれど、全て納得いくと何も余韻が残らなかったりもする。

実は納得できないことがたくさんあっても、これだけのパワーで送り出せるのはすごいことですし、すべての辻褄を合わせないことも、技術のひとつなんじゃないかと思わせてくれる作品。

もちろん演技を見るだけでも、価値のある作品でした。

じゅん
じゅんさん / 2017年10月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

模範的な

子供を亡くし何もかもやる気を無くした実業家が、両親の迎えを待っている施設の女の子や心配していた友人から依頼された劇団員らによって、元気を取り戻していく、お話し!!よくあるような心暖かいストーリーー!。

キャンディちゃん☆
キャンディちゃん☆さん / 2017年9月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしき、映画

素晴らしき、役者
素晴らしき、脚本
素晴らしき、映画

とくまーる
とくまーるさん / 2017年9月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

簡単なあらすじ。娘を亡くした父親の物語。その父親の仕事仲間たちが彼...

簡単なあらすじ。娘を亡くした父親の物語。その父親の仕事仲間たちが彼を立ち直らせようとある行動にでる。その行動とは、、

まず、言いたいのは出演者が豪華メンバー過ぎる。映画好きなら出演者は顔見知りなはず。そして、すごく静かで悲しい、感動できる作品です。 https://t.co/EmXviyH8Mb

HaDoSon
HaDoSonさん / 2017年9月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

邦題ださい。

セリフが文学的で臭いかもしれないけど、映画だからこそ言える深いセリフがたくさんあった。
総じて感動した。子どもを持ったこともなければ亡くしたこともないから、この映画の真髄には到達してないと思うが、とても感動した。
一方で。
心を病む年数には疑問を感じた。
愛の2回目のコンタクトのあと、もう一コマあった方がいいのに、急に現実に戻された感じがした。なんていうか、切り替え早すぎる…

すっきりまとまっていて良かったです。

lily
lilyさん / 2017年9月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

無理あり過ぎない?

脚本がちょっと・・。
随所に心に残る言葉は出て来るんだけど、全体として何を伝えたいのかよく分からない。
設定にも無理があるし演出も「?」。
私の理解力の問題?
邦題の読みが同じ「すばらしき哉、人生!」と比べてしまうが、あちらの作品は最後に号泣したのを覚えている。同じタイトル付けたらあかんでしょ!裏目に出ちゃったね。

バイクで日本二周中
バイクで日本二周中さん / 2017年9月15日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

久々に涙

映画を観て、涙したのは久しぶり。
子を持つ親なら涙せずにはいられない。
反面、子をなくしたことのない親としては、
軽々しいことは言えない。
子を亡くした親の気持ちを分かれようはずがないのだ。
とはいえ、想像しただけで胸が苦しくなる
全編そんな気持ちが画面から溢れていて、心が痛く苦しかった。

そんな気持ちを分かりつつ、
それぞれの事情で彼を陥れざるを得ない3人。
そして、謎の3人+1人を巻き込みながら、
感動で不可思議なラストへ。
完全なハッピーエンドとは言い難いが、人生ってそんなもの。
少なくとも主な登場人物全員が前向きに歩き始めた。
羨ましい。
私にもそんな出会いがないものか・・・・・。

みみず
みみずさん / 2017年9月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何かを得ると、何かを失う? 亡くした娘への悲しみから やっとやっと... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何かを得ると、何かを失う?

亡くした娘への悲しみから
やっとやっと抜け出して
夫婦愛もよみがえり、ハッピー
なはずだけど、せっかくの
会社は失ってしまった⁉︎

そこが微妙で喜べない欲深な
私です。💦

Angela222s
Angela222sさん / 2017年9月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

きっと、あなたも79%の一部ね。子どもを亡くして離婚した夫婦よ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「素晴らしきかな、人生」(デビッド・フランケル監督)から。
賛否両論のある映画として、解釈もいろいろ。そこがまた面白い。
題材となっている「愛」と「時間」と「死」については、
「この3つが地球上のすべての人をつなげる要素だ。
誰もが求めたり、避けたいもの。誰もが買ってしまうもの。
なぜなら、人は常に、愛を渇望し、時間を惜しみ、死を恐れるからだ」
主人公が冒頭に説明するシーンのこの台詞で、理解できる。
この3つに宛てた手紙の内容は、ちょっと理解しにくい。
また商品のキャッチコピーとして引用された
「殻を脱げば、人生は変わる・・それは脳に響く感じ。
殻を脱いで、人生を変えよう・・心に響く」が意味ありげに存在する。
そんな中、私が選んだのは、主人公がある女性に言われた台詞。
「きっと、あなたも79%の一部ね。子どもを亡くして離婚した夫婦よ」
この一言は、鑑賞後に書き出したメモの中で一番光っていた。
ラストシーンは「どんでん返し」という表現で片付けるのではなく、
もう一度、場面設定を確認して観直してみると、新しい発見がある。
「気になる一言」に選んだフレーズも、二人の関係性が変わると、
こんなにも意味が違うのか・・と、脚本に拍手を送りたくなった。
この作品、2回観ないとその面白さがわからないかもなぁ。

shimo
shimoさん / 2017年8月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

是非夫婦に見て欲しい映画

人生は長くつらいこともあるけど…やっぱり生きるって価値のあることなんだと思います(^^)
結婚の意味や生きる意味をまた再認識できる映画だと思います!
大好きなウイルスミスやエドワードノートン、ケイトウインシュレット…素敵なキャストの素敵な映画です(^^)

ジョージ
ジョージさん / 2017年8月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

パクリかな、邦題

こちらの原題は“COLLATERAL BEAUTY”。
あちらの原題は“IT'S A WONDERFUL LIFE”。
この邦題を見た時は「えっ!?」と思った。リメイクでもないのに、ほぼまんま…。
クリスマスが舞台である事とか、人生に絶望した男にある意味ファンタスティックな出来事が起きて再起するとか、少なからず似通った設定もあるが、でもねぇ…。

娘を亡くした悲しみから立ち直れない広告マンのハワード。
彼はやり場のない気持ちを、“死”“時間”“愛”へ宛てて手紙を書く。
そんな彼の前に、“死”“時間”“愛”と名乗る人物が現れ…。

ファンタスティックな内容…と思いきや、実はこれ、
ハワードを心配する同僚3人が、3人の舞台俳優にそれぞれ“死”“時間”“愛”としてハワードの前で演じて貰っただけ。
会社の事もあるが、仕事仲間以前に友として、ハワードを立ち直らせたい同僚たち。
彼らもそれぞれ“死”“時間”“愛”の悩みを抱えていて…。
奇妙な出会いが、各々の人生に変化をもたらす…。

ユニークな設定で、ハートフルな内容だったと思う。
でも、回りくどいと言うか、他に方法無かったのかなぁ、なんて。
結構やってる事クレイジーにも思うし、犯罪スレスレな所も…。
意外なオチ…と言われてるようだけど、ちょっと無理ありすぎる。「やさしい嘘と贈り物」をちと彷彿させたが、あちらほど鮮やかではなかった。
3人の舞台俳優も何だか不鮮明のまま。
それならいっその事かの名作のようなファンタジーにするべきだったのか、このままで良かったのか、堂々巡り。

辛気臭い顔のウィル・スミス映画はどうもパッとしない作品が多い。「アリ」は力作だが面白かったとは言えず、「7つの贈り物」も然り。
エドワード・ノートン、ケイト・ウィンスレット、マイケル・ペーニャ、キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレンらが一堂に会するシーンは贅沢ではあったが。

近大
近大さん / 2017年7月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 幸せ 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ウィル・スミスの出番少なくポスター詐欺的

娘が死んで自暴自棄の主人公ウィル・スミスと会社の同僚3人の物語。

ウィルスミスの出番が少なく、パッケージ詐欺にあった気分だ。
逆に同僚3人のシーンが多いなぁと思ったら、案の定な展開。
設定は良かったが肝になる最後の展開を大切にし過ぎた為か、脚本が序盤から駄目にしている。
感動や泣けそうな所も出来やしない。

もったいないな、豪華俳優も使っておいて。
街並みも好きだったのに。

あんな元奥さんの設定は私的に共感出来ない。
パッとせず100分弱が終わりました。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2017年7月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ぜひ、夫婦で…

率直に素敵な話です。登場人物、一人一人に乗り越えるべき又は避けられない悲しみがあり、それぞれが乗り越えて行く…ウィルスミス演じる主人公だけの物語ではないですね。
ちょっとラストはなるほど…ってなりますが笑
私も娘がいるのためか、ウィルスミスの親友役に感情移入して、不倫はダメだと笑、娘には嫌われたくないって思いましたね笑
ぜひ、夫婦で…些細な喧嘩などせずに子供を愛し、家族の時間を大切にしなきゃと思うかも…

ちょもらんま
ちょもらんまさん / 2017年7月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣けます。

公開されている時から気になっていて、レンタルが開始されすぐに借りてきて、鑑賞しました。

主役である社長は、娘を亡くし、生きる希望を見失ってしまい、仕事もせず、会社も倒産の危機に。見兼ねた3人の社員が、彼を何とか元気づける為に色々するお話なのですが

その3人の、企みによって、徐々に社長は、心を開き始めていきます。

そして、子供を失った親の会に参加するのですが、主催者の女性になかなか、娘の名前を言おうとしません。何故なのだろうと、ずっと思っていました。

でも、それが最後に解ります。解った時、涙が止まりませんでした。

絶望のどん底に追いやられ、生きる意味を見失った時、やはり人は、人に助けられ、生きる意味を見つけていくのだなと思いました。

悲しみのどん底で立ち直れないでいる方が、もし居たら是非鑑賞して、思いきり泣いて前に進んで頂きたいです。

涼
さん / 2017年7月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

143件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi