君の膵臓をたべたい(2017)のレビュー・感想・評価

君の膵臓をたべたい(2017)

劇場公開日 2017年7月28日
578件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

日々を大切に生きなくてはいけない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作は既読。刺激的なタイトルと「ラストきっと、このタイトルに涙する」というキャッチフレーズに惹かれて鑑賞しました。
ざっくり言うと「難病モノ」で、沈黙の病と言われている膵臓ガンに侵された高校生の桜良ちゃんが残りの時間を大切に過ごす姿と根暗なクラスメイトの「僕」が、桜良ちゃんが欠かさず書いている「共病文庫」を偶然発見したことから、秘密を共有する仲間になり、「僕」が徐々に心を開いていく過程が描かれています。

主演の浜辺美波さん・北村匠海さんというフレッシュなキャストが繰り広げる青春ドラマが切なくも美しかったです。
浜辺さん演じる桜良ちゃんが、人前では病気など患っていないかのように明るく陽気に振る舞っているのですが、静かに忍び寄る病魔に不安を抱いている姿に胸が締め付けられました。
すれ違ったり、やりたいことを思いっきり楽しんだりと青春をじっくり楽しむ桜良ちゃん、見ていて本当に微笑ましかったです。
原作も映画も桜良ちゃんが、衝撃的な最期を迎えてしまうのですが、ラストに流れる桜良ちゃんの告白にはタイトルの意味が込められており、なおかつ北村さん演じる「僕」に対する思いが一緒に読み上げられるので、終始涙腺が緩みっぱなしでした。人はいつ死ぬかわからない生き物です。この作品から、1日1日を大切に生きることを学びました。

余談
12年後の「僕」と「恭子」を演じた小栗旬さんと北川景子さんの深みがあるお芝居、流石でした!そして、エンドロールで流れたMr.Childrenが歌う「himawari」があのシーンのあとに流れるのは、ズルい‼

是非、大切な人と一緒に見てほしい作品です。

ボブちゃんと映画好き
ボブちゃんと映画好きさん / 2018年2月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

若い役者たちで成り立っている映画

特に浜辺美波さんすごくはまり役でよかった。
『あの花』のめんま役で知ってて、彼女はこういう物語に向いているかも?!
演技がとても自然だし、声も綺麗。

自然と桜良の繊細な感情に移入できるし、
彼女に対する志賀の気持ちの変化もかなり明白

だけど小栗旬の今の"僕"にちょっと違和感出た。
演技がよかったけどなんだか普段の感じと違って変だった。

難病ものだが、
主人公の特殊な性格でかなり今までのものと一味違った。

イメージも全体的にピュアって感じ
典型的だけどよかった

『世界の中心で愛を叫ぶ』の綾瀬はるかを思い出すわ

だが「君に膵臓を食べたい」という一言よくわからなかった。

女の子は"僕"が羨ましいのに、
"僕"に変えて欲しいって思ったし
周りの人ともっと言葉を交わして欲しいみたいな話をしたし、
結局"僕"は強いだろう。
今までの行き方は女の子にとってどんな感じだろう。


最後もまさにあんな結末になるとは。

泣ける。

レインオ
レインオさん / 2018年2月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっと

ミーハーですが、やっと鑑賞。
感動はしました。

セカチュウを思い出したね。
彼女に出会わなければ、主人公は変わらなかったんだろうなって

walkindude
walkindudeさん / 2018年2月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これぞ透明感。淡い青春、、、 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作を知っていても泣ける映画。涙が溢れすぎて顔がぐちゃぐちゃになった。
原作を損なわず映画もとても素晴らしい!!
1日1日を大切に生きて行こうということに改めて気づかされた作品であった。
高校生編の役者さんの透明感が高校生の役にぴったりで見やすかった。
また、北川景子さんの涙のシーンは特に心が震えた。

なつほ
なつほさん / 2018年2月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

見て初めてわかるタイトルの意味 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最初はタイトルに惹かれ、なんだこのタイトルと思いながら宣伝を見ると出てる人は豪華だし、なにやら泣けるとの情報を得たので見ました。

最初の君の膵臓を食べたいは、自分の病気の部分と同じ人や動物の部分食べるとその病気が治ると言う昔からの言い伝えの意味で登場しました。
半ばになると、私が死んだら、私の膵臓を君が食べてもいいよ。人に食べてもらうとね、魂がその人の中で生き続けるんだってと言う彼女。

人の心の中で生き続けたい、そんな意味が込められた君の膵臓を食べたいでした。
お互いに好きだったんですね。

彼女の家で母親から見せてもらった共病文庫。
お門違いかもしれないけど、もう泣いていいですかと言いながら泣いた彼を見て涙が止まりませんでした。
共病文庫が思ったよりも、短かったのはびっくりしました。

わざと彼と仲良くなるためにたくさん近づいていた彼女。
君になりたかった憧れていたと。

宝探しと言って見つけた本の中の遺書を読んだ恭子の泣いた姿にも泣きました。

上地雄輔さんがあの頃の友達なんじゃないかなとは、花屋で2人がいるときに、あれ?返事こないなぁ?と言ってるところで気づきましたが、恭子さんは男を見る目がありましたね。

最初見たときは、彼女役の子の声が苦手ですごく気にかかってましたが見終わる頃にはその子のキレイさと表情の演技の上手さに気づいて、ラストには声なんて全然気にならなくなりました。
見慣れるものですね。

結局膵臓のせいの前に通り魔に襲われて亡くなってしまいました。
2人が図書室であったときに、新聞記事を見せながら最近通り魔が多いんだってーって頭には残らないような自然なシーンが最後につながるとは思いませんでした。
人はいつか死ぬ。けどそれが余命を告げられた病気だとしても、余命より前に事故にあったり、なんかしらの理由で死ぬこともあると言うことですね。
人はいつ死ぬかわからない。ってゆーメッセージが強く感じました。
見てよかったです。

君の膵臓をを食べたいと思った彼のメール。
彼女は見ることはできていたのでしょうか。

ラストの遺書には、彼女から君の膵臓を食べたいと言われてましたね。

お互いがお互いに相手の中に居たい、相手のことをすごく憧れや、いろんな感情を持って居たのでしょう。

病気であろうがなかろうが1日の価値はみんな一緒。

ゆっこ
ゆっこさん / 2018年2月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

必ず見るべき1作

泣ける。

渡辺美波さんって知らんかったけど
ものすごく良い演技をする女優さんやね。

もう一度観たい。

yomo
yomoさん / 2018年2月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

題名の意味が深い

ある女子高生の日記を見てしまい、彼女の秘密を知ることになった。日記を見た男の子は、
一人で過ごしていることがほとんどだったが、彼女の秘密を知って、過ごすことが多くなった。
お互いが仲良くなっていった。そんな中で、彼女が亡くなってしまいます。男の子は、
落ち込んでしまうが、彼女の日記を見に行くことにしました。日記には、彼女の本当の想いが
書いていたという内容だった。
原作を読んでから、観たので大体の話の流れはわかっていましたが、やっぱりよかったです。
原作と少し流れが違いましたがね。この題名の意味が分かっていたのでより話が深くなった気が
しました。
彼女も男の子も、どちらも強いなと思いました。彼女は、悲しみや恐怖を一人で抱えていて、
男の子は、一人でじっと人生を過ごしている。僕は、中途半端なので弱いですが。
原作を読んだ時も思ったのですが一日一日がとても大事だなと感じる話でした。

やっすー
やっすーさん / 2018年2月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

浜辺美波さん

浜辺美波さんという良い女優さんを知ることができて良かった。
予想通り、期待通りの内容ではあるが、浜辺さんの魅力的な演技で特別なものになっていると感じた。

彬
さん / 2018年2月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動した

原作を知らずに観賞。タイトルの意味がわかり、最後のどんでん返しも含め、感動の作品

クララ
クララさん / 2018年1月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心に残るいい作品。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

どんなに自分に自信がなくたって、ほんとうは誰かの支えになることはできる。人と人が関わることで生まれるもの、人と人の関わりの大切さを教えてくれる作品に出会えた。
たたみかけるようなラストに滝のような涙が流れた。映画館で見ている人、ほんとんどがすすり泣いていた。原作者はいったいどんな人なのだろうと気になった。
最後、大好きなミスチルが流れて、追加号泣 笑 あれはずるい笑

主人公の僕は心を閉ざし、まわりと関わろうとしない高校生。ある日、病院の待合室で、クラスの人気者の女の子・山内桜良の落し物の手帳を拾い、彼女が膵臓の病気で余命わずかだということを知る。
自分の死が近いというのに、彼女はいつも明るく前向きで、まわりの人の幸せを考えている。そんな彼女がなぜかネクラな自分に積極的に関わろうとしてくるのだ。

初めは鬱陶しさを感じながらも、彼女の気丈に振る舞う姿を見て、主人公は少しずつ心を開いていく。桜良の親友・恭子との友情。大人になって高校の先生になった僕が、桜良との思い出を追想しながら物語が進んでいく感じが、彼女がそこまで気丈に生きられる理由を少しずつ説明してくれる。君の膵臓を食べたいという表題の意味がわかったとき、きっとほとんどの人は涙を止めることができないだろう。

人の中にある無限の可能性を引き出させてくれる作品なんじゃないかと思う。人と人の出会いに偶然はない。その中で、起きてくる出来事を自分がどうとらえて、どう関わっていくかが大切なのだと思う。そんなことを気付かせてくれる作品。また、好きな映画が増えた^ - ^

主演の2人の演技も透明感があってとてもよかった。また、2人が出ている作品があったら見て見たいと思った。

だにえる
だにえるさん / 2018年1月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

浜辺美波、ハマり役。大化けしそう。 展開も切なくて良い。 ラストは... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

浜辺美波、ハマり役。大化けしそう。
展開も切なくて良い。
ラストは事故じゃない方がよかった。
後味悪し。

P-DRAGON
P-DRAGONさん / 2018年1月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣けた。若いっていいね。

主人公の女の子の気持ちが読みやすくて面白かった。

たぶん、3回くらい泣くポイントがあったと思うけど
2回泣いた。結構泣けた。
これは見てよかった作品です!!

booooo
boooooさん / 2018年1月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やはり期待を超えなかった

闘病物に対する泣かせよう感が嫌いで上映中に映画館でどうしても見る気になれなかった本作。アカデミー賞の優秀作品にノミネートされていたから半信半疑でレンタル鑑賞。

拒否反応したくなる程の泣かせよう感はなかったので及第点ですが、やはりアカデミー賞にノミネートされる程の作品なのかは疑問点が残りました。

良い映画ではありますが、そこまでの深い映画ではありません。

成長後の主人公への違和感と最後の図書館で見つけた、たった一枚の手紙が共病日記を超える物である設定にも違和感を感じます。

等々の理由もあって残念ながら私には若い子向けの映画感がいなめません。

セカチューも苦手だった私にはこの映画も今ひとつです。

日本のアカデミー賞はアメリカと比べ選考作品にはちょいちょい疑問を感じますね。映画会社や○通や○報堂やテレビ局の意向が反映されてる気がしてしかたがありません。

あの○ヶ原や本作が選考されてる段階で本気で名作選んでないですよ。

キネマ旬報賞のがよっぽどちゃんと良い作に選んでるよね。しがらみもないからね。

madamAN
madamANさん / 2018年1月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

原作と実写映画は設定が違う ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

実写映画版のコメが多いですが
原作小説、コミック版とは多少設定が違います。
12年後の大人設定は実写映画だけです。
当然手紙も有りません。
まだ分かりませんが
もしかしたら原作に近い内容になるかもしれません。
どちらが良いかは個人差だと思うので
小説、コミックを読んで見て下さい。

SASSY
SASSYさん / 2018年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動した

感動した

ヨッシー
ヨッシーさん / 2018年1月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通に感動。

普通に感動。

ロニー
ロニーさん / 2018年1月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

話はいいけど役者の演技が嫌い

話はいいけど役者の演技が嫌い

hal
halさん / 2018年1月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

微妙です ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

話が微妙過ぎて酷い、予想を無理やり裏切るようなラスト、普通に病気で死ぬ設定でいいのにいきなりの通り魔登場、友達の恭子の結婚相手は主役じゃ無くてガム野郎だったしどういういきさつ?って思うストーリーにガッカリ序盤が良かったのにオチがこれでは感動も何も無い、オマケに大人のガム野郎が何故か似てもいない上地遊助、かなり期待したのに酷すぎる

おさみん
おさみんさん / 2018年1月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

記憶の底に沈めたものがざわめく ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 相手の気持ちが自分に向いていることを十分に感じていて、それでも確信を持つことができなくて、或いはどこかで自分ルールに触れ、「恋愛関係になってはいけない」というような理解不能なブレーキが働いて、結果恋人同士になることがなかった・・・みたいな若い頃の青臭い経験があると、この作品はその過去の瘡蓋を引きはがします(笑)。
 予告編で聞いた浜辺美波さんの声に少し抵抗があり、上映後の評判も良すぎたので「自分には響かないかなぁ」と思っていましたが、北村匠海さん、浜辺さんともに素晴らしい演技でした(小栗旬さんの抑えた演技も良かった)。
 作品の本質的な部分では十分満点に値するのですが、一つだけ・・・
 桜良の突然の死は物語的に必然ではあるのでしょうが、その原因に人の悪意(狂気?)が介在する点が受け入れ難かったです。
 昨今の小説でも読者(映画では観客)の想像を超えるために、刺激の強い物語の転換を入れがちですが、それがかえって物語の本質を損なう気がします。まあ好みの問題なのですけれども。私はそこがマイナス1でした。

まんてん
まんてんさん / 2018年1月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真実か挑戦か!!

思わせ半端ない美少女に導かれ、童貞だった頃のピュアな気持ちを呼び起こしていくような良い映画でした。共病文庫は泣けました。オグリッシュの魂が抜けたような表情も良かったです。シンプルな直球ストーリーで魅せてくれますが、画面が白すぎるのが残念です。折角の余韻も、陳腐な主題歌のせいで安っぽいものになって残念です。

アンジェロ
アンジェロさん / 2018年1月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

578件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi