母 小林多喜二の母の物語のレビュー・感想・評価

母 小林多喜二の母の物語

劇場公開日 2017年2月25日
4件を表示 映画レビューを書く

治安維持法があった時代・・

小林多喜二は特高に治安維持法違反容疑で逮捕され、獄中で拷問の末に亡くなった。多喜二の母親セキは嘆き悲しみ泣いた。戦前にあった実話の物語は知っていたが、この映画でリアルに描かれていた。安倍政権は共謀罪を成立させ、集団的自衛権を行使容認した。どんどん戦前に戻っている。この空気が恐ろしい・・

亮一君
亮一君さん / 2017年9月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

治安維持法下の社会・・

蟹工船で有名な小林多喜二。その母親役を寺島しのぶが演じた。共産党は戦前、非合法な団体だった。戦前、戦中、戦後を生き抜いたキリスト教を信仰した女性セキの一生。共謀罪や日本国憲法や民主主義について考えさせられた・・

Ryoichi
Ryoichiさん / 2017年6月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんじゃこりゃ・・・

セリフも演技も舞台見てるみたいだった。
周りが大根すぎて寺島しのぶが浮きまくりだった。

作り手の思いが強すぎて、空回っていた。

熊親父
熊親父さん / 2017年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

監督の情熱が伝わる作品

この作品には、主人公である小林多喜二の母役の寺島しのぶさんをはじめ、錚々たる顔ぶれの役者の方が登場しています。決してお金をかけられた訳でなくとも監督の情熱・思いが役者に伝わる事により、これだけの素晴らしい作品が出来上がったんだと、よく理解出来ました。
今、日本はかなりの閉塞感に苛まれています。マスコミは真実をなかなか伝えようとせず、政府の御機嫌伺いに終始してどうでもいいニュースばかり流し、スピンコントロールに躍起になるばかり。
戦争は、絶対やってはいけない、という事をこの映画は諭してくれます。
日本は戦争の最中、治安維持法という悪法により余りに多くの無実の無辜の民が断罪され殺されました。小林多喜二氏もその一人で、常に貧しい者の味方し、現政府を批判した書物を書いただけで、映画では表現しづらい程のむごい殺され方をされたそうです。
今の日本の向きは、戦争をやる下準備を重ねているとしか思えません。特に、共謀罪成立を目指している事が大問題です。
名称をテロ等準備罪に変えて、テロ防止の為、日本五輪を成功する為と国民をごまかしていますが内容は同じです。コレが先に述べた悪法、治安維持法の復活となってしまいます。

少し話は逸れましが、戦争の悲惨さ、戦争による人民統制の怖さ、小林多喜二の母の大きく強い愛をもってしても、その流れには逆らえないとこの映画は語ってくれます。小林多喜二が如何に貧しい者の為に尽くしてきたかを知るキッカケにもなる筈です。
今一度、戦争とは何かを原点に立ち返り考える上でも、この映画を観て頂きたいです。

やまやん
やまやんさん / 2017年2月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い 悲しい 泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi