あゝ、荒野 前篇のレビュー・感想・評価

あゝ、荒野 前篇

劇場公開日 2017年10月7日
2件を表示 映画レビューを書く

ネオンの荒野☆2人の絆に胸が熱くなる前編

会場に入った途端に、BRAHMANの主題歌「今夜」が流れていた。
それを聴いただけで、もう胸に熱い物がこみ上げてきた。

10月公開だけれど…
今週末にPFFで前後編上映されるので少しだけ紹介。

舞台は東京オリンピック後2021年の新宿という設定。
それでも作品全体から昭和の香りが漂ってくる。
昭和に活躍した寺山修司氏の同名長編小説を大切に映画化したからだろう。
寺山修司の名は、中学の国語教科書で知った。
確かボクサーの詩だった。
原作は鑑賞後に読みたい。

リングネーム…
新宿新治=菅田将暉さん。
バリカン建二=ヤン・イクチュンさん。
ボクサーを目指す2人の熱量と絆に惹き込まれた156分間。
長さはあまり感じなかった。

岸善幸監督はテレビディレクター出身でドキュメンタリードラマなどで活躍されている方だと、映画「二重生活」の初日に聞いたことがある。

モロさん、高橋さん、山田さん、青葉さん、でんでんさん、多江さん…
キャスティングは皆んな最高だけれど、
特に片目のジム・トレーナー堀口=ユースケ・サンタマリアさんの存在がいい。
2人をスカウトしてボクサーに育てようとする姿に、思わず心をキュッと掴まれる。

“兄貴、兄貴〜”と建二を慕う新次。
床屋で働きながら自分を変えようとする建二。
…新宿という荒野で、もがき苦しみながら必死に生きる2人の絆に
涙腺を刺激される。
それぞれの人間模様が絡んで熱くて濃い映画に仕上がっていた。

体重を10キロ増やした菅田さん。
体重を10キロ減らしたイクチュンさん。
…肉体改造も見もの。

菅田くんと木下さんのラブシーンは、
えっ!?菅田くん脱アイドル宣言??…という濃厚さ。
あんなに長いとは予想外。

それぞれの生い立ち。
それぞれの人間関係。
それぞれの心の空白。
それを埋めるかのようにトレーニングに励む姿。
それぞれの思いが拳に込められる時、新たな人生が幕を開ける。

2人がプロボクサーを目指す前編。
男たちの魂が火花を散らす後編。
秋まで待てない。

あらりん
あらりんさん / 2017年9月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

こんな映画を待っていた

完成披露上映にて鑑賞しました。
こちらの作品の公開をずっと楽しみにしていて、期待値が元々高い状態だったのですが、それをさらに上回る素晴らしい作品でした。
主演の菅田将暉さん、ヤンイクチュンさんの魂のこもった演技は圧巻です。
脇を固める俳優さんたちもみんなとにかく素晴らしい!
157分という時間があっという間に終わります。
菅田将暉さんは個人的にはこういう映画でより魅力を発揮する俳優さんだなと思いました。
続編がとても楽しみです!!

emikomaru
emikomaruさん / 2017年8月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi