エンドレス・ポエトリー : 映画評論・批評

エンドレス・ポエトリー

劇場公開日 2017年11月18日
2017年11月14日更新 2017年11月18日よりシネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンクほかにてロードショー

老年のホドロフスキーの人生に降り積もった時間を今、再び生きる

時は流れるものではなく積み重なっていくものだと、ホドロフスキーの映画を観るたびに思う。今ここに、その人の生きてきたすべての時間が集う。もしかするとこれから生きることになる時間も顔を出すかもしれない。つまり「今」は常に盛りだくさんなのだ。今わたしが踏み出すこの一歩に、あの日あの場所での一歩やいつかどこかでの一歩がなだれ込んでくる。なだれ込んだ挙句の今この一歩なのである。

今作は前作「リアリティのダンス」の続き、ホドロフスキーの青年時代の物語ではあるのだが、あくまでも今年88歳となるホドロフスキーの目から見た自身の青年時代の物語である。老年のホドロフスキーの人生に降り積もった時間が、12歳の時のチリ・サンチャゴへの移住から1953年の渡仏までの時間を押し広げる。今でなければ語れないかつての時間。そして今ここにあって生き物のように動いているかつての時間を、この映画が映し出す。振り返っているのではない。自身の過去を現在のホドロフスキーが生きているのだ。

画像1

自身の過去という時間の地層の中に、年老いた現在のホドロフスキーが潜り込んでいくと言ったらいいだろうか。当たり前のように自身が自身として登場して語り出すシーンもある。かつての自分にアドヴァイスをしたりする。地層のように堆積した自身の時間を串刺しにして、そこにいる若者とともに今ここにある世界と向き合うのである。映画を作り、映画を観ることとはそんなことではないか? だからこれを観た誰もが、自分もまだやれると思うだろう。まだまだいける。どんな酷いことがあったとしても、必ず道はある。私たちの人生に終わりはないのだ。

樋口泰人

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全6件)
  • 「詩」とは何なのか 評判よさげだったのと、予告で見た「その存在は、完全なる光」というキャッチに惹かれて映画館へ。ネット予約の時点でほぼ満席、実際も満席でビックリ。 まず、最高にかっこよく印象的なオープニングに惹き... ...続きを読む

    あにー あにーさん  2017年11月23日 15:56  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 面白くて感動的な映画芸術 色彩と音楽だけで完全にやられてしまったけれど、独特の世界観と笑えて感動的な演出で完全に作品の虜にされた。 かなり濃密で、相当に疲れるけれど、不思議ともう一度見たいと思ってしまう。まぁそれがホドロ... ...続きを読む

    SH SHさん  2017年11月23日 05:08  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • リアリティーのダンスが・・・。 ネタバレ! ...続きを読む

    robbins j robbins jさん  2017年11月20日 00:16  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ジャスティス・リーグ ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなた 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督) 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi