アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)
ホーム > 作品情報 > 映画「アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)」
メニュー

アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)

劇場公開日

解説

「男と女」「愛と哀しみのボレロ」などを手がけたフランスの巨匠クロード・ルルーシュ監督と、数多くのルルーシュ作品の音楽を担当したフランシス・レイがタッグを組み、インドを舞台に男と女の大人の恋愛を描く。自身が作曲を手がけた映画の主人公のように、ユーモアにあふれた人生を謳歌する映画音楽家のアントワーヌは、ボリウッド版「ロミオとジュリエット」製作のためにインドを訪れていた。異国の地でアントワーヌはフランス大使の妻アンナと出会う。夫との間に子どもを授かりたいとの思いで、伝説の聖母アンマに会うためにインド南部の村まで旅に出るアンナを追って、アントワーヌもしばしの休養を求めて2日間の旅に出る。主人公アントワーヌ役に「アーティスト」でアカデミー主演男優賞を受賞したジャン・デュジャルダン。

作品データ

原題 Un + une
製作年 2015年
製作国 フランス
配給 ファントム・フィルム
上映時間 114分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

異邦人の眼で、事物、風景を審美的にとらえるのがルルーシュ流のモラル
アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)の映画評論・批評

クロード・ルルーシュは永遠の映画青年のように若々しい。インドを舞台にした本作は、モノクロのアート系作品「ジュリエットとロメオ」の音楽を依頼された作曲家アントワーヌとフランス大使の妻アンナの恋の行方を追う。深刻な不倫のドラマではなく軽や...アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全12件)
  • よくできたメロドラマ 監督がクロード・ルルーシュで、現題が「男+女」、安定感抜群のメロドラマ。 仕事でインドに行った映画音楽家(ジャン・デュジャルダン)は、パーティでフランス大使の妻(エルザ・ジルベルスタイン)と出会... ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2017年10月5日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • アントワーヌ 色っぽい男だなぁ って 50過ぎてるのかと思ってたら... ネタバレ! アントワーヌ 色っぽい男だなぁ って 50過ぎてるのかと思ってたら まだ若くてビックリ‼︎ 棒にチン2巻きつけて 後ろに回して引っ張られて耐えるって 苦行?してたおじいちゃんが 凄かった(笑) ...続きを読む

    snowball snowballさん  2016年11月11日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 美しいインド 色彩豊かに綺麗な映像でさすが、話としては、泥々になるような内容ですが、比較的あっさり見れて良かったです。 ...続きを読む

    うたかたの日々 うたかたの日々さん  2016年11月8日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi