グッバイ、サマーのレビュー・感想・評価

グッバイ、サマー

劇場公開日 2016年9月10日
51件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

奇才の原点を垣間見ることができる自伝的冒険ストーリー

世界を歓喜させる才能を持ちながら、決してメインストリームに流されることのなく、やりたい場所で、やりたい作品とだけ格闘し続ける奇才ミシェル・ゴンドリー。彼の自由なスタンスと唯一無二の創造性が一体どこから湧き出るのかいつも不思議でたまらなかったが、自伝的要素を併せ持つ本作では少なからずその源泉を探ることができる。彼が少年だった日々、親友の男の子と繰り広げる奇想天外な家出の旅。それもスクラップをかき集めて、住居にも変身できる車を作り上げてしまうのだから(ここら辺は自伝ではなく創作のようだ)、観ている側もあの夏の少年に戻ったみたいにドキドキしっぱなし。トリュフォー映画を思わせるような繊細かつ大胆な会話や、彼を見守る家族の絆も根っこの部分でグッと暖かく、何よりも輝いているのが「みんなと同じでいたくない」という切なる思いだ。その延長線上に今の作家性があるのだと考えると、ファンならずとも感慨深い想いを抱くに違いない。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年1月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

親と見てしまって気まずすぎた

親と見てしまって気まずすぎた

あごもげる
あごもげるさん / 2017年9月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良いけどね

期待がでか過ぎた。若い可愛い男子のロードムービーもの好きだから。けど、飽きてしまう部分が多かったかな。終わり方は、結構好きでした。

あみ
あみさん / 2017年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

周囲から浮いた14歳の二人の少年が、スクラップで自作した家の外観を... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

周囲から浮いた14歳の二人の少年が、スクラップで自作した家の外観をした車で夏休みに旅に出かけ、旅先での出来事を通してひと夏のかけがえのない思い出を作る。典型的なロードムービー。

のぐりん
のぐりんさん / 2017年7月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

,,,無限

スタンドバイミーみたいな作品を期待したので楽しめた。奇をてらう訳でもないストレートさが最近では逆に珍しく好印象。かわいらしい。数あるスタンドバイミー作品として記憶されていくのだろうど。何一つ間違いがなく、キチンとし過ぎていることが良くもあり、物足りなさでもあるのだろうけど。監督のキャリアからすれば余裕の仕事ぶりといった感じ。ご馳走様でした。

トト
トトさん / 2017年7月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

切なさ半減

「ムード・インディゴ」でまさかのバッドエンドに愕然としたが、そのショックから立ち直るべくリベンジを仕掛けて、またはぐらかされた感じであった。
少年二人の手作り自動車による冒険譚であれば、もう少し切なく、甘酸っぱい感じになるはずなのだが、観終わってあまり後に残るものがない。
どうしたのかな?ミシェル・ゴンドリー。
決して悪くはないのだけれど、彼らの冒険にあまり必然に感じられる偶然がなかったからだろうか。パリに帰ってくる手段もあまりにあっけなく、そっけないし。
「恋愛睡眠のすすめ」「僕らの未来に逆回転」のようなワクワクする手作り感は、もしかしたら大人がやるからワクワクするんじゃないだろうか。大人がやることの危うさや、今にも失われてしまいそうな純粋さが、これまでのゴンドリー作品から感じていた切なさだったのだと改めて実感した。
子供にも同じようなことを感じるはずなのだが、どうも子供は危うさや喪失の切なさが前提となりすぎていて、そりゃそうだろうという気持ちで観てしまうのだ。
次に期待。

masaking
masakingさん / 2017年6月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

青春ロードムービー。 思春期ならではの悩みを抱える主人公がアウトロ...

青春ロードムービー。
思春期ならではの悩みを抱える主人公がアウトローな転校生と一夏の冒険に出て成長していく物語。
主人公のビジュアルがすでに可愛いのだが、1シーン1シーンの演出もいちいち可愛い。サッカーのゴールシーンをハイライトするシーンや、誰もこない個展でのパントマイム、ラグビーチームから逃げるシーンなど微笑ましい演出が満載。
少年期のころの友人を思い出してしまう、そんな作品。

ベンチの上でメシ食うだけで絵になる人種だなー。

NORIDAR
NORIDARさん / 2017年4月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2人の少年がひたすら可愛い。

14歳のダニエルとテオ。
性に恋に家族に自意識、そんな思春期な悩み満載の年頃。
周りとなじめない。でも他と同じような人間にはなりたくない。
そんな2人が自作の車で旅へ出る。

ダニエルとテオの2人がひたすら可愛かった。
手作りおうちカー(お花つき)も可愛い。

ティーンの少年の目から観る世界がこそばゆいし、クスリと笑えるシーンも多く楽しく観れた。

メカに強く博識でユーモアもあるテオが格好良い。
でもだからこそ、テオとの友情や旅を経てダニエルは大人の階段を登ったのに、テオはダニエルとの旅で何かを得られたのかしら?と思わなくもないラスト。個人的にはテオが導く側に終始してた感が否めなくて少しモヤモヤ。
せっかく2人の関係が描かれてるのに。

フランス映画観るとフランス語は響きがかわいいなって思う。

そしてダニエルのお母さん、見覚えあると思ったら「アメリ」のオドレー・トゥトゥじゃないか・・!

ゆめ
ゆめさん / 2017年4月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

予想通りの青春ロードムービー、 だけど、 ちょっと期待外れの内容で...

予想通りの青春ロードムービー、
だけど、
ちょっと期待外れの内容でした

ロードムービーは「成長」を描くもの
もちろん本作も 一夏における少年の成長を映しているんだけど、
成長の起点となる負の要素を描き方が 不足しているように感じられて、
「あるある!」「わかるわー」っていようなシンパシーまで至れなかった

少年ならではの、
どうしようもない 苦悩 や焦燥感、
閉塞感、
行き場を失う性衝動、
未来への期待と不安、
この辺りの描写が弱いなって感じた

ロードムービーにおける
マイナスとプラス(成長)は バランスするから、
マイナス要素に共感できると
ラストに用意されているであろう 成長という大団円に もっと共感できたはず

isukee
isukeeさん / 2017年4月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分で描いた絵ではヌケナイヨ

 ちっちゃいからミクロなんてあだ名を付けられている中学生の、性への関心の持ち方が可愛い。
 描くことが大好きな彼は、裸の女性が脚を開いている自作の絵を自慰に用いようとする。だが、うまく目的を達せられず、そのことを親友に相談する。
 相談された親友のほうは、まさかネタが自分で描いた絵だとは思わないから、真面目にそれが体調や精神状態にもよるのだと助言する。
 この可愛らしい行き違いは、やはりコミュニケーションが密だからこそ起きるのである。
 普通、言葉の行き違いや意味の不足は、交流の希薄な間柄に起きやすい。しかし、彼らのこの誤解を面白くて愛しく感じるのは、彼らが恥ずかしくて他の人には話せないことを口にするほどに親密だからだ。
 それにしても、自分が描いた絵をズリネタにするなんて。あり得ないよ。インターネットがなかった時代の中学生はかくも可愛いものだった。

よしただ
よしたださん / 2017年2月6日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  笑える 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あらまあ、なんだか不思議な映画だった。 女性監督が撮った男の子のロ...

あらまあ、なんだか不思議な映画だった。
女性監督が撮った男の子のロードムービーなのかなと感じた。
感情移入はないまま、うとうとしながら見ていた。つまらないわけではなく、テンポも悪くない。あくまで俺は感情移入できないタイプだっただけ。主人公二人も、中学生らしい熱病時代だけど、二人とも魅力的。

評価を読んできた。
外れ。ミシェル・ゴンドリー監督の自伝的作品とのことでした。
それが女性の好む話、映像になってこの評価って感じかな。

CB
CBさん / 2017年2月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一夏の経験

かな?

3つ数えるうちに…7つ数えるうちに…無限…
よくあったなあ。

Pablo Neruda
Pablo Nerudaさん / 2017年1月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主人公たちが美形すぎる気もするけど、こういう少年たちのストーリーは...

主人公たちが美形すぎる気もするけど、こういう少年たちのストーリーは面白いです。

yoshi200
yoshi200さん / 2017年1月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

初めてだらけ

秘密の小屋で秘密の旅へ特別な友人と。

小屋という自己の象徴を友人と分かち合い、他者に出会いに行く。成長に欠かせない要素が、存分に詰まった作品です。

初めてだらけが沢山あるって、本当に羨ましい。中2病って言われても、この気持ちを持ったまま生きていけると、人生は絶対に楽しいのだ。成長って、何も仕事ができるようになったり、分別が分かるようになったりするだけではないのだ。

初めてを沢山経験したいと、中2病の中年女は改めて思いました。

ミカ
ミカさん / 2016年12月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと眠くなった

男の子の青春映画。
スカッとする映画ではないけど、見おわったあと昔の同級生にあいたくなった。子供の頃の何事にもワクワクした気持ちを思い出した。いつもと違う道を通って帰りたくなった。

Emi
Emiさん / 2016年12月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ダーリン

少年×ロードムービー=最高

14歳ならではの性、家族との接し方、周囲から自分がどう見られているか、ここら辺が緩いながらも的確に描かれていて、ほっこり度今期ナンバーワン。
また出てくる少年少女が全員とんでもない美男美女で、目の保養ムービーとしても抜群。
日曜の昼に見るには最高だった。

94

ヨッシー
ヨッシーさん / 2016年12月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スタンドバイミー

なんとなくスタンドバイミーを感じさせつつも、中2病が見事に描かれている映画。

クスクス笑えるシーンから、考えさせられるシーンも多々。
ダニエルが髪を切りに行くシーンなんて、もう最高の一言。
そして切った髪を見てテオの返しはもっと最高。

映画を通してテオの返しはプラスな発言や馬鹿にしつつも笑える内容が多くてとても見習いたい。

途中日本人も登場するのでニヤニヤします。

まえじー
まえじーさん / 2016年12月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マスターベーション繋がり

僕らの未来へ…で好きになった監督。
ウェスアンダーソン、ノアバームバックに通じる感があって、好きな映画でした。
イカとクジラでも自慰のシーンがあったが、文化の違いか、描写が新鮮というか、なんというか。
最後の終わり方、好きです。
思春期青春映画ですが、おじさんも楽しめました。

kuro
kuroさん / 2016年11月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原題のほうがよかったかもね

テオ、ダニエル両方の家、予告だけ観てたら二人ともひとりっ子でダニエルはひ弱なやつなのか?と思ってたらダニエル活発!しっかりしてる。
どちらのお母さんはやっぱりお母さんだなー!
兄弟もすごくわかる!
フランス語、聞いていて全くわからないけどいつも耳に心地よい。
中華街?朝鮮人街?日本人街?たぶんフランスではまだごっちゃの認識なんだろなあ、なぜあそこ日本語出てくる^^;

すごくおもしろかったです!

らっこおやじ
らっこおやじさん / 2016年11月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

幼い頃を思い出す

少年を卒業する、ちょうど中学生の頃って、不安定で大胆で大人からは危なかしく見えるけれど、本人はいたって真剣に悩んでいるんだよね。自分のその頃を、ほろ苦く思い出す。透明感のある、良い作品でした。

こばりん
こばりんさん / 2016年10月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

51件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi