母の残像
ホーム > 作品情報 > 映画「母の残像」
メニュー

母の残像

劇場公開日

解説

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ニンフォマニアック」などを手がけたデンマークの鬼才ラース・フォン・トリアー監督を叔父に持つ、ノルウェーの新鋭ヨアキム・トリアー監督の長編第3作。戦争写真家の母イザベルが謎の死を遂げてから3年。母の回顧展の準備のため、長男のジョナが父と弟が暮らす実家に戻ってくる。事故か、自殺か、不可解な部分が多いイザベルの死。久しぶりに顔を合わせた父と息子たちが妻への、そして母へのそれぞれの思いを語り、イザベルの知られざる一面を戸惑いながらも共有していく。3人はそうすることでイザベルの死を受け入れ、家族としての絆を取り戻していくかに見えたが……。第68回カンヌ映画祭でコンペティション部門に出品され、ノルウェーのアカデミー賞と呼ばれるアマンダ賞では監督賞、脚本賞、撮影賞、編集賞を受賞。ジェシー・アイゼンバーグ、ガブリエル・バーン、イザベル・ユペール、デビッド・ストラザーンと、国を越えたキャストが顔を揃えた。

作品データ

原題 Louder Than Bombs
製作年 2015年
製作国 ノルウェー・フランス・デンマーク・アメリカ合作
配給 ミッドシップ
上映時間 109分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第68回 カンヌ国際映画祭(2015年)

出品
コンペティション部門
出品作品 ヨアキム・トリアー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

家族とは何か?母親の死から派生する物語が提示する家族の概念
母の残像の映画評論・批評

戦場カメラマンとして世界中を行脚し、必然的に留守がちだった母親が、ある日突然、交通事故で旅立ってしまう。それから3年後、残された夫と2人の息子の日常に寄り添うカメラは、各々の方法で悲しみを消化しようとしてもし切れない、男たちの無様な様...母の残像の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全2件)
  • 孤独と喪失感でできた傑作 鑑賞後、言葉を失いました。セリフで多くを語るのではなく、映像と俳優の演技で感情をにじませる作品だと思います。深く、深い作品でした。 母を亡くした父と息子たちの距離感とやるせなさに、非常に共感しま... ...続きを読む

    sy syさん  2016年11月30日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 逃避 母親が恋しく甘ったれな次男、真実を知っていたけれど秘密を知り抱えこみ落ち込む長男、真実を知っていて秘密にも薄々感付いていた父親の3人の不協和音と現実逃避の話。 人は寂しく弱いものだけど、だからと... ...続きを読む

    Bacchus Bacchusさん  2016年11月27日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

若草物語 コレクターズ・エディション[DVD] クール・ワールド[DVD] スティグマータ 聖痕 <特別編>[DVD] 72時間[DVD]
若草物語 コレクターズ・エディション[DVD] クール・ワールド[DVD] スティグマータ 聖痕 <特別編>[DVD] 72時間[DVD]
発売日:2009年9月2日 最安価格: ¥927 発売日:2006年7月3日 最安価格: ¥3,447 発売日:2007年10月24日 最安価格: ¥1,490 発売日:2007年3月7日 最安価格: ¥1,594
Powered by 価格.com

他のユーザーは「母の残像」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi