SING シング : 映画評論・批評

メニュー

SING シング

劇場公開日 2017年3月17日
2017年3月14日更新 2017年3月17日よりTOHOシネマズスカラ座ほかにてロードショー

キャラクターと歌の魅力で高揚感をもたらす、愛されミュージカル・アニメ!

アニメーションでも実写でも、ミュージカルがまたブームを巻き起こしている昨今。イルミネーション・スタジオによるこのジュークボックス・ミュージカル・アニメーションは、映画ファンのベスト10入りを狙う超強力なダークホースかもしれない。いわゆる“傑作”ではないが、観客に「“傑作”より好き!」と言わせるだけの魅力に満ちた映画なのだ。

ストーリーもキャラクターも、タイトルが示す通り単純で実に素直。自分の熱愛する劇場を経営難から失う危機にあるコアラのバスターが、再起を懸けて開催しようと企画した歌のコンテスト。そこに集結したのが窃盗パパをもつゴリラ少年や25匹の子を育てるママブタ、内気すぎるゾウら、それぞれ「なんとかしてダメな現状を打破したい」という切実な悩みを抱えた動物のキャラクターたちである。いろいろあってそれぞれがピンチを迎えるが、歌うこと、ステージへのパッションで乗り越え、大きな一歩を踏み出していく。こんな筋書きは、誰だって予測できてしまうだろう。しかし、シング=歌の魅力でこれほどまでにシビレさせ、涙が出るほどの高揚感をノリノリで味わわせてくれるとは予想外なはず!

画像1

自伝的な「リトル・ランボーズ」で映画への情熱を瑞々しく描ききったガース・ジェニングス監督が、今回は歌への、エンターテインメントへの情熱を、ものすごく素直に描き出している(やらかし屋のトカゲ老嬢秘書、ミス・クローリー役で声優の才能も発揮!)。さまざまな動物たちの共存する世界は「ズートピア」を連想させずにはおかないが、社会的な隠喩なんてここには探したって見つからない。あるのは愉快なキャラと、単純でありふれているが誰もが共感しやすいパーソナルなストーリー。笑いとやさしさもたっぷりある。

それに加えて猛烈なパワーを発揮するのが、心をガッチリ掴むヒットソングの数々なのである。きゃりーぱみゅぱみゅを含んだ選曲もいいし、「いきなり歌うミュージカルは苦手」という人も、歌うシーンで歌うだけの本作なら大丈夫。老若男女が夢中になれる。豪華な映画スターの声優陣が、こんなに素晴らしい歌唱力の持ち主だなんて嬉しすぎるじゃないか。リースやスカヨハが歌えるのは知っていたとしても、タロン・エガートンがこんなスウィート・ボイスで魅了してくれるとは。キャラクターたちの歌う喜びと、それを聴くという観客の喜びが共鳴するクライマックスのカタルシスは、そりゃもう格別なのだ。

若林ゆり

関連コンテンツ

特集

みんな大好き「ミニオンズ」&「ペット」の次は!サイコーに《楽しい!》サイコーに《アガる!》サイコーに《愛らしい!》
特集

「ミニオンズ」「ペット」のユニバーサル・スタジオ/イルミネーション・エンターテインメント最新作「SING シング」が、3月17日より全国公開。60曲以上の大ヒット・ナンバーに彩られた本作は、サイコーに楽しい、サイコーにアガる、サイコー...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全362件)
  • 見たあと気持ちが明るくなります キャストの皆さんがキャラクターに合っていて何より歌が上手でした! 声優さんの山寺宏一さんや坂本真綾さんは流石の美声です。 そして長澤まさみさんや斎藤さんが歌も演技もお上手でびっくりしました。 大... ...続きを読む

    花子 花子さん  2017年11月19日 23:53  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • グッと 予想よりはるかに楽しく、何か感動してしまった。 ...続きを読む

    moonraker moonrakerさん  2017年11月6日 10:57  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 全然期待してなかったけどおもしろい 最後像にはしっとり歌い上げて欲しかった ...続きを読む

    hati hatiさん  2017年10月29日 18:20  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ジャスティス・リーグ ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなた 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督) 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi