ウォー・ドッグスのレビュー・感想・評価

ウォー・ドッグス

8件を表示 映画レビューを書く

もうちょい流行っても良い気がする ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

この作品をウルフ・オブ・ウォールストリートに似てると書いてる人が多いけど、私は別にそうは思わなかったな。
個人的に受けた感じは…どちらかと言うと最近観たGOLDの方が似てるかな。
何て言うか、悪いことは続かない感じが、かな。
アメリカン・ドリーム系の作品はワクワクするから好きだけど、コレは人殺しの道具だからあまり主人公達に共感と応援の気持ちを持てなかったところがマイナスポイントかな。

奥さんの、反対してたのに結局お金につられて善悪なんてどうでも良くなるところがリアルだった。
だけど最終的には戻るんだよね彼女は。
旦那の方はあのお金、どうしたんだろうなー。

ブラッドリー・クーパーが好きなので観た作品でしたが、彼は悪い役も似合うね。イケメン恐るべし。

ke_yo
ke_yoさん / 2017年9月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 怖い 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカン・ブラック・ジョーク

幼馴染の友人とタッグを組んで武器を売ったら大儲けして、当たり前のように詐欺をして捕まるという実話ベースのお話。ハングオーバーの監督だけにやり過ぎ感満載。でもこの感じがアメリカ人なんだろうなーとも。戦争嫌いの奥さん、一番偽善者だと思うのは私だけ?

クラゲ男爵
クラゲ男爵さん / 2017年8月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ラストのマイルズテラーが金をもらうシーンが印象的

Takashi
Takashiさん / 2017年8月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ひさしぶりのアメリカ映画

個人的に、ジョナ・ヒルを気に入ってます。
最初に観たのが「マネーボール」で、次が「ウルフ・オブ・ウォールストリート」。個性の強い脇役で、今回もなかなかいいです。
映画は、ストーリーでも人気でもなく、キャスティングの俳優だと思っています。中国映画は単なるむかしの香港映画のコピーに見えますし、韓国映画もどこかの国の、あるいはさまざまな国の映画のコピーにしか見えません。だから観ません。じゃあ、日本映画は?って言われるとサムライものだけは観るようにしてます(笑)
つかれるけど・・

そんぼ
そんぼさん / 2017年7月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

武器テンバイヤー頑張ったで賞

ジョナ・ヒルが原因で、と言うよりこれはどう足掻いてもストーリー上『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』に比較してしまうけれど。私はどっちも好きだなあ、これはこれで充分に楽しめたなぁ と思う。
糸を渡るようなスリルはないし、若い2人が金を得るも生活がゴージャスになったところがいまひとつ分からないんだけど、そのぶん軽快な気持ちで観れた。
(自宅でパーティしてハジけるシーンもないし、口頭でポルシェ乗り回してるって言われてもどうにもね。)
これについてはスコセッシとディカプリオって凄いんだな〜ともしみじみ。銃を向けられるシーン1つでも手に汗握る度が桁違い。

ラストだけど、今や大御所になったブラッドリー・クーパーが全部持っていっちゃった感。ポカーン。( ͡° ͜ʖ ͡°)イィ男って本当ずるいね…。

幸ぴこリン
幸ぴこリンさん / 2017年7月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

惜しい

まぁまぁ面白かったのだが、
イマイチ決め手に欠ける印象。

他の方も述べられている通り、
この映画は
「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」の
二番煎じと言う感じ。

話が似ているぶん、どうしても比べてしまう。
スコセッシとディカプリオはやっぱり
スゲェんだな〜と改めて思ってしまった。

それでもこの映画、面白いんだけどね。
題材もいいし、役者もそろってるし。

俺の映画帖
俺の映画帖さん / 2017年6月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」になりきれなかった社会派痛快コメディ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

タイトルの「ウォー・ドッグス」とは、戦地には行かずに戦争で金儲けをする奴の蔑称らしい。この映画の若者二人は銃の販売でビジネスをするウォー・ドッグスで、ビジネスが成功するにつれて法外な領域に足を踏み込み袋小路に追い込まれていく、という物語で、ジョナ・ヒルが出ているからという理由だけでなく、さながら「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のような作品。テンポも良くてジョークもシャープで、ドラッグをキメ込んだような中毒性もある感じで(さすがにスコセッシが作品に塗した中毒性には至らないものの)、特に何が悪いというのは見つからない。マイルス・テラーとジョナ・ヒルという、若手の中でも勢いのある喜劇俳優(いやもはや性格俳優的な存在か)を合わせたのも成功していて、面白かったと思う気もするのだけれど、なんだか何かが足りていないような気がしてしまう。
社会性のある物語にスピード感とコメディ要素を詰め込み、中毒性のある演出と有能な役者で痛快に魅せる。やり方次第では、それこそ「ウルフ・オブ・ウォールストリート」や「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のような映画にもなれたかもしれない。と思うのだけれど、結果からいうとそこまでなり切れなかった作品という印象が残る。かと言って、何が悪かったんだか、よく分からないのがなんだか不思議。

いや、そういった既視感が付きまとったからかもしれない。「ウルフ・オブ・ウォールストリート」にしろ「マネー・ショート 華麗なる大逆転」にしろ、中毒性のある演出と喜劇要素で、実際に起きた事件をエンターテインメントに押し上げたそのやり方に、どうしても既視感があったのかもしれない。それは同様に「21ジャンプストリート」のような痛快なコメディ映画からの既視感とも重なり、監督が「ハングオーバー!」シリーズのトッド・フィリップスだと思い出して「なるほど」と腑に落ちた。確かに面白いんだけど、この映画ならではのオリジナリティとスケール不足が否めなかった。

天秤座ルネッサンス
天秤座ルネッサンスさん / 2017年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

深いです、そして飽きない

武器の転売に命をかけた男2人

ほどよいスリルもあり、また当時の状況も分かるので、面白い映画だと思います

イノモー
イノモーさん / 2017年6月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi