ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
ホーム > 作品情報 > 映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」
メニュー

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

劇場公開日

解説

「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートン監督が、ランサム・リグズによる全米ベストセラー小説「ハヤブサが守る家」を映画化し、人とは異なる奇妙な能力を持った子どもたちが織りなす物語を描いたミステリアスファンタジー。周囲になじめない孤独な少年ジェイクは、唯一の理解者だった祖父の遺言に従い、森の奥にある古めかしい屋敷を見つける。そこには、美しくも厳格な女性ミス・ペレグリンの保護のもと、空中浮遊能力を持つ少女や透明人間の男の子、常に無口な双子といった、奇妙な子どもたちが暮らしていた。主人公ジェイク役は「ヒューゴの不思議な発明」で知られるエイサ・バターフィールド、ミス・ペレグリン役は「007 カジノ・ロワイヤル」「ダーク・シャドウ」のエバ・グリーンが務めている。

作品データ

原題 Miss Peregrine's Home for Peculiar Children
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 127分
映倫区分 G
上映方式 2D/3D
オフィシャルサイト  

特集

本作には、ティム・バートンの《3つの本気》が詰まっている!「人と違ったっていいじゃん!」待ちに待っていた《新たなるワンダーランド》誕生!!
特集

「アリス・イン・ワンダーランド」「チャーリーとチョコレート工場」のティム・バートン監督最新作「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」が2月3日より全国公開を迎える。映画ファンを魅了してきた世界観とメッセージに満ちたバートン監督の「新たなるワンダーランド」の全貌が、いま明らかになる。特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

最適素材で「らしさ」炸裂!バートン・マジックの復活に心から拍手
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの映画評論・批評

原作はランサム・リグスが書いたティーン向けファンタジー小説(「ハヤブサが守る家」)なのだが、もしかしたら最初からティム・バートンの影響を受けているか、彼のために書かれたんじゃないか、と思えるほどだ。実際にはリグスが愛好し、集めていた古...ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全137件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi