ポリーナ、私を踊るのレビュー・感想・評価

ポリーナ、私を踊る

劇場公開日 2017年10月28日
8件を表示 映画レビューを書く

自分を表現する事 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

親や教師の操り人形ではイヤ。自分のダンスを踊りたい…。
ロシアから南仏、そしてアントワープへ。
模索を続けるヒロインは痛々しいけれど、どこか共感もできて。
人をお手本に型にはまったダンスを踊る日々がいやになり、前髪を切ったポリーナ。
父を喪って初めてリリア(ジュリエット・ビノシュ)の言った事が分かったポリーナが踊る最後のシーンがすごく良かった。ジェレミー・ベランガールも。
雪の林間でポリーナだけに見えたヘラジカ(?)は何だったのか。
個人的には、ポリーナのお母さんも気になります。夫が亡くなりひとりになって、これからは、もう娘に夢を託すのではなく彼女自身の人生を歩んでほしいから。

マリエル
マリエルさん / 2017年11月11日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白そうな設定なのに・・・・ 彼女のどこが凄いのか?が表らせていな...

面白そうな設定なのに・・・・
彼女のどこが凄いのか?が表らせていない。
特に最後。
才能豊かで成功した?設定のはずなのに、何故かそう思えず終わってしましました。

シネパラ
シネパラさん / 2017年11月5日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

逃げてばかりの中途半端なバレエ物語 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ふと、私はこの映画に何を望んでいたのか?ということを考えてしまった。もしかしたら、バレエにおけるスポ根的なドラマを勝手に期待していたのかもしれない。そういう意味では、決して期待通りの作品ではなかった。しかしそれは、作品をこき下ろす理由にはならない。ではこの映画は何を描いたか?について思いめぐらせてみるのだが、そこでも私には今ひとつ明確なヴィジョンが感じ取れない。う~む。

ポリーナは地元のバレエ教室で基礎を習い、そこからボリショイバレエスクールで古典を習い、ジュリエット・ビノシュ演じるダンサーの指導の下コンテンポラリーに触れ、その後より即興的なダンスへと形を変えながら、自分の踊りを探求していく。その上での、ポリーナ自身の成長が大きく翼を広げていく様子を描こうとしたのかもしれない、とは思う。しかし段階を経ながらポリーナが様式を違うダンスを取り入れダンスのバリエーションと表現力を足していくというその実感が、受け手として私にはあまり伝わって来なかっただけでなく、その場所やステージを変えていくきっかけも、ポリーナがそれぞれのジャンルのダンスを究め納得して次のステージへ進んでいるというよりも、それぞれの場所で納得がいかなくてまるで逃げるかのようにして場所を変えているように私の目には映った。なんというか、ポリーナにバレエへの情熱を感じ得なかったというのが、この映画に身が入らなかった大きな理由だと思う。才能が有るらしいことは伝わるし、休日も返上して練習をする様子も見えるが、ボリショイでの経験も、コンテンポラリーの経験も中途半端なまま逃げるように場所を変えて、それがポリーナにとって身になるバレエだったのか?と私はやけに冷静な気分にさせられた。

要するに、映画のヒロインとしてポリーナは少々未熟すぎるのだと思う。若くて威勢のいい未熟者の物語も悪くはないが、そんな映画はもはや飽和状態であるし、そもそもポリーナには威勢の良さも感じなければバレエへの情熱も感じにくい。彼女が物語を通じて経験することが、バレエとして身になっていく感覚も実に乏しいため、そんな彼女が到達した最後のダンスにそうそう簡単には感動などできるはずもなかった。

天秤座ルネッサンス
天秤座ルネッサンスさん / 2017年11月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

主演女優に難アリ

お目当てのダンスシーンは思ったより豊富だったけれど、何しろ主演女優さんに引きつけるものがなく、見ていても不思議なくらいつまらない。
ラストのコンテンポラリーダンスなんて、彼女がコンテンポラリーに目覚めて振り付けた運針の作品という設定なのに、魅力的な相方にしか目がいかず、彼女はほぼ空気でした。

映画的の作り的にも起伏がなくて、苦痛。
別に物語は悪くないんだと思うので、別なスタッフで作ったらいいと思う。

ジャム太
ジャム太さん / 2017年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ダンスの映像美に引き込まれる、プレルジョカージュの自信 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ダンスを通して、少女が大人に成長する過程を描いたフランス映画である。もとよりダンス芸術を語れる人間ではないけれど、そんな自分でも、ダンスによる映像美に、これほど引き込まれる満足度の高い作品はなかなかない。

幼少からクラッシックバレエの英才教育を受け、高額な授業料もその才能を信じる両親の苦労によって支えられたポリーナは、最難関のボリショイのオーディションを突破する。年頃になった彼女は、付き合っていたフランス人の彼氏の影響と、そのとき出逢ったコンテンポラリーダンスの舞台の衝撃から、新しいダンス表現へ挑戦のため、恩師と両親の期待を裏切り、ひとり旅立つ。

単純なストーリーはシロウトに分かりやすく、余計なセリフや説明は徹底的に排除されている。それは、映画をダンスシーンだけで表現しようとしているように見えるし、多くで披露される、ダンスシーンの振り付けへの自信の裏返しなのだ。

と思ったら、共同監督のアンジュラン・プレルジョカージュってメチャクチャ凄い人なのね(シロウトなもので…)。世界的に有名な振付師で、パリ・オペラ座バレエにも作品を提供しているほか、自身もクラシックバレエダンサー出身でありながら、多方面のアーティストとコラボをしている。

つまりプレルジョカージュのダンス人生そのものを、少女ポリーナに投影している部分も多い。"美しいだけではダメである。踊りに自分自身を、人生を表現しなければならない"と語られる。主人公のポリーナ役には、映画さながらのオーディション競争で、新人のアナスタシア・シェフツォワが大抜擢された。

映画の舞台も、プレルジョカージュの活動拠点である南仏のエクス=アン=プロヴァンスと、ボリショイ劇場のあるモスクワ、そして新興ダンスのクロスオーバーが起きているベルギーのアントワープという、欧州ダンスの重点都市をつなげていく。

コンテンポラリーダンスの振付師役で、名女優ジュリエット・ビノシュがダンスを見せるが、これがまた素晴らしい。演技を越えて、プロのダンサーみたいだ。

エンディングに向けてのコンテンポラリーダンスの熱量がもの凄い。とにかく吸い込まれるように魅せられる。

そしてダンスシーンは、一発勝負のオーディションから、そのまま本番舞台(おそらく成功を意味する)へ流れ込み、恩師に無言で感謝を伝える再会を彷彿とさせるカットで締めくくる。うーんステキ。

(2017/10/31/ヒューマントラストシネマ有楽町/シネスコ/字幕:古田由紀子)

Naguy
Naguyさん / 2017年11月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

中途半端に感じました…

主役の女優さんはキレイですが、彼女の良さが演技でも踊りでもよく分かりませんでした。バレエのテクニックも一流ではないと思います。
私は原作は読んでいませんが、ボリショイを断ってでもコンテンポラリーを続けたい、というポリーナの強い情熱もあまり感じとれませんでした。無表情だし淡々としすぎているというか。それが魅力という見方もあるのかもしれませんが。

振付家役のジュリエット・ビノシュはさすがで、表情や動き一つ一つから役の感情がしっかり伝わり、ダンスが本業でもないだろうに笑、イキイキした空気感をかもし出していました。
後半でポリーナのパートナーになったカール役のジェレミー・ベランガールも素敵でした。演技は自然体だし、ダンスから発するエネルギーが何より素晴らしかったです。オーレリ・デュポンの旦那様なんですね!納得です。

やはり、主役のポリーナにはダンサーとしてテクニック・表現が突出している少女を起用するべきだったと思います。
だってダンスの映画なんだから。
「赤い靴」「愛と喝采の日々」「リトル・ダンサー」…記憶に残るバレエ映画はどのダンス場面も観客を唸らせたと思います。
この映画はそこまでじゃなかったかな。。。

osayatama
osayatamaさん / 2017年10月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ちょっと評価が難しいけど、悪くはない

バレエに打ち込む少女の挫折と、挫折からの模索としてのコンテンポラリーダンスへの挑戦とか、そういう映画なのかなーと思って見てきました。でも何ていうか、ポリーナの生き様というか、人生の判断がいちいち軽くてちょっとびっくり。これは挫折でもなんでもない、今どきの若者特有のこらえ性の無さでは・・とも思えてしまいます。ダンサーの物語ではなく、単純に思春期の少女ポリーナの自分探しもの、と捉えた方がしっくり来ますね。

私自身バレエ鑑賞は好きなほうで、ボリショイ・バレエ団の来日公演を見に行ったり、マイヤ・プリセツカヤの来日公演に足を運んだ事などもあります。ですが専門的にバレエやダンスについて分析するほどの目は持ち合わせていません。なのでポリーナが挑戦していく数々のダンスについても、正直その良し悪しはちょっと分からない。まあ、ボリショイは近年色々と悪い噂がありましたし、入らなくて正解だったんじゃないの?とは思いますが(笑

ポリーナ役のアナスティア・シェフツォワは本作が映画デビューとの事ですが、中々に魅力的。アントワープ(ベルギー)の港で舞踏家のカール(ジェレミー・ベランガール)と一緒に歩きながら軽やかに舞い踊るシーンが美しく、印象に残ります。夜のバイトに明け暮れ、清楚で綺麗だったポリーナが、化粧やら髪型やら擦れていってどんどん劣化していくのがリアルだったなあ。ラストシーンはどういう事なのか、ちょっと分かりませんでしたが(分かる方教えてください笑)、無軌道に舞う蝶のようなポリーナの生き方と、彼女の体現するダンスがリンクしていて、奇妙な美しさに引き込まれてしまいました。カール役のジェレミー・ベランガールも、経歴を見れば納得!のダンスでしたね。

猫シャチ
猫シャチさん / 2017年10月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

少女が一つ完成するまでの軌跡

表現はフランス映画で特徴的な淡々とした会話劇で場面が変わって行きます。リアリズムの追求と感じましたが、その中でもダンスという映像動きが、作中通して鑑賞者に提供されます。
キャストそれぞれのダンスが観れて本当に良かった。心が洗われるようでした。

Wisy
Wisyさん / 2017年6月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi