トランボ ハリウッドに最も嫌われた男のレビュー・感想・評価

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

劇場公開日 2016年7月22日
72件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

映画史を俯瞰する上で欠かせない時代の傷跡を扱った硬派なドラマ

この脚本家の半生はとびきりのドラマに満ちている。当人にしてみれば苦闘の連続だったに違いないが、彼をこれほどの逆境へと追いやったことで歴史に名を残すほどの名作が誕生したのだから運命とは皮肉であり、滴り落ちる水、打ち続けるタイプライターのキーが巨大な岩を砕くことだって往々にして起こりうるのだ。初めはイデオロギーに関して頑なだった彼が、自身の投獄や仲間を失ったことで徐々に戦略的になっていく様の、まさに「史実は小説よりも奇なり」の巧みな転身ぶり。またそんな彼を支える家族の団結力もまた、映画に独特のダイナミズムをもたらしてやまない。そんなドラマを堪能しつつ、第二次大戦後の映画界に吹き荒れたレッド・パージの様子を追放される側から描く視点は、映画の歴史についてもっと知りたいと思う者にとって大きな財産となるだろうし、この潮流の中で有名スターたちが各々どのような主張を展開していたのかもわかって勉強になった。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

天才は面白い。

どの時代もどの国もたとえどんな思想であれ天才を描くというのは本当に面白いですね。
見ていてスカッとする映画でした。

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2017年6月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分の信念と誇りを書き続ける

赤狩りでハリウッドを追われながらも、別名で書いた「ローマの休日」「黒い牡牛」でオスカーを受賞した名脚本家ダルトン・トランボの伝記ドラマ。
ブライアン・クランストンがアカデミー主演男優ノミネート、キネマ旬報ベストテン4位。
当時のハリウッドの内幕、多くの映画人の実名登場など、興味深い一作。

未だハリウッドに深い傷痕残す赤狩り。
いつぞやのアカデミー賞で、エリア・カザンの特別名誉賞受賞の際、賛否分かれた反応は印象深い。
正直言うと…いや、恥ずかしながらと言った方がいいか、赤狩りについて他人に詳しく説明出来るほどよく知らない。
だから、どっちが良いとか悪いとか言えない。
それぞれに掲げた信念はきっと誇りあるものだったのであろう。
しかしながら本作は、波乱に満ちた一人の脚本家のドラマとして見応えあるものになっている。

嫌がらせに等しい弾圧。
不等な逮捕。
そんな逆境にもめげず脚本を書き続けた映画人根性。
が、映画に自分の名はクレジットされず、栄えある映画賞で称えられる事も無い。
それでも彼は脚本を書き続ける。

出所後は、B級映画の脚本で食い繋ぐ。
質より量。彼の芸術性は皆無に等しい。
次から次への安ギャラ短期間の要求もこなす。
それにしても、どれほどの脚本を手掛けたのか…。
再び映画の仕事に関わり忙しくなるが、家族との関係がぎくしゃくし始める。
娘の誕生日に言い放った言葉はかなり酷いもの。
偉大な脚本家の“陰”の部分も包み隠さず。

まだまだ後ろ指を指され、白い目で見られ…
仕事と家族の板挟みになっても、ひたすら自分の仕事に誇りを持って続けていれば、見ていてくれる人がいる。
カーク・ダグラスやオットー・プレミンジャーら破天荒な味方には胸打つものがあった。
政治的思想云々じゃなく、映画人としてのトランボの才能を欲したのだ。

映画と政治は密なものだ。映画を通じてメッセージを訴える。
が、政治的思想はまた別だ。ましてやそれで、芸術性や仕事の誇りを奪うなど言語道断。

ハリウッドを追われて幾歳月…。
“脚本:ダルトン・トランボ”
かの名作「スパルタカス」で再び自分の名前がクレジットされた時の彼の表情が忘れられない。

近大
近大さん / 2017年5月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一度は見るべき映画

1か月ぶりに映画。
いい映画だったなあ。
誰もが一度は見るべき映画だな。
赤狩りという冷戦の悲劇は、よく知らなかったけど、とてもよくわかった。でも、最後のスピーチにあるように、敵や味方ではなく、癒しあうしかないことなのだろうな。
俳優、とても上手でした。

無関心••3••好
並••3••凄 歴史
無•••4•涙/無•••4•固ゆで
無••••5社会派/大衆•2•••狂信
満喫/紹介
俺の満足度 80点
作品賞可能性 90%

CB
CBさん / 2017年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見ごたえ十分

見やすいストーリーかな

悪く言えばありがち、歴史上の事実にちょっと味付けしてと言う感じ。

赤狩りの当時の苛烈さ、そこに巻き込まれた人々の葛藤。余り目にする事が無かった歴史の一部がこうして描かれたのは、オバマの時代だった事も何か関係あったのかな……

ダイアンレインが老けたなぁ

でも、味のある芝居で貫禄を見せつけてくれた

それだけでも十分見る価値のある作品だった。

なりなりなりたさん
なりなりなりたさんさん / 2017年2月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見応えあった

1950年代のアメリカ、"赤狩り"によってハリウッドから追放されてしまった「ローマの休日」「スパルタカス」等の名脚本家ダルトン・トランボの伝記ドラマ。
私の大好きなアメリカTVドラマ「ブレイキング・バッド」の主演ブライアン・クランストンの熱演で、とても見応えのある映画だった。

SelfishCat
SelfishCatさん / 2016年12月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった

見やすいストーリーかな
悪く言えばありがち、歴史上の事実にちょっと味付けしてと言う感じ。
赤狩りの当時の苛烈さ、そこに巻き込まれた人々の葛藤。余り目にする事が無かった歴史の一部がこうして描かれたのは、オバマの時代だった事も何か関係あったのかな……
ダイアンレインが老けたなぁ
でも、味のある芝居で貫禄を見せつけてくれた
それだけでも十分見る価値のある作品だった。

成田山
成田山さん / 2016年12月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごくよかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 トダンボが仕事がなくなり、格安で仕事を引き受ける状況がまさに今のオレと一緒!と思ったのだが、トランボは元々ヒットメーカーで、格安で受けた後も大ヒット作を出すのでそこが今まで売れたことがないオレとは大違い。

 家族がよくあるパターンでは、主人公に対してストレスを与える存在になるのだが、この作品では全く逆で、家族があってこそトランボが活躍できる様子が描かれていて素晴らしかった。家族の面々も素晴らしかった。

 キューブリックも出して欲しかった。『黒い牡牛』や『スパルタカス』は見ておらず、見たくなった。

 B級映画の社長が、協会の恫喝にバットで追い払うところが最高だった。映画コメンテイターみたいなおばちゃんも憎々しくてすごくよかった。

 映画とは全く関係ないのだが、オレが売れない理由はサブカルにどっぷりつかりすぎていたせいではないかと、最近ずっとサブカルについて考えていたら、そう思えてきた。要はメジャー作品やヒット作に対して斜に構えてしまうところがあり、そういうのはサブカルの影響だと思う。上手に割り切れる人はそこはうまいことやってヒットに結びつけたりするのだろう。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2016年12月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦後すぐの醜いアメリカ腐敗に背を向けない姿に感服

まず私はダルトントランボが「ローマの休日」の脚本家とは知りませんでした。
知らない彼の半生のドラマだとして観たので、一層面白く感じました。

赤狩りされ、友人に裏切られ、強制的に収容所に入れられ、職を失っても懸命に家族と生きる姿はある意味リアルです。

一部の利権連中に牛耳られるアメリカ、、、
この1940年後半から50年代のアメリカが私は嫌いです。
(同じ年代アメリカ人達の利権だけの為に牛耳られていたキューバへゲバラやカストロがキューバ革命を起こしたのもこの年代で、同じ感が芽生えます。)

時代は徐々に彼の脚本を求め始め、自分の権利を取り戻して行くトランボ。
最後のシーンでのトランボのセリフが印象深いです。
「善と悪はいない、、、いるのは被害者だけ、、」

昔の洋画作品を知っている映画人にオススメします。
(知ってる人物ネタなどあり、ニヤケてしまうシーンがあります)

暗い落ち込む映画ではありません。
もう上映している映画館は少ないですが、メディア化した時観ていただきたい映画です。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2016年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 単純 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レッドパージは凄かったんですね。授業でしか習ったことがなかったので...

レッドパージは凄かったんですね。授業でしか習ったことがなかったので改めてびっくりしました。

クロ
クロさん / 2016年10月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかなか

良かった。

Eri
Eriさん / 2016年10月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トランボさん、これもあなたが書いたの?!

「ローマの休日」という作品が、もし存在しなかったら、映画の歴史は書き換わったに違いない。
オードリー・ヘップバーンは、グレゴリー・ペックとローマの街をスクーターで駆け抜けていただろうか?
二人のラブストーリーをスクリーンで観る。その感動と楽しみを、僕たちは永遠に失ったかもしれない。その危険は十分にあった。
なぜなら、この脚本を実際に書いたのは「ダルトン・トランボ」という共産主義者だったからだ。
脚本は公開当時、別人の名前が使われた。
やがてオードリー・ヘップバーンは、この作品でアカデミー賞に輝き「世界の恋人」とまで賞賛される大スターとなる。
しかし、彼女を受賞に導いた、当の脚本家の名前は永く秘密にされたのだ。
お話は、1950年代のアメリカ。
いわゆるマッカーシズム、赤狩りが始まったころ。
すでに脚本家として成功を収めていたトランボ。
彼も赤狩りの標的にされてしまった。
その迫害は家族にまで及ぶ。
難を逃れるため、自宅を売却し、移り住んだ先でも「アカ」への偏見、いやがらせは厳しい。
議会に証人喚問され、証言を拒否すると「議会侮辱罪」に問われる。
ハリウッドの第一線で活躍していた、著名な脚本家は、共産主義者というだけで、その活動の場を奪われ、監獄送りとなる。
監獄に入るシーンは印象的だ。
素っ裸で尻の穴まで看守に「検閲」されるのである。
これが、つい60年前まで、本当にアメリカで行われていた実態なのだ。
ただ、このシーンで一つの救いは、トランボを罪人に仕立て上げた人物も、のちに脱税で告発され、ちゃんと監獄送りになる、という点である。
悪い事をしたやつには容赦しない。
どんな地位と名誉を持った人物でもブタ箱に放り込む。
そういう「正義」を実現しようとする姿勢がアメリカにはある。

ちなみにアメリカという「国家」は「自由」と「正義」を旗印に掲げたとき、それ以上の価値観が存在しない、ある種の「全体主義国家」になると僕は見ている。
これは極めて注目すべき特性である。
「自由と正義」は「人の命より重い」ことを容認するのである。
結果として、それがどれほどの人命を奪おうとも、アメリカは何度でも間違いを繰り返す。歴史を見る限り、アメリカはそういう国家である、と僕は思う。

本作を観る前、予告編では、ずいぶん、テンポよく進むストーリーなのかな、と思っていたが、意外にも重厚で、緻密な構成を持つ作品に仕上がっている。
この辺りは監督の演出のさじ加減なのだろう。
共産党員たちを目の敵にする、コラムニストの意地悪おばさん役にヘレン・ミレン。
アカデミー賞女優として、深みと味わいのある、惚れ惚れするほどの「悪役」の演技をみせている。
主人公トランボを演じたブライアン・クランストンのウィットに富んだ演技スタイル、その人物造形は見事だ。
ときに気難しくなる脚本家を支える、奥さん役のダイアン・レインがこれまたいいなぁ~。
トランボは一人で闘っていたのではなかった。
迫害への痛みに耐え、なんとか仕事を廻そうとする脚本家仲間たち。
そしてなにより、トランボには愛すべき家族がいた。
仕事中毒とも言えるトランボと、年頃の娘との、ぎくしゃくしたやりとりも、映画の中では微笑ましいエピソードに思える。

なお、アクの強い映画製作者、フランク・キングを演じるのがジョン・グッドマン。
このキャスティングは絶妙!
デンゼル・ワシントン主演の「フライト」でも、クスリの密売人を実に怪しく演じきった。
映画製作者フランクにとって、何より大事なのは、ずばり「金儲け」なのだ。
仕事ができる環境を求めていたトランボと脚本家仲間たち。

超一流の脚本家が、いまなら破格の安値で雇える!
お互いの利害が合致し、フランクとトランボたちは、こっそり手を結ぶ。

「アカの連中」が書いた脚本でも、映画がヒットして銭がバカスカ儲かりゃ「それでOK」と開き直るフランク。

「アメリカの理想を守るための映画同盟」(いかにも、うっとおしい名前ですな)は、「アカたち」を弾圧するのが三度の飯より大好き。
情報網を駆使して、彼らが活動しそうなところを見つけ出してゆく。
強欲の映画製作者、フランクの元にも捜査の手が伸びる。
「彼ら”アカたち”と取引すると、あなたの会社もどうなるか知りませんよ」と脅しをかける。
しかし、脅した相手が悪かった。
金儲けのためなら人殺しでも構わない、というぐらい肝っ玉の据わった人物に、挑発をかけてしまったのだ。
「てめぇ~、誰に向かってモノを言ってる! 舐めんじゃねぇ~!」
このフランクの怒りに暴れ狂うシーンは、むしろ本作において痛快である。
観ているこっちも「赤狩り同盟、ざまあみろ」という心境になる。
本作はかつて、自由と正義を守る国を標榜する、アメリカという国家が、映画界や映画人たちに、どのような迫害を加えてきたかを明らかにする。
もちろんご承知のように、チャップリンでさえ、赤狩りの対象となり、石を投げつけられるように、国外追放されてしまった。
アメリカという不思議な国家の振る舞いや、その闇の部分については、もっと掘り下げ、問題提起することもできるだろう。
本作では、その辺り、映画の終盤、ソフトランディングさせているような印象を受ける。
ただ、自身の名前を伏せてまで、映画脚本を書き続けた、ダルトン・トランボという人物がいたこと。その事実と生き様を知るだけでも本作を観る価値はある。
トランボの脚本家としての桁外れの才能と、映画への熱情に改めて脱帽せざるをえない。

ユキト@アマミヤ
ユキト@アマミヤさん / 2016年9月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

華やかな世界とは程遠い。

政治背景に明るくない私には難しかったけれど、それを差し引いても楽しめる。久々、映画らしい映画を見た感じ。ダイアン・レインが素敵。

oz
ozさん / 2016年9月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話って本当に面白い。 ローマの休日のアカデミー賞受賞の裏で起こっ...

実話って本当に面白い。
ローマの休日のアカデミー賞受賞の裏で起こっていたことなんてまったく知らなかったし、トランボという脚本家のことも初めてしった。
面白いものは面白い。
でも、自由の国でその当たり前のことを評価することが困難な時代があった。
トランボも素晴らしいけど、家族が何にも増して素晴らしい!!
個人的には今年のベスト5に入る名作。
俳優も良かった。

ゆうこ
ゆうこさん / 2016年9月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

牡牛

アカ狩りがアメリカ映画界に及ぼした影響についてが中心ではあったが、結局の主題は家族愛。
結構政治的に攻めてる部分もあったけど、映画としてはとても手堅い作りだった。
実在の超大スターや名作がたくさん出てきて、映画ファンならそれだけで楽しめると思う。
カーク・ダグラスのそっくりさんは出オチかと思ったら結構がっつりストーリーに絡んできてて笑ってしまった。
「ローマの休日」と「スパルタカス」は予習として見ておいた方が楽しめるかも。
ジョン・ウェインはあんまり似てなかったし、なんか小物に描かれてたけどジョン・ウェイン大好きメリケンは納得したのかな(笑)
普通にめちゃくちゃ面白かったです。

74

ヨッシー
ヨッシーさん / 2016年9月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ダイアンレインの涙にナミダ。

共産主義者ブラックリストとかあったんですね。
この弾圧に屈せず、ペンの力だけで権利を再び勝ち取った姿はすごい。家族の絆もすごいなー、と思ったけれど。
スパルタカスとかローマの休日とか、この映画をみたら改めて見直してみたくなった。
それにしてもダイアンレインがいい。溜まり溜まった我慢の涙に感動。

peanuts
peanutsさん / 2016年9月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見てよかった! トランボの図太さがいい! 失ったものは多いけれど、...

見てよかった!
トランボの図太さがいい!
失ったものは多いけれど、絶対に得たものの方が多いと思った。
波乱万丈、生きがいのある人生に魅せられた。

まゆ
まゆさん / 2016年9月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見て良かった‼️

あまり期待もせずに、招待券があったので見に行った。
USAであの忌まわしいマッカーシー旋風が吹き荒れる中、自らの良心に全てを賭けて戦う姿に感動‼️
守り合う家族にもブラボーです。

こばりん
こばりんさん / 2016年9月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

観てよかった

ブラックリストの時代…思想に名前が与えられ、思想に細かな違いがあれどその名前で悪、正義が決められてしまう時代。正義に反する「悪」は映画界で名前、顔が奪われてしまう時代。息苦しく、悲しい時代。

その時代の中で、それぞれがそれぞれの方法で立ち向かっていく。それは、自分にとっては正義を守る方法であっても、他人から見ればエゴであったり偽善であったり。
本当に息苦しい。

トランボの最後のスピーチはそれらを終わらせる、心のこもったものだった。
「ブラックリストの時代において、英雄も悪役もいない。全員が被害者だ。」
これはトランボにしか言えない言葉だし、なにかがスッと解けた気がした。

見終わって気持ちのいい映画だったなあ。

なにより家族が強い。クレオの表情に、言葉に、夫へのそして家族への愛を感じた。女はどの時代も強いね笑

すっ
すっさん / 2016年8月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

名前を取り戻した脚本家

ハリウッドのアカ狩りによって仕事も友情も失いかけた脚本家。
偏見と憎悪の中で、家族とともに闘いぬき
名前を取り戻すまでのお話。
当時のハリウッド映画界がよく描かれており、
カーク・ダグラスはじめ、そっくりな配役で
楽しめた。
トランボ役ブライアン・クランストン、妻役のダイアン・レインは特に素晴らしかった。
最近の映画に珍しく、上映期間1ヶ月ばかり経っていた。日曜日、日比谷シャンテの観客は60代の男性が多かった。

113/cocoro
113/cocoroさん / 2016年8月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

72件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi