ブルックリン
ホーム > 作品情報 > 映画「ブルックリン」
メニュー

ブルックリン

劇場公開日 2016年7月1日

解説

1950年代、アイルランドからニューヨーク・ブルックリンにやってきた移民の少女の青春や揺れ動く心を、「つぐない」のシアーシャ・ローナン主演で描き、第88回アカデミー賞で作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネートされたドラマ。脚本は、「ハイ・フィデリティ」「アバウト・ア・ボーイ」の原作者で、「17歳の肖像」「わたしに会うまでの1600キロ」などで脚本家としても活躍する作家のニック・ホーンビィ。監督は「BOY A」「ダブリン上等!」のジョン・クローリー。大人しく目立たない性格の少女エイリシュは、妹の将来を案じた姉の勧めで、アイルランドの小さな町からニューヨークへとやってくる。それまでとはあまりに異なる大都会での生活に戸惑うエイリシュは、しかし、イタリア系移民の青年トミーとの恋をきっかけに大きく変わっていく。洗練されたニューヨーカーとして生き生きと日々を過ごすエイリシュだったが、そんな彼女のもとに故郷からある悲報がもたらされる。

作品データ

原題 Brooklyn
製作年 2015年
製作国 アイルランド・イギリス・カナダ合作
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 112分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第88回 アカデミー賞(2016年)

ノミネート
作品賞  
主演女優賞 シアーシャ・ローナン
脚色賞 ニック・ホーンビィ

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

ノミネート
最優秀主演女優賞(ドラマ) シアーシャ・ローナン

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

故郷を離れ、自由を手にする少女の成長をシアーシャ・ローナンが的確に演じる
ブルックリンの映画評論・批評

仕事がない。出会いもない。そんな閉鎖的なアイルランドの町を後にしてニューヨークのブルックリンへ移住した少女が、葛藤と選択を重ねながら自分の居場所を確立していく物語は、青春映画の王道を行く。が、アメリカからアイルランドへ一時帰国する主人...ブルックリンの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全1件)
  • レトロなファッションが素敵 50年代のレトロなファッションと景色が素敵。 特にデパートのシーンが素敵です。 一人の女の子が 故郷を後にして都会の中でオトナに成長していく姿がどんどん美しくなり魅力的。 パートナーに誰を選ぶの... ...続きを読む

    syuko1 syuko1さん  2016年6月22日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ブルックリン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi