牡蠣工場
ホーム > 作品情報 > 映画「牡蠣工場」
メニュー

牡蠣工場

劇場公開日

解説

「選挙」「精神」の想田和弘監督が、岡山県の牡蠣工場で働く人々の姿を記録したドキュメンタリー。ナレーションやBGMなどを排した想田監督独自のドキュメンタリー手法「観察映画」の第6弾として製作された。瀬戸内海に面した岡山県牛窓。かつては20軒近くあった牡蠣工場も過疎化などにより、今では6軒に減ってしまった。宮城県南三陸町で牡蠣工場を営んでいた渡邊さんは、東日本大震災で自身の工場が壊滅的な被害を受け、牛窓の地に移住し工場を継ぐこととなった。労働力不足のため、渡邊さんの工場でも中国からの労働者を雇い始めたが、言葉や文化の違いによるコミュニケーションの難しさに直面する。隣の工場では、早くも国に帰る脱落者が出た。牛窓という小さな町の日常から、グローバル化、少子高齢化、過疎化、労働問題、移民問題、さらに震災の影響など、日本が抱えるさまざまな問題が浮かび上がる。

スタッフ

監督
製作
想田和弘
柏木規与子
撮影
想田和弘
編集
想田和弘

キャスト

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本・アメリカ合作
配給 東風
上映時間 145分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全7件)
  • ネコかわいい。 ネコかわいい。 ...続きを読む

    analanalyser analanalyserさん  2016年8月7日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 飽きる ストーリー無しなので飽きました。 ...続きを読む

    ○ さん  2016年7月10日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 淡々とした日常 日常が参与観察のカメラによって綴られている映画。映画に出ていることをちょっとイシキした人たちが、構えずに過ごしているその日常の凄さを感じた。カメラの外にはみ出ている風景、私たちはイヤでも私たちを... ...続きを読む

    Momoko Momokoさん  2016年5月10日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「牡蠣工場」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi