映画 聲の形
ホーム > 作品情報 > 「映画 聲の形」
メニュー

映画 聲の形

劇場公開日

解説

「週刊少年マガジン」に連載され、「このマンガがすごい!」や「マンガ大賞」などで高い評価を受けた大今良時の漫画「聲の形」を、「けいおん!」「たまこラブストーリー」などで知られる京都アニメーションと山田尚子監督によりアニメーション映画化。脚本を「たまこラブストーリー」や「ガールズ&パンツァー」を手がけた吉田玲子が担当した。退屈することを何よりも嫌うガキ大将の少年・石田将也は、転校生の少女・西宮硝子へ好奇心を抱き、硝子の存在のおかげで退屈な日々から解放される。しかし、硝子との間に起こったある出来事をきっかけに、将也は周囲から孤立してしまう。それから5年。心を閉ざして生き、高校生になった将也は、いまは別の学校へ通う硝子のもとを訪れる。

スタッフ

監督
原作
大今良時
脚本
吉田玲子
キャラクターデザイン
西屋太志
美術監督
篠原睦雄
色彩設計
石田奈央美
設定
秋竹斉一
撮影監督
高尾一也
音響監督
鶴岡陽太
音楽
牛尾憲輔
主題歌
aiko
アニメーション制作
京都アニメーション

キャスト(声の出演)

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 129分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第40回 日本アカデミー賞(2017年)

ノミネート
優秀アニメーション作品賞  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

エモーションの濃度も震度も純度もただならぬレベル、感情のジェットコースター
映画 聲の形の映画評論・批評

激しい起伏に富んだ見せ場が満載のアクション映画は“ジェットコースターのよう”と形容されるが、大今良時の同名漫画に基づくこの長編アニメはまさに“感情のジェットコースター”だ。青春期の鬱屈と混乱を真正面から描くとともに、そこに揺らめく切な...映画 聲の形の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全360件)
  • 平凡な一少年の視点に絞った脚色の妙。 原作未読で観た。主人公と結絃という2人のキャラを除き、ほかの登場人物の主観がほぼ排除されていることに感心した。 聾唖のヒロインとの恋物語と勘違いされがちだが、映画後半では明確に主人公が抱える「他... ...続きを読む

    バッハ。 バッハ。さん  2016年10月26日  評価:4.5
    このレビューに共感した/14
  • 現実とのズレも多少あるが、いい話だ。 ネタバレ! 聲の形。 声があるからこそコミュニケーションが取れる。 声がなければ思いを届くツールもない。 硝子は人の声が聞こえない、声を出せない。 しかし、 声があってもコミュニケーションが取れない場合もあ... ...続きを読む

    レインオ レインオさん  2017年9月15日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 伝えたいことは? 一体何を伝えたいのかよくわからない。 詰め込みすぎに感じる。 この作品に限ったことではないが、長編の原作でも伝えたいことだけは見る側に伝わるように作ってほしい。 どうやら原作は素晴らしいようだが... ...続きを読む

    うーさん うーさんさん  2017年9月14日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「映画 聲の形」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi