夫婦の危機
ホーム > 作品情報 > 映画「夫婦の危機」
メニュー

夫婦の危機

劇場公開日

解説

カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した「息子の部屋」(2001)のナンニ・モレッティ監督が、同作以来5年ぶりに手がけた長編監督作。イタリアで総選挙が行われた06年に、当時首相だったシルビオ・ベルルスコーニを題材に撮り上げたコメディドラマ。落ち目の映画プロデューサー、ブルーノのもとに、映画監督を志す新人テレザが脚本を持ちこんでくる。その脚本はイタリア首相のベルルスコーニを批判したものだったが、ブルーノは内容を勘違いしたまま映画の製作を始めてしまう。すると案の定、問題が続出。さらに妻のパオラとの関係も最悪になってしまう。カンヌ映画祭コンペティション部門に出品されたほか、イタリアのアカデミー賞にあたるダビッド・ディ・ドナテッロ賞で作品賞、監督賞ほか6部門を受賞した。日本では「イタリア映画祭2007」で上映され(映画祭上映時タイトル「カイマーノ」)、15年、同映画祭の人気作品を集めた特集上映「Viva!イタリアvol.2」にて劇場公開。

作品データ

原題 Il caimano
製作年 2006年
製作国 フランス・イタリア合作
配給 パンドラ
上映時間 112分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第59回 カンヌ国際映画祭(2006年)

出品
コンペティション部門
出品作品 ナンニ・モレッティ

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「夫婦の危機」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi