靴職人と魔法のミシンのレビュー・感想・評価

靴職人と魔法のミシン

劇場公開日 2015年6月5日
45件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

足元

足元を見ると、人となりがわかる。4代目の靴職人で生まれた主人公は、お店を継いでずっと靴職人のまま。恐らく階級も固定されたままだし、変化のない人生が当たり前。そんな人が、こんな魔法を使えたらこんな楽しいことないんじゃないでしょうか。自分も含めて。

映画を観るということも、映画を鑑賞している間だけ他の人生を生きられるということです。あり得ないストーリーですが、なりたい他人になるという夢を観させてもらいました。

ミカ
ミカさん / 2017年9月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画らしいファンタジー

靴で他人の姿になるという演出がなんとも映画らしいなと思う。基本的に面白かった。いつの間にか、どうやって困難を乗り越えるか考えながら観れた。なんとなく見る映画にちょうどいい感じ。

死体になったら体動かないんじゃないかと思った。歴代のお客さんの靴が出るけど、これも死体じゃないのと。殺したり、死んだり、事故ったり、何箇所か、人の死が軽すぎて気になる。

ピクルスがなんだって?、…。

なんだかんだ、魔法のミシン、ほしい。

dekamo
dekamoさん / 2017年6月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった

ラストのオチは途中で気付いたけど、よくできたストーリーでなかなか笑えました。面白かったな。

むっしゅ
むっしゅさん / 2017年4月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現代のお伽話

損はしてない/紹介する
オレ 50
一般受け、好き嫌いある
小品

映画通なら言いそう …な佳作とかダスティンホフマンの演技がどうとか。
アカデミー作品賞ノミネート可能性 30%

現代のお伽話。
ラストは、なんかMIB観てるみたいだったなぁ。でも別に宇宙出ません。あくまでも感じね。
お伽話だから、細かいことはあまり考えないで、気持ちよく、雰囲気に浸りましょう。楽しいよ。

CB
CBさん / 2017年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

始まりが思ったよりも暗い マフィアがどうのはイタリアっぽい そこか... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

始まりが思ったよりも暗い
マフィアがどうのはイタリアっぽい
そこから一変してコミカルに(ギャングの靴底を直していた男性の息子に話の焦点が移る)
父は威厳があるけど息子は一貫してコミカル
街の高級化のために追い出されそう それを防ぐ活動の女性

金持ちの黒人男性の靴底を直していたらミシン機が壊れて先代からの古いミシン機を

女性に誘われた集会に行きたかったが、黒人男性を待っていたせいで行けなかった
ためにし直した靴を履いて見たら黒人の男性に!!(お客さん)
古いミシン機で直した靴でないと変身しない
夢中でいろんな靴を直して変身

それからいろんな人に変身して散策

ママの お父さんとのディナーをしたいという願いを叶えるためにパパの靴を治す
なりきったパパとのディナーの翌日ママが他界

ママに墓石を買うために黒人男性の時計を奪うことを画策
バレて格闘中に黒人男性を殺す
翌日 警察に自首
男性は掃除屋に片付けられてて信じてもらえなかった
靴と鞄は店に届けられていた
それを返しに行って片をつける

そこで聞いた話は街を残す活動をしているマンションを焼き払う計画
女ボスを騙して捕まえる

やっぱり隣の理髪師のおじさんがパパだった
靴を治すことは責任があることだと学んだ息子に全てを明かす
本物のジミーはカリブ海

ギャングの靴をどうのってところが伏線で、あの時にパパもギャングに関わった(変身して色々させられてた)から姿を隠していたみたい

☆
さん / 2016年12月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ええーー!

劇場で見逃してました。
アダム・サンドラーに、ブシェミに、ダスティン・ホフマン。
こりゃあ、観なくっちゃ。

まあ、履いた靴の持ち主になっちゃうっていう設定が、時として
「この人誰だっけ?」とわからなくなりがちですが。
それを置いておいて、まさかのエンディング。わお!
ヤラレタ。

面白かったです。

fukui42
fukui42さん / 2016年10月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

演者変わってますもん

好きな人にはすみません。ちょっとくだらなさ過ぎませんか。びっくりします。「靴職人」というワードに惹かれて観たものの、予想を遥かに超えたおもんなさ。
そりゃ無理でしょ、演者変わってますもん。いちいち気がそっち(これ、主人公だよね?)にいって頭と心になんにも入ってきません。
コレで笑った人ある意味しあわせだと思います。シャレにならん映画だった。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2016年10月11日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんか歳とったね ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

そーゆー役なのかもしれないけどジャックとジルの様なキレキレのアダムではない。
少し楽しみにして見たのでいい役すぎて残念でした。
ダスティンホフマンと一緒だからかなぁ…

みきねこ
みきねこさん / 2016年9月15日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あんなミシンがあったなら…… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

そのミシンで、靴を修理して履くと、靴の持ち主になれてしまう!面白いけど、靴の持ち主に鉢合わせしてしまった時のことを考えると、ちょっと恐いが、何かの役に立つなら履いちゃうかな?行方不明の父親が、靴屋の隣の床屋で、息子を見守っていたとはね。ハラハラドキドキしながら観た!

海(カイ)
海(カイ)さん / 2016年8月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

魔法のミシン

魔法のミシンで修理された靴を履くと、靴の持ち主に変身出来るなんて、突拍子もないストーリー。
映画はそれなりに楽しかった。
ただ自分がつくづく小心者だと思ったのは、靴の持ち主と鉢合わせしたら怖いから主人公のような行動は取れないと感じた。
それに不思議な力は良い事の為に使わないと〜。
食い逃げとかせこいかな。
映画では色んなアクシデントが起きて、え?この場面どうしてこうなってるの?多少無理あるかな?とも思いますが、元々ありえないお話しだし、ピンチを切り抜けて、最後は上手くまとまってたように思います。

kazuyo
kazuyoさん / 2016年6月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

職人バンザイ!!

なんかうれしい映画。
日本では地位が低い職人が、ここでは素晴らしい職業として描かれた点がうれしい映画。
最後のシーンがキングスマンみたく印象的。
久々のホフマン。
やっぱりいい役で特別出演だな。

シネパラ
シネパラさん / 2016年4月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

所詮Sandler

劇場で予告をみたとき、設定は面白そうと思ったもののC級コメディアンAdam Sandlerだったので観に行くのはやめた。結果予想的中で、めずらしく笑わせにくるところはなかったけれど傑作にはならなかった。Dustin Hoffmanなんて名前は書いてあるけど、特別出演みたいなもの。

ちかし
ちかしさん / 2016年4月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

靴を履かなければという限定的な設定がいい

魔法のミシンを履くと持ち主の外見に変身できるという設定はなかなか面白い。
全体的にハートウォーミングなのだが、事故とはいえ人を殺すのはどうかと思う。ま、その贖罪のシーンもあるのだが。
あとはヒロインがかわいければもっとよかった。

kenshuchu
kenshuchuさん / 2016年3月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不思議だな~ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「靴職人と魔法のミシン」字幕版、DVDで鑑賞。
「ピクセル」で主演ていた時とは変わって、今作のアダム・サンドラーは、もう頼りなさそうな男で、180度キャラが違ってました。

ストーリーは、以下の通り。

マックスは、ごく平凡の靴職人。日常生活が退屈で仕方がなかった彼はある日、先祖代々のミシンを使って、靴を履くと、その靴の持ち主に変身してしまう。他者の世界を体験しながらマックスは本当の自分を見つけていくという話。

感想を一言で言うと、不思議な映画でした。ミシンを使って、靴を履き変えると、その持ち主になれるなんて!本当不思議です。
コメディ要素やファンタジー要素もあって、あと少しだけサスペンス要素も入ってました。

オカマになったり、ゾンビ?になったり、イケメン男になったり、黒人のボスになったり、色んな人に変身してました。

ただ、変身してはい!終わり!というワケではありません。ちゃんとした物語はちゃんとあります。

イケメン男になって美女の家に入ってキスしたり、母親の為に失踪した父に変身し、一緒にディナーをして、親孝行したり、嫌がらせする黒人の悪党共を懲らしめたり、全体的に面白かったですね~

ちゃんとした伏線が張り巡らしていて、特にラストのシーンびっくりしましたね。。ある意味どんでん返しかな?
変身する瞬間の演出も素晴らしいですし、アダム・サンドラーの今作のキャラクターが最高でした。ぴったりです!(^^)

総じて面白かったです!とても不思議な映画ですし、最後はある意味どんでん返しでした!w

・・・まさに灯台もと暗し!!\(^o^)/

ひろっぴ
ひろっぴさん / 2016年3月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

想定外

魔法のミシンを使って、
ハートウォーミングな展開になるかと思いきや、
序盤は子供じみた小悪党に。
くだらなくて、意識が遠退いた。
中盤からは若干持ち直すが、
何となくチグハグで心踊らない。
終盤のどんでん返しも取って付けた感じで、
ある程度想定内の割りに腑に落ちない。
トータルバランスが取れておらず、
観終わった際の満足度は低い。

みみず
みみずさん / 2015年12月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

「シムキンの靴直し店」「ジミーの理髪店」 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「靴職人と魔法のミシン」
(トーマス・マッカーシー監督)から。
原題は「The Cobbler」(靴直し店)
「shoemaker」「shoe repaire」でないところが面白い。
さて、私が気になったのは靴屋だけでなく「お店の名前」。
小さな町のストリートだからか、その理由はわからないが、
店舗の上に掲げられているお店の看板に、
「○○の○○店」と、経営者の名前が入っている点だ。
最近の日本のまちかど風景で感じることは、
店名だけの看板では、なんのお店かわからない。
だからこそ、今回場面設定されていた
「NY市ロウアー・イーストサイド 1903年」は、
「シムキンの靴直し店」「ジミーの理髪店」は新鮮だった。
お店の名前やメニュー、金額で客を引き付けるのではなく、
個人の名前で、常連客がつく経営こそ商売なのかもしれない。
こういった作品の場合、職人の主人公は正直者で不器用、と
相場が決まっているのも定番で面白い。
そう言えば、原題の「The Cobbler」って
「不器用(不注意な)職人」という意味もあるんだよなぁ。

P.S.
もう一度見直すと、理髪店ジミーの台詞が胸にしみる。

shimo
shimoさん / 2015年12月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

飛行機で見ました。とっても面白かったです。
つまらない真面目で暗い中年が外見が変わるだけでおちゃらけたり楽しそうにするのが良かったです。外見が変われば性格まで変わっていくものかと思いました。
こんな軽い設定なのに、ただのダサいヤンキーが意外と人を殺すような危険人物だったり、逆に主人公が殺しちゃったり行き過ぎなストーリーも笑えました。

原題が何かは知りませんが、邦題に[魔法の]とか付けてしまうだけで安っぽい映画に聞こえてしまうので残念です。

ふ
さん / 2015年11月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

父の靴を履いて母とデートするシーンが好き

先が読めてしまう展開と、中盤からのドタバタ感が残念な感じもするけど嫌いじゃない。

正体を見られると危険だと言うお父さんは魔法の靴で何をしでかしたのか気になるなぁ。

おこげ
おこげさん / 2015年10月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こんな靴あったら自分も欲しい!っと思わせてくれるアダム・サンドラーのブラックコメディ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

冴えない中年を演じさせたらピカイチのアダム・サンドラーの主演作。誰もが多少なりとも持っている今の自分ではない別の誰かになりたいという願望を叶えられる魔法で、アダム・サンドラーが自分を見失い、そして再発見するお話です。ハデな内容ではないけど散りばめられたネタが最後にちゃんと収束してて面白かった。良く練られた脚本だと思います。

あのお母さんの願いが切ないけど良い味出してます。最後は満足していったんだろうな。でも、マックス的にはトラウマになるよね、これって。

スティーブ・ブシェミがやたら出てくるなと思いきや最後に納得。ダスティン・ホフマンも相変わらずの安定感です。

多少ブラックコメディな所もありますが、全体的にオススメできる仕上がりでした!

アキ爺
アキ爺さん / 2015年10月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

非リア充中年の星…

あぁ、アダム・サンドラーの良さって、中年超えると本当に沁みるんだなぁ…と納得した一本。

何時もながらの「正直だけどちょっと抜けてるキャラ」の、アダム・サンドラーの安定感に。
ブシェミにホフマンまで使って、演技に不安は全く無いものの。

あくまでファンタジーなので、細かい突っ込みどころが多々。
そこで評価は分かれるかとは思うけれど…

「疲れた大人」の自分には、ピッタリとはまったよ!涙
単調で変化のない独り身の窮屈感。
子が無い故の親への接し方。
何処かにきっかけがあれば、風穴が開くのにな…
と思いながら、それを空想する事も日々の『作業』に追われ、いつの間にか忘れてしまって…嗚呼!涙

物語りも仕掛けあり、やや黒い笑いありで飽きさせない、疲れた大人に空想を思い出させる作品。

好きこそモノのヘタレなれ
好きこそモノのヘタレなれさん / 2015年9月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

45件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi