ふたつの名前を持つ少年
ホーム > 作品情報 > 映画「ふたつの名前を持つ少年」
メニュー

ふたつの名前を持つ少年

劇場公開日

解説

ユダヤ人強制居住区から逃れた幼い少年がたどる壮絶な運命を、実話に基づいて描いたドラマ。自身もユダヤ人収容所に入れられた経験を持つ児童文学作家ウーリー・オルレブの「走れ、走って逃げろ」をもとに、アカデミー短編実写賞の受賞歴を持つドイツのペペ・ダンカート監督が映画化。ポーランドのユダヤ人強制居住区から脱走した8歳の少年スルリックは、森で行き倒れていたところをヤンチック夫人に救われる。スルリックの愛らしさや賢さに気づいた夫人は、彼が1人でも生きていけるよう「ポーランド人孤児ユレク」という架空の身の上を教え込む。寝床と食べ物を求めて農村の家を渡り歩くようになった少年は、生き別れた父との約束を胸に過酷な日々を生き抜いていく。

作品データ

原題 Lauf Junge lauf
製作年 2013年
製作国 ドイツ・フランス合作
配給 東北新社
上映時間 107分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ナチス占領下を生き抜いたユダヤ人少年を、双子の兄弟が表情豊かに演じ分ける
ふたつの名前を持つ少年の映画評論・批評

ナチス占領下のユダヤ人少年ものというのは、もう立派なジャンルと言っていいだろう。「さよなら子どもたち」「僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ」「バティニョールおじさん」「ぼくの神さま」「マイ・リトル・ガーデン」などなど、実話を...ふたつの名前を持つ少年の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全29件)
  • 社会的な道徳観が映画の倫理観を殺す 冒頭で父が主人公の少年に託した「名前も父も母のことも忘れてもいいからユダヤ人であることを忘れるな」という言葉。 まだ右も左も分からない子供に民族の誇りや宗教を押し付けるのは親のエゴではないかと感... ...続きを読む

    ベチィ ベチィさん  2016年11月9日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • まぁまぁ ユダヤ人の戦争の話はひどい話が多くていつも見るのが辛い。 恥ずかしい話ですが、私はユダヤ人をどう見分けていたか、この映画で初めて知りました。 ユダヤ人や孤児を助けてくれる暖かい人がいたこと、独り... ...続きを読む

    ゆきりす ゆきりすさん  2016年11月8日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 人は心の扉を開けることはできるのか 少年は只管走る。 スルリックという自分とユレクというもう一人の自分との間を。 人は心の扉を閉ざす時、そのものの名を問う。それが誰であるのかを。 しかし、扉を開き招き入れる時、それが誰であるのか名... ...続きを読む

    critique_0102 critique_0102さん  2016年10月1日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ふたつの名前を持つ少年 (字幕版) ふたつの名前を持つ少年
ふたつの名前を持つ少年 (字幕版) ふたつの名前を持つ少年
2016年2月18日 2016年2月20日
¥400 ¥400
Google Play ShowTime

他のユーザーは「ふたつの名前を持つ少年」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi