マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章のレビュー・感想・評価

マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章

劇場公開日 2016年3月4日
37件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

the second best... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

タイトルからして前作を超えるつもりは毛頭ないような…。

インドの発展途上ホテルで余生を過ごすシニア達のその後を描いた作品。

懐かしさもあって前半は勢いがありますが、後半ボリウッドダンスで盛り上げてもやや失速気味に。
前作からの恋沙汰の続きをとは言え、年寄りを片っ端からくっつければ良いってもんじゃない(ー ー;)。シニア層が観たら元気を貰えるのかも知れないけれど、80歳近くなってもまだ一目惚れや恋愛の駆け引きでウジウジするのかと思うと、ちょっとゲンナリ(-_-)。結局人間って、より良いパートナーと、より良い仕事、より良い住処を求めるだけで、全く成長しないのかしらと思ってしまいます。確かに、子供の頃思い描いた大人のイメージからは程遠く未熟な自分ですが、70〜80歳になっても、彼との結婚踏み切れないのよね〜とか、どっちと結婚しようかな〜とか、浮気してるんでしょ〜とか言ってるお年寄りには憧れを抱けません。すこぶる健康で、スカイダイビングするような達者なおばあちゃんのほうが格好良いです。

それにこのホテル、基本的に心身共に元気なシニアしか無理な環境ですが、それでも天国へ召されるまで楽しく過ごす場所を提供しているのでしょう?Ms. Donnellyがどこで最期を迎えようとしているのか、入院が必要なのか分かりませんでしたけど、彼女のような人こそ最期まで穏やかに過ごせるようにしないといけないのでは?前作はもっと滞在者同士が支え合っていました。本作はほとんど皆自分のことばかり。全員恋愛に浮かれてホテルから離れ、Ms. Donnellyも留守なら、フロントもいない(ー ー;)。

ただ、決めるのは自分、人生の主導権は自分にあるって言うことは伝わりました。

“Sometimes it seems to me that the difference between what we want and what we fear is the width of an eyelash.”

“There's no such thing as an ending; just a place where you leave the story.”

...It’s all up to us when and where to leave the story.

普通の短期旅行客も受け入れながら、長期滞在型&療養型をメインでやっていくホテルって言うのも将来増えますかね。実際、入院しないで病院近くのホテルに滞在するプランなんかもありますし。

everglaze
everglazeさん / 2017年10月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

残念ながら前作には及ばないものの登場人物は相変わらず個性豊か。

残念ながら前作には及ばないものの登場人物は相変わらず個性豊か。

hctcl
hctclさん / 2017年4月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

誰も彼もめでたしめでたし

何てハッピーな映画なんでしょう。それが全く屈託なくて。あんなに都合よくカップルが出来上がっちゃっても、なんかいーい感じですよね。インドか舞台だと嘘っぽくないのは何故??ジャイプルには数年前に行っていたので、一層興味深く懐かしく観賞できた。

Sheeta
Sheetaさん / 2017年2月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

年をとったらどんどん積極的にならなくちゃとあらためて思う 後悔ばか...

年をとったらどんどん積極的にならなくちゃとあらためて思う 後悔ばかりじゃ寂しいからネ

ふうさん
ふうさんさん / 2017年1月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

貫禄の二人

インドにある老人ホームのようなマリーゴールド・ホテルの続篇。
年寄りにも希望はあるが、待っている時間は少ないので、若い時よりも積極的に行動しましょう、という話で、とても幸せな気持ちにさせてくれる。
ジュディ・デンチとマギー・スミスが登場すると、存在感で圧倒されるので、共演者は大変!

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年1月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いぶし銀

ますますパワーアップして帰ってきた面々。期待通りの内容でした。
ジュディ&マギーと、私が大好きなイギリス大女優が、クレジットでは
並んでいたのがなんともいいなあ。

そうそうたる面々からのセリフの数々が、それだけでもう名言集。リチャード・ギアも、最初は「ちょっと浮いちゃうんじゃ?」と思ったけど、どうしてどうして。すっかり一員でしたね。
1作目を見なくてもわかるけど、見てるともっと面白いかな。個人的にはビル・ナイが、ラブ・アクチュアリーばりに歌いだすんでは?と期待してましたが(笑)。

fukui42
fukui42さん / 2017年1月12日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ビルナイいいですねぇ♡

ビルナイ氏、よきパパ役が似合いますねぇ。素敵です♡逆に、リチャードギア氏はどうしてもプリティウーマンのイメージが強くてね。。。この作品のように若い世代と老人たちが共に享受し合い、楽しく生きていけたらって思います。こういう老後送りたいと思わせる作品。歳を取ったからと諦めて生きる人生だけは送りたくないですもんね、それを若い世代がそっと支えてくれて、後に続いて、自然に繋がっていく社会が理想的だなぁと。まだ若い人には理解出来ないかもなぁ。大人向けの作品かも。ラストのダンスシーンとか、ちょいちょいインド映画っぽさがあってよかった^ ^続編みたいなので、前作も観てみたい。

non
nonさん / 2017年1月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

望むことと恐れること。

前作は、シニアパワー炸裂といった作品でしたが、今作は、若さと老いとの対比が描かれていたので、作品から受ける印象が違いました。

これから結婚をして人生を歩んでいくソニーと、酸も甘いも噛み分けた人生終盤のマリーゴールド・ホテルに住む老人達。

これって、勢いのあるインド国家と成熟したイギリス国家のメタファーにも取れますね。

「望むことと恐れることは紙一重」

人生の先輩から、説得力のあるセリフです。

ミカ
ミカさん / 2016年10月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

色呆けジジババ

所詮は、ブルジョア階級の戯れにすぎないようにも思える。
いい歳をして、このグダグダぶり、高校生じゃあるまいし(~。~;)
四十にして惑わない日本国民としては、到底受け入れがたい!
若い頃の私なら、斬って捨てたことだろう。
だが、私も老いた。
この色呆けジジババどもの惑いに、ある種のシンパシーを感じてしまう。
先が短く、どんどん細っていく力、知的であるほど惑わざるを得まい。
それに一種のオムニバスなのだろうが、その描き方が秀逸。
全く澱みのない描き方には感服する。
主人公、ヒロインを見ていると、のび太としずかちゃんを思い出す。
私はのび太は大嫌い!
そこだけは最後まで違和感があった?

みみず
みみずさん / 2016年10月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジュディ・デンチの洗練されたファッションを見るべし。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前作を見ていた時点から、「生命力あふれる若々しいシニア」というよりも、「人生の含蓄をイギリスに置き去りにしてきた幼稚な老人」という風にしか見えなかったこのシリーズであるが、今回も、もうほとんど「ラブ・アクチュアリー」じゃないのか?と思うような仕上がりだ。良く言えば「若々しい」シニアたちだが、悪く言えば子どもっぽい人たちでしかないのが実に残念だ。お互いに惹かれ合っているのにぎこちなくてうまくいかない二人、なんて確かに可愛らしいけど、それを地でやろうとする厚顔さはちょっと恥ずかしいし、二人の男に言い寄られてどうすればいいか悩む、だとか、妻の浮気を気に病んで暴走してしまうだとか、考え方と行動が全員本当に幼稚でならないのだ。そこに加え、唯一の若者が早合点で空回りする様がまた何にも面白くないと来た。リチャード・ギアの投入も、一種の刺激にはなっても効果的とはいえず、結果全員がどうにかうまく行ってしまう都合のよさがバカバカしくてやっていられない。結局シニア版「アブ・アクチュアリー」が関の山。妙齢になって恋をしてはならないとは全く以て思わないけれど、あまりにも精神年齢の低い恋愛ばかりで、どうにもこうにも興味を惹かれないのである。本当に世の大人たちが、そして人生経験を積んだシニアが見たい映画って、これなのかなぁ?と思ってしまう。大人を更に飛び越えたシニアたちの物語なのだから、そんな「ラブ・アクチュアリー」みたいな話ではない、もっと深いエピソードが描かれても良さそうなのに・・・である。

今回で唯一、と言っていいくらいちゃんとストーリーとして見られたのは、マギー・スミスの存在くらいだ。スミスが作品に投げかける毒っ気も物語を引き締めるし、他のシニアたちの浮ついた悩みよりも数段上のレベルの含蓄で映画の中に君臨しており、年輪を重ねた深みが唯一感じられる存在だ。そしてそれを演じるスミスがまた風格があってチャーミングでいいではないか。前作ではあまり絡みがなくて物足りなかったスミスとジュディ・デンチの共演シーンが(わずかながら)増えたのもうれしい。いっそのこと、この二人の憎まれ口叩き合いながらの絆の物語にしてもよかったのではないか?と思うほどだ。

ただ、ジュディ・デンチのファッションだけは前作に引き続き相変わらず素敵で美しい。ストールのような長い布を片側の肩から無造作に掛けてなびかせるファッションも洗練されていてお洒落だし、体型を隠すでも誤魔化すでもない着こなしが実に良い。体型に囚われることなく、自然に着こなせる服選びが気が利いていて素晴らしいのだ。モデル体型ではないからとお洒落をあきらめる必要はまったくない、とジュディ・デンチが身をもって教えてくれるようだ。お洒落の参考になりそうだ。

天秤座ルネッサンス
天秤座ルネッサンスさん / 2016年8月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

幸せな気持ちになる映画です。 人生の酸いも甘いも詰め込んだ内容。前...

幸せな気持ちになる映画です。

人生の酸いも甘いも詰め込んだ内容。前作に引き続き大好きな映画

にこにこぷん
にこにこぷんさん / 2016年6月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

希望が目で見える作品です。

若々しく生きるということは、年齢じゃなくて今日を真っ直ぐ生きること、人を生かして自分も生きることなんじゃないかと思わされた作品でした。
ダメな人なんかいない、それをとても粋に描いていて、目線が優しい映画です。
たとえ自分に明日がなくても誰かを生かせたら、自分も明日を生きられる…とても未来が明るく見えました。

reds42k
reds42kさん / 2016年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

英国魂

悪人が1人も出てこなくても、起伏のある人生ドラマ。アメリカ人のユーモアもいいけれど、イギリス人のヒューモアには脱帽です。

maki
makiさん / 2016年5月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

インドに行ったんだから仏教学びなさい。

映画は良作なれど鑑賞後の想いは複雑、そんな一本。

「人は幾つになったら欲を捨てられるのだろうか」

自分と比べたら、映画の中の老人たちのほうが100倍ギラギラしていて哀しくなった。
前作は未見なれど、今なら観ておいた方が自分に良いのではと思い鑑賞したが…結果撃沈。
「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」と続けて、だったのも悪かったのか。

映画自体は前向き、多少というか大分にサニーが下衆過ぎてイライラするが。
「老いて尚枯れず、死ぬまで現役」という貪欲祭り。
老人には応援歌となる良い作品なのだけれども。

「老いては子に従え」って言葉も有るよね。

観て楽しみながらも、そんな複雑な気持ちになってしまった。
知人の「私は年寄りじゃない!」という言葉に、いやいや65過ぎたらおばあちゃんだよ十分にと思ったことを思い出す。

否定はしないけど受け入れにくいのも確かな作品。
前作を観ておかなければ。

好きこそモノのヘタレなれ
好きこそモノのヘタレなれさん / 2016年4月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1のオマケ的な

映画じたいは1のほうが好き。話が少し散漫になって派手な結婚式のダンスでごまかされた感じ。でも随所にキラリと光るセリフがあって名優たちの演技は重みがある。ビルナイのスピーチ、ジュディデンチの無言の表情、マギースミスのラストのシーンが素晴らしかった。

lumos97
lumos97さん / 2016年4月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ビル、ナイスガイ。

続編第二弾。変わらぬメンバーで続編ができるということは、さすが
年期モノの予感さえする。内容も終活メインかと思いきや、いやいや
まだまだ恋愛しまっせ!とばかりに皆さんお元気お元気vそのあたり
歳をとろうがどこの出身だろうが男女は変わらないのねと思わされる。
相変わらずバカ丸出し(ゴメンね)の支配人ソニーと賢い彼女スナイナ
の結婚とホテル事業拡大に向けた資金調達に覆面調査員のお出ましが
軸になるものの、お年寄り達があっちこっちへと元気に動き回るので
その話題だけですっかり2時間が消費される。まぁ面白いのでいいが。
バイクで駆け抜けるお年寄りも、ボリウッドダンスを踊るお年寄りも
カッコいいから楽しめる。名優揃いで演技に事欠かない面々が其々に
抱えた悩みが吐露されるが、ラストにじんわりとキメるM・スミスの
結局男とは一切絡まなかった〆が素敵^^;人生は人それぞれだもんね。
今回ゲスト?出演のインド通ギア様。相変わらず紳士の色気は健在で
彼らじゃなくても目を惹いちゃうからなぁ、覆面なんてムリでしょー。

(やっぱビル・ナイはナイスガイ。インド人運転手さんも良かったねぇ)

ハチコ
ハチコさん / 2016年4月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今を生きる

誰にとっても今しかないのだけれど、それが本当にわかるには年齢を重ねる事が必要かもしれない。

最初はインドの騒々しさと、イギリス人の偏屈さを感じてテンポに乗れなかった。しかし、ストーリーが流れ出すと味わい深いキャラクターがいっぱいで短いシーンとセリフだけれど、表現の深さは流石でした。
口ごもるだけでも、にっこりと微笑んで見つめるだけでもサマになっています。

ドキドキ、ワクワクではないけれど、楽しめました。最後のダンスシーンも楽しかった。

Momoko
Momokoさん / 2016年3月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「恋に縁がなくてね」

どうすればこんなに堂々と歩けるのだろう・・・と、思える登場人物達も実はフワフワ、フラフラ、グラグラ・・・
いろいろな意味で勇気、元気がわく作品。
マギー・スミスが素敵でカッコいい
そして、リチャード・ギアが・・・頼りない。
「恋に縁がなくてね」この台詞好き。

Eeyore
Eeyoreさん / 2016年3月29日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生って・・・といろいろ考え直させられる映画

人生って・・・といろいろ考え直させられる映画。
先日仕事上あるシニア女性とお話し。『晩年を汚していくような終の人生は歩みたくないですね。』という深い話をしててこの映画を観てまたいろいろ改めて考えさせられるハートフルな映画。
珍しく?見落としていた2012年の大ヒット作。きっと第1作観てからがお勧めです。自分もさっそく前作を求めTUTAYAへと。
『新しい生き方なんて無理だと拒んできた、でも考え直した 、そうできる間に挑戦しよう と』そう、新しい事に年齢などは関係ない。

myaa1969
myaa1969さん / 2016年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うろおぼえでも大丈夫

何かで視たような第一章。それでも、ともかく予告編が秀逸でレッツ映画館。終始、主人公が個人的に受け入れがたい大問題を抱えながらも、大半は気持ちよく観ることの出来る作品でした。
リチャード・ギアが若造扱いなのが微笑ましい事この上ない。

lynx09b
lynx09bさん / 2016年3月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  萌える 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

37件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi