PK
ホーム > 作品情報 > 映画「PK」
メニュー

PK

劇場公開日

解説

日本でもロングランヒットを記録したインド映画「きっと、うまくいく」のラージクマール・ヒラーニ監督と、インド映画界のスターであるアーミル・カーンの再タッグ作。本国インドでは「きっと、うまくいく」を超える興行成績を記録し、全米公開もされた。留学先のベルギーで大きな失恋を経験したジャグーは、いまは母国インドのテレビ局で働いている。そんなある日、ジャグーは、地下鉄で黄色いヘルメットを被って大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の装飾を身に付けてチラシを配る奇妙な男を見かける。男は「PK」と呼ばれ、神様を探しているということを知ったジャグーは、男になぜ神様を探しているのか話を聞くのだが……。

作品データ

原題 PK
製作年 2014年
製作国 インド
配給 REGENTS
上映時間 153分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

宗教を皮肉り、その本質をシンプルにあぶり出す極上のマサラ娯楽ムービー
PKの映画評論・批評

これまで見た映画でもベストの1本にあげる人が多かった「きっと、うまくいく」。その監督と主演が再タッグを組んだ映画と聞けば、期待するなというほうが無理。そして本作はこの高いハードルを、軽々と越える快作コメディだ。前作でも青春ストーリーの...PKの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全82件)
  • 2016年最強のヒロインに認定! アヌシュカ・シャルマといってもインド映画好き以外は知らないだろうし、画像検索してもらっても彼女の魅力の1/10も伝わらないと思う。しかし『PK』の彼女こそ2016年の最高にして最強のヒロインだと... ...続きを読む

    バッハ。 バッハ。さん  2016年10月27日  評価:4.5
    このレビューに共感した/4
  • それなり 渋谷アップリンク初見参。イメージフォーラムやユーロスペースだね。一番後ろの席は外れだね。クッションあるけど、椅子が硬い。ケツ痛っ インド映画だけれど、踊り回るわけでもなく、そういう意味では普通の... ...続きを読む

    CB CBさん  2017年2月3日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ディスりではないけど 形骸化された信仰と因習に対する強烈な皮肉がここに。その表明は痛快っあるが、でもそれを宇宙人の目を借りるまでもあったのか?その主張はもっともながら、ユーモアの手段としてはやや飛躍し過ぎを感じなくも... ...続きを読む

    なべたく なべたくさん  2017年1月21日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi