なつやすみの巨匠
ホーム > 作品情報 > 映画「なつやすみの巨匠」
メニュー

なつやすみの巨匠

解説

福岡県能古島を舞台に島で生まれた育った少年と、島にやってきた少女のある夏を描いた作品。能古島に住む小学4年生のシュン。夏休み、ヒマを持て余していたシュンはかつて映画研究部員だった父から古びたビデオカメラを譲り受ける。その武骨なデザインが気に入ったシュンはすっかりカメラに夢中になり、ハリウッド映画好きだったことも手伝って、親友たちと映画撮影の真似事に熱中する。そんな彼らの前にワケありで島にやって来た少女ユイが現れる。シュンは一目ぼれしたことがバレないようにユイを女優としてスカウトする。「白夜行」などを手がけた福岡出身の脚本家・入江信吾が企画、製作、脚本を担当。リリー・フランキー、板谷由夏、博多華丸ら福岡出身者が数多く参加。主題歌も福岡出身の井上陽水が歌った「能古島の片想い」を起用した。

スタッフ

監督
脚本
入江信吾
企画
入江信吾
製作
入江信吾
プロデューサー
半田健
撮影
猪本雅三
音楽
江崎文武
主題歌
井上陽水

キャスト

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
上映時間 112分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
4.5 4.5 (全4件)
  • 国生さん、落合さんの演技が凄い。 この作品は母役の国生さんの演技が無かったら、 たぶん成り立たなかっただろうってくらい 素晴らしい存在感、演技です。 子ども達も地元の子役さんを起用してるので 方言もナチュラルです。 そしてナチュ... ...続きを読む

    かんいち かんいちさん  2016年2月2日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 子供の成長 ひと夏の経験で、大きく成長する主人公! ヒロインの可愛さと、純粋な心。 それを見守る大人たち。 同年代の子供を持つ親としてもすごく共感できました。 ...続きを読む

    winbridge winbridgeさん  2015年8月6日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 俺の過ごしたかった夏休み 最後ボロ泣きしてしまった…。 大人から子供からちゃんと血が通っていた。 将来に不安を抱える父、こんな田舎の島なんか出たいと願う姉、エネルギーをもてあます主人公、みんなを豪快に見守る母。 あんなわ... ...続きを読む

    ニッキュー ニッキューさん  2015年7月15日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「なつやすみの巨匠」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi