ドキュメンタリー八甲田山
ホーム > 作品情報 > 映画「ドキュメンタリー八甲田山」
メニュー

ドキュメンタリー八甲田山

解説

1902年、199人もの死者を出した史上最悪の遭難事故とも言われる八甲田山雪中行軍遭難事件の真相を描いたドキュメンタリー。明治35年(1902年)1月、ロシアとの戦争を控えた日本帝国陸軍は寒冷地での訓練が急務となっており、また、本州北部がロシア軍から攻撃を受けた場合、八甲田山に移動路を確保する必要もあったことから、八甲田山登山計画が立てられる。青森歩兵第五連隊から選抜された210人の雪中行軍隊は、目的地まであと4キロという標高732メートルの馬立場にも到達するが、天候が急変。猛烈な吹雪の中で迷走し、199人もの死者を出す大惨事へと発展する。生存者の証言や専門家のインタビューを通して事故の過程や原因を検証するほか、再現ドラマも交える。

スタッフ

監督
宮田聡
原作
小笠原孤酒
撮影
大串雅昭
美術
田沼勝彦
助監督
岩下力
アソシエイトプロデューサー
フランチェスコ・コルーシ
エグゼクティブプロデューサー
宮田聡
日本語版ナレーター
屋良有作

キャスト

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
上映時間 88分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
4.5 4.5 (全1件)
  • 本当の遭難理由がわかりました 八甲田山雪中行軍遭難事件といえば、 高倉健&北大路欣也の八甲田山を思い浮かべる人が多いのでしょう。 この映画は同作のリメイクではないために頭にドキュメンタリーと付いているのだと思います。 専門家... ...続きを読む

    jack77 jack77さん  2014年5月20日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi