カリフォルニア・ダウン 特集: 【今年の「ベスト・オブ・ディザスタームービー」は本作だ!】ハリウッドの総力を尽くしたこの映像を、映画館で見ないでどうする!?

ホーム > 作品情報 > 映画「カリフォルニア・ダウン」 > 特集 > 【今年の「ベスト・オブ・ディザスタームービー」は本作だ!】ハリウッドの総力を尽くしたこの映像を、映画館で見ないでどうする!?
メニュー

カリフォルニア・ダウン

劇場公開日 2015年9月12日
2015年9月7日更新

【今年の「ベスト・オブ・ディザスタームービー」は本作だ!】
ハリウッドの総力を尽くしたこの映像を、映画館で見ないでどうする!?

ハリウッドならではのスペクタクル・シーンが興奮を呼ぶ、超大作ディザスタームービーの最新作「カリフォルニア・ダウン」が9月12日から全国公開。カリフォルニア全土を襲う未曾有の危機を背景に、極限状態に置かれた家族の熱く強いドラマを描き切る。この大迫力の映像は、スクリーンで楽しむしかない!

全世界で大ヒットを記録した注目のスペクタクル作が、つに日本公開! 全世界で大ヒットを記録した注目のスペクタクル作が、つに日本公開!

■「2012」「デイ・アフター・トゥモロー」に連なる──
 待望の《本年度最高》のディザスタームービー!
 全世界57カ国オープニングNo.1が物語る「本作はスクリーンで見るべき映画」

画像2

極限状態に置かれた人間のドラマと、壮大なスケールで描かれる大迫力のスペクタクル映像。ハリウッドだからこそできる、見る者を圧倒する超大作として、長らく映画ファンを魅了し続けているジャンル「ディザスタームービー」。古くは「大地震」や「タワーリング・インフェルノ」「ポセイドン・アドベンチャー」、近年では、「ボルケーノ」「デイ・アフター・トゥモロー」「2012」などなど、視聴覚効果の技術が向上するほどに描かれる迫力の映像レベルも格段にスケールアップ。度肝を抜く映像表現で見る者の手に汗握らせ、大スクリーンで見る映画ならではの興奮と感動を与え続けていると言っても過言ではないだろう。

画像3
娘を救うために父と母が突き進む! 娘を救うために父と母が突き進む! [拡大画像]
「ワイスピ」のD・ジョンソンが父親役 「ワイスピ」のD・ジョンソンが父親役 [拡大画像]

そんな映画ファン待望のディザスタームービー、残りの公開ラインナップを見ても、今年2015年の同ジャンルを代表するのはまず間違いない1本がついに登場する。5月に公開されるや、興収5400万ドルを突破して全米No.1デビューはもちろん、全世界57カ国でオープニング第1位を飾るという快挙を達成。全米累計興収1億5000万ドル超え、全世界累計では約4億7000万ドルというメガヒットを決めたドウェイン・ジョンソン主演「カリフォルニア・ダウン」がそれだ。

米カリフォルニア州の太平洋岸、1300キロに渡って延びるサン・アンドレアス断層が横ずれし、巨大地震が巻き起こる。ロサンゼルス、ラスベガス、サンフランシスコと大都市が相次いで壊滅するなか、ジョンソン演じる熟練のヘリコプター・レスキュー隊員が、未曽有の災害から愛する娘と被災者を救うために命懸けの活躍を見せる豪快かつ痛快作。まさしく大スクリーンで楽しんでほしい1本なのだ。




■全世界が驚がくした映像を観たくないか?
 その答えの一部は、映画.comが入手したこの2つの動画にあり!

リアルなVFXが壮大なスケールで暴れ回る「ハリウッドの本気」。手に汗握る屈指の本編シーン2種を掲載!

さらなるインパクトを感じたければ、そして、まだまだ登場する興奮のシーンを見たければ、劇場に足を運ぶしかない。



■超・絶体絶命の危機、また危機! 果たして彼らは乗り越えられるか!?
 ディザスター映画史上《最強のきずな》をあなたは目撃する!

愛する娘を救うことができるのか!? 愛する娘を救うことができるのか!? [拡大画像]
画像16

地響きがわき起こり、大地が割れ、そしてダムやビルの巨大建造物が崩れ落ちる。大規模破壊のスペクタクル映像のインパクトはもちろんだが、そうした危機が、次また次とたたみ掛けてくるのが本作の見どころ。愛する娘を救出するため、ロサンゼルスからサンフランシスコまで突き進む父母(「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソンと、「エンジェル ウォーズ」「ウォッチメン」のカーラ・グギーノが身体を張って熱演。娘役は、「ホワイトカラー」「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」シリーズの気鋭女優アレクサンドラ・ダダリオ)が、絶体絶命の危機を乗り越える姿に胸が熱くなるのだ。


画像9
ヘリを使った極限の救出シーンが見もの ヘリを使った極限の救出シーンが見もの [拡大画像]

崩壊するビルの屋上から妻エマを救ったレイだが、粉じんの中をすり抜けて飛ぶという無理がたたったのか、ヘリのエンジンが悲鳴を上げ、このままでは墜落してしまう!という危機に。だがそこは熟練のパイロット、エンジンを切ってゆっくりと滑空するように機をコントロールし、不時着の態勢を取ろうとするレイだが……。果たして、無事に着陸することはできるのか?


画像11
道を分断する地割れを越えて行くには? 道を分断する地割れを越えて行くには? [拡大画像]

なんとか地上に降り立ったレイたちだが、そこは災害の混乱に乗じて略奪行為が行われているショッピングセンターだった。銃撃をくぐり抜け4WDを手に入れたレイたちは、一路サンフランシスコを目指して北上するが、目の前には突然巨大な地割れが! すんでのところでストップするも、地割れは道路を分断し、行く手を塞いでいる。このままでは進めない──レイたちはどうするのか?


画像13
娘が繰り広げる脱出劇も見応えたっぷり 娘が繰り広げる脱出劇も見応えたっぷり [拡大画像]

起死回生のアイデア、運と度胸で、無事にサンフランシスコにたどり着いたレイとエマ。だが、なおも頻発する地震によって、なかなか娘ブレイクのもとへと歩を進めることができない。父に教えられた災害時の知恵を駆使し、ブレイクは自分を助けてくれた英国人兄弟と救助を待つ。ついにレイたちはブレイクと再会するが、彼女たちは強化ガラスの向こう側に……そう、倒壊するビルの内部にいたのだ!



■目利きの映画評論家、ライター陣も、本作のすさまじい映像を“体感”!
 この、大興奮&大絶賛の声を聞け!

壮大なスケールで描かれる、ハリウッド超大作らしいスペクタクルと熱い家族のドラマに、目利きの映画評論家&ライター陣も手に汗握った。興奮と絶賛のコメントをここに掲載!

画像17

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

大地震、ビル倒壊、津波が超リアルな3D映像で迫る これは悲劇の追体験だ
映画評論

CGで描かれた作り物のディザスターであることは百も承知。そう分かってはいても、激しく揺れる建物、ひび割れ崩れ落ちる街並み、山のようにせりあがる津波が圧倒的なリアリティーで現れ、さらに3Dメガネを介して立体像を結ぶとき、まさにその現場に...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す