トランセンデンスのレビュー・感想・評価

トランセンデンス

劇場公開日 2014年6月28日
138件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

寂れた街万歳!! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

携帯スマホ、ネトフリ嫌いのノーランが作った映画なので期待せずに観ましたが、ブロムカンプ風味がありなかなか良かったです。私も寂れた街に住んでいるので、寂れた街の巨大地下施設で作業を行っていく様は夢がありました。再生医療が庶民に対して行われ、障害を治してもらった人々が張り切って働く様もとても素敵でした。映画で超技術を描く場合、イルミナティの宣伝である事が多いですが、弱者救済(トレードオフでウィルの兵隊にはなりますが)は有り得ないので本作は反イルミナティであるように感じました。妻は態度をコロコロ変えるし、ウィルと信頼し合い、彼を守るシーンがなくて物足りなかったです。

アンジェロ
アンジェロさん / 2017年11月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何とも言えない

テーマこそ難しいが、ストーリーはシンプル。低年齢層には受けないだろうが、恐らく内容くらいは理解できるはずだ。幅広い年齢層の人が楽しめる様に工夫して製作したのかどうかまでは分からないが、意外とコンピューター関連に詳しくなくとも案外楽しめたという所は評価すべきだろう。観る前は多分難し過ぎて置いていかれるだろうと覚悟していたが、そんなことは無かった。しかし、コンピューター関連に詳しいならば尚更良いのは確実だ。私自身も詳しい身であれば評価は変わっていただろう。しかし終始「そういう」シーンだけでなく後半はジョニー・デップ演じる主人公が驚くべき力を手に入れてからはSF映画っぽくなった。面白いのか、面白くないのか判断できないのが正直な感想だが、とっつきにくい作品ではないため★3が妥当ではないかと思った。

MASERATI
MASERATIさん / 2017年9月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

SF風ファンタジー

発想は面白いが…、もう少し科学を理解している人に作ってもらいたかった

Liquor
Liquorさん / 2017年7月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛のカタチ

コンピュータが人間を凌駕する怖さと夫婦の愛が描かれている作品でした。

エンディングの歌詞が、私にはとっても響きました。

ガブ
ガブさん / 2017年6月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

色んな意味で、良くも悪く ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

クリストファー・ノーラン作品の撮影で知られるウォーリー・フィスターの監督デビュー作。
名カメラマンの初メガホンを祝うかのように、ノーランがプロデュースでバックアップ、ジョニー・デップが主演し、内容的にも意欲作。
画期的な人工知能を開発した科学者が反テロ組織の凶弾に倒れるが、その意識がコンピュータにインストールされ、驚異的に進化していく。
題材はいいし、面白味もあるが、最高に良かったかと問われると…。

まずこの作品、「チャッピー」や「LUCY」が問いかけだとしたら、一つの“その後”やアンサーと言えるだろう。
死の間際意識をインストールしロボットとして生き返った「チャッピー」、あらゆる全てを超越した「LUCY」。
本作でも、肉体は死んでも、意識はコンピュータの中で生き続け、世界中のコンピュータにハッキング、ナノテクで人の怪我や死、地球そのものすら再生出来る。
と同時に、それは脅威。
人がコンピュータに…と言うより、全てが一人の人間の意識に包まれる。
主人公ウィルの行いは、人類全ての為か、自分自身の傲慢か、妻の為か。
コンピュータの中で生き続けるウィルの意識は、実像か、偶像か。
危険性や恐ろしさ、人間やコンピュータの在り方を訴えるに足りうる。

同じく科学者である妻エヴリンは、死んだ夫との再会に依存していく。
が、怪我した技術者に意識の一部を入れて現れたウィルを、妻は拒絶した。
これはもう、コンピュータの中のウィルは意識であって、その身体や温もりは無いと言っているようなものだ。
例えコンピュータが人の死を超越しても、その人そのものはもう居ないのだ。
妻の喜び、苦悩、葛藤は分からんでもない。
でもこの妻、ウィルの為に巨大な研究施設を作ったり、拒絶したかと思うとまた彼を肯定し、反テロ組織に制止されたらそれを否定し、ナノテクで肉体を完全再生して現れたウィルに葛藤して…と、最後まで気持ちがブレブレでその行動や意思を理解出来なかった。

それなりにSFやアクションの見せ場はあるものの、とりわけ目を引くものではなく、展開も平淡。
名カメラマンながら映像面でも斬新なものは無かった。
奇抜な衣装やメイクが続くジョニデ、その極みと言えるような(?)遂にコンピュータと化す。
豪華キャストが揃ったものの、活かせてるとは言い難い。

題材や訴えるテーマは悪くない。でもツッコミ所やありえねー!とも思ってしまう。
面白いようで、イマイチ。
色んな意味で、賛否を地でいく作品であった。

近大
近大さん / 2017年5月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

(≧∇≦)

酷評

まっちゃん
まっちゃんさん / 2017年3月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好きな作品

人物が良く描かれていて、落ち着きのある作品。ご都合主義な本ではあるが良く練られていて過不足なく楽しめた。ただテロリストの描き方には、苦労の後も見えるがもう少し努力を要する。後半、軍に協力する辺りに工夫が必要。芝居も大仰にならず、やはり上手い。ヨーロッパ映画を思わせる撮影や編集にもセンスが感じられる。こういうテーマはセールスが難しい、というより専門に偏らない客層の開拓自体が今からなのかもしれない。何かのテクノロジー論や思想的な香りがあれば、あるいは満足する層もあろうが、そこに落ちないことに清さを感じる。純愛は此岸で成就しない、というのは不滅のテーマであるのだろう。

nob
nobさん / 2016年8月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あまりに無知で痛過ぎる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

また地雷を踏んでしまった感じがする。_| ̄|○ 人格を丸ごとコンピュータに移行できたら,という非常に想像力をくすぐられる話なのだが,この脚本家にはこの設定の本当の面白さが全く分からなかったようだし,科学的素養にも相当欠けているようだったのが残念でならなかった。

例えば,最初に出て来るエピソードで,世の中は電磁波だらけだから聖域を作ると言って,銅線で作られたネットを庭の上に張るシーンがあるのだが,電磁波遮蔽のためと言うにはネットの目が粗過ぎるし,上方ばかりでなく側面にも張って全体を接地しなければ全く意味がないのにそうしなかったので,いきなり先行きが心配になってしまった。更に後の展開で,地下で同じことをやろうとしていたのには思わず吹き出した。地下空間はそもそもアースで囲まれているようなものなのだから,地下に入ると携帯の繋がりが悪くなることなど,我々も日常的に経験していることであり,地下に届くはずもない電磁波の遮蔽など,夜に日傘をさすようなもので全く無意味なのである。

字幕にも気になるところが多々あり,"neural network technology (神経回路網技術)" と喋っているのに「神経工学」という字幕になっていたのには目が点になった。そんな工学分野は聞いたことがない。こういうことをやらかすのは,また戸田奈津子かと思ったが,違ったようだった。:-D

さて,コンピュータに人間一人分の全人格や全記憶を仮に移せたとして,一体どれくらいの容量になるのだろう?アナログ量をディジタル化するのだから,解像度次第でいくらでも大きくなってしまうだろうが,いくら圧縮したとしてもその転送には何ヶ月か,あるいは何年もの時間がかかるはずである。それがネットに繋いで1分もかからずに送られてしまうような描写があったのにもドン引きさせられた。こうした点を助言してくれる技術的なアドバイザはいなかったのだろうか?

コンピュータ化された後の話は,情報の世界で展開されるのかと思えば,やたら新素材を生み出して物質世界で活動しようとするのにも首を傾げざるを得なかった。ナノテクノロジー(これもかなり誤解に満ちていたが)で植物の成長が促進されるシーンなど,トトロでも見ているかのような既視感があった。(V)o¥o(V) そもそも,1秒間に1京回もの演算を行う現代のスパコンより遥かに進んでいるはずのコンピュータが,人間と音声で会話している時点で違和感があった。コンピュータは,さぞかし待ち時間ばかりで退屈だったはずである。

主演がジョニー・デップというキャスティングにも惹かれたのだが,モニタに終始不機嫌そうな表情で映っているだけの役なので,ジョニデである必要は一切感じられなかった。そもそも,全人格を移せたのであれば表情も豊かであるはずなのに,ほとんど変化がなかったのは,最初から監督がコンピュータの人格というのはこういうものだと決めつけていたせいに違いない。逆に,ジョニデは良くこんな無表情な役をやってのけたと言うべきかもしれない。

最後にどんな見せ場があるかと思ったのだが,特殊メイクを少しずつ変化させただけでお終いというのにも脱力させられた。頭が悪いアメリカ人が身の程も知らずにドヤ顔で作ったトンデモ SF 映画とでも言えばいいだろうか。アメリカでも興行的には成功していないらしいので,多くのアメリカ人はこの脚本家や監督よりは頭がいいらしい。何よりなことである。:-p
(映像3+脚本2+役者3+音楽3+演出2)× 4 = 52 点。

アラカン
アラカンさん / 2016年8月4日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ねむいわ

興味深いのに退屈なのはなぜだろう。全編だらーっとしている。いろいろ原因はありそうですが、音楽と編集がそうさせている部分は大きいと思う。
細かい映像処理の美しさはあるのだけれど、それを見せるあまり、ストーリーのテンポが遅れているんじゃないでしょうか。寝てしまうので、見直した。
美談に落ち着くラストには、多くの人が舌打ちしたことでしょう。監督、役者変えてもったいないからもう一回この題材やり直したらいいのに。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2016年5月1日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

んー。

ジョニー・デップが好きで、さらにシリアスっぽかったからレンタル。
正直、ありきたりというか、先の展開が読めすぎてあまり興奮しませんでした。

MEI
MEIさん / 2016年4月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意識って何だろう?

ありそうな話だけど現実的ではないのかな?だけど人間とコンピューターの違いって何なんだろう?って思った。
脳の活動も信号でしかないのに、感情はどこからくるのだろう?脳の電気信号が感情を作るのであればコンピューターでも作れるはず。だからあり得るのかも知れないし、ないかもしれない。

em
emさん / 2016年3月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

無機質

とても無機質な雰囲気でした。
人にもあまり感情があるようには見えないし、建物がSFとはいえなにか物足りない。
ただモーガンフリーマンの演技はやっぱりよかったです。
ジョニー・デップであの役をする必要があまり感じられませんでした。

結局は一部の人間の間での問題で、ほんとうに大問題なのかということが、いまいち実感できませんでした。

GOTR
GOTRさん / 2016年2月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トライセンデンス ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

文明の進化について考えさせられる映画です。

ささしょ。
ささしょ。さん / 2016年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人工知能

近未来、人間の脳をインストールできる人工知能に進歩しても不思議じゃない。

必要性はあまり感じないが。

pazoo
pazooさん / 2015年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世界はこんなにも狭い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

研究室の内輪揉めが、やがて世界を巻き込んだ痴話喧嘩となっていく。

広大なスケールの土地を使い、少数精鋭の演者が、兎に角凄いCGを頼りに所狭しと奮闘する。

想像してご覧なさい。
あの広大な土地に、僅かなハリボテと数人の演者で世界の危機を語る風景を。

ほら、壮大な場面に見える所々が、とてもシャビーなものに見えてくるでしょう。

スーパーコンピューター、脳のアップロード、ナノマシン。SFゴコロをくすぐる数々の設定もそのチープさを前にすると苺の乗ってないショートケーキも同じ。

テクノロジーが脅威となり、良識ある人間が食い止めるという、様式美。言い換えるならば普通のストーリー。

せめてもう少し世間を巻き込んでよ!

最後寝てたよ!

nok0712
nok0712さん / 2015年10月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まぁ

近未来的なネタには興味があるけど、ストーリーがちょっと・・・。かといって、楽しめない映画ではなかったです。

tanekato
tanekatoさん / 2015年9月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見終わった後の感想が複雑

一見難しそうだと思ったけど、割りと直ぐ引き込まれていった。
でも面白かったかと聞かれるとそうでも無いかも。。

おこげ
おこげさん / 2015年8月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

淡々と ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

淡々と話が進んでいき、全体を通していまいち盛り上がりに欠ける。
あんなコンピュータに人間が勝てる気がしない。

始めはありえそうな感じに進んで行くけど。。なんなら、もう少し遠い未来ならあり得そう!くらいの内容で描いてもよかったのに。いくらハイテクノロジーでも、あんな瞬時に人の傷を治癒したりは出来ないよねとしか思えない。
終わりも呆気ないし、、

役者さんが名優揃いなのに、なぜか勿体ないなーという感じ。
まぁ、一度見たらいいかな。

改めて思ったけど、レベッカ・ホールってスカーレット・ヨハンソン面長にした感じで少し似てるなぁ~。

gacha@
gacha@さん / 2015年8月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

近年のこのジャンルはいつもこう

科学の話かと思いきや途中から暴走し始め、最後は最近よく見る展開に。締めくくりもきれいにしようと頑張った感じがありあり。かといって決して面白くないわけではない。
ただしこれはMorgan Freeman, Cillian Murphy, Paul Bettanyという良質な脇役揃い(あくまでジョニデは一般大衆にウケがいいだけで俳優としては…)だからもったわけあって、内容だけで考えるとやはり魅力はないかな。

ちかし
ちかしさん / 2015年8月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白くない

あまりにも面白くありませんでした。キャストが良かっただけに非常に残念です。もう少し映画を作るのを真剣にやってほしいです。見事な駄作です。

sai
saiさん / 2015年8月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

138件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi