ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
ホーム > 作品情報 > 映画「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
メニュー

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

劇場公開日

解説

「ファミリー・ツリー」「サイドウェイ」のアレクサンダー・ペイン監督が、頑固者の父親と、そんな父とは距離を置いて生きてきた息子が、旅を通して心を通わせる姿をモノクロームの映像で描いたロードムービー。モンタナ州に暮らす大酒飲みで頑固な老人ウディのもとに、100万ドルを贈呈するという明らかに胡散臭い手紙が届く。すっかり信じ込んでしまったウディは、妻や周囲の声にも耳を貸さず、歩いてでも賞金をもらいにいくと言って聞かない。そんな父を見かねた息子のデイビッドは、無駄骨と分かりつつも父を車に乗せてネブラスカ州を目指すが、途中で立ち寄ったウディの故郷で両親の意外な過去を知る。ウディを演じた主演のブルース・ダーンが、2013年・第66回カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞した。

作品データ

原題 Nebraska
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 ロングライド
上映時間 115分
映倫区分 G
 

関連ニュース:ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅の関連ニュース

映画評論:ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

夢にすがる人生のおかしさとむごさ。銀色と灰色が眼に残る
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅の映画評論・批評

黒白というより、銀色と灰色が眼の底に残る映画だ。それもシネマスコープ。アメリカ中西部の寒々とした風景のなかを、足元のおぼつかない老人が歩いていく。気むずかしくて、酒飲みで、判断が怪しくて、つむじ曲がりのウディ(ブルース・ダーン)という...ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅の映画評論・批評

映画レビュー:ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

平均評価
3.7 3.7 50 (全19件)
  • 父と息子のロードムービー アメリカの閉鎖的な田舎の、乾いた空気感が良かった。 期待しているようなことは起きないと分かっていても、気が済むまでつきあってあげられるのは家族だからこそなのだなあ。 ...続きを読む

    chibirock chibirockさん  2014年4月8日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 髪がぽやぽやしてた ネタバレ! サエない父ちゃんの話だが、息子の方もサエない。 仕事も微妙、彼女はもっと微妙、母ちゃんウザい…そんなサエない日々の息子、父ちゃんダシにとりあえず旅に出て現実逃避したいだけでは?と、最初思った。が... ...続きを読む

    小二郎 小二郎さん  2014年4月4日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 家族愛の映画。 父と次男のきずなが深まる旅に、母と長男も絡んで家族愛を見せてくれる作品でした。 モンタナからリンカーンまでの旅をモノクロ映像でみせるけど、これがこの家族の優しさにあっていてとても良い雰囲気です。... ...続きを読む

    peanuts peanutsさん  2014年3月30日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅のすべての映画レビュー
  • ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅の映画レビューを書く

他のユーザーは「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報