「嗅覚をも刺激する作品」収容病棟 Noriさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「収容病棟」 > レビュー > Noriさんのレビュー
メニュー

収容病棟

劇場公開日 2014年6月28日
全3件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

嗅覚をも刺激する作品

撮影・編集する過程で、監督の手は間違いなく入っているのだが、何かを仕掛けたり煽ったりすることなく、静かに、淡々と、カメラを回していく。

王兵監督の作品はどれも長くて、知的耐性のない私は必ず寝てしまうのですが、それでもなお、訴えてくるものがあります。

この作品において、描かれている、精神科病棟の社会的入院という現状は、日本も例外ではありません。
限られた資源(人・金ほか)をどう振り分けるか、社会がどう対処するか(受け入れるか)。

自分がこの病棟に収容されたら、と思うと、叫び出したい位の絶望を感じるのでした。

Nori
さん / 2014年7月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi