Wake Up, Girls! 七人のアイドルのレビュー・感想・評価

Wake Up, Girls! 七人のアイドル

劇場公開日 2014年1月10日
4件を表示 映画レビューを書く

♪我らは〜 アイドル〜

仙台を舞台に、弱小芸能プロダクションから誕生したアイドルユニットの奮闘を描いた、「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」「かんなぎ」で知られる山本寛監督のアニメーション。
昨今のアイドル戦国時代ならではの作品。

見てどうしても思う事は、尺の短さ。
僅か50分で、本当に序章の序章。
続きはTVシリーズでって感じで、中途半端感は否めない。
7人も、誰が誰やらと覚えようとしている内に終わってしまう。

まあでも、一本のアイドルアニメとして見ればそれなりに楽しめるのでは?
かつて大人気のアイドルグループのセンターだったヒロインが、突然芸能界を辞め、再びアイドルの世界に戻る姿をベースに、アイドルを目指す女の子の青春をキラキラと描く。
クライマックスに披露する歌とダンスは本格的。(パンチラシーンの萌え要素もあり(笑))
7人のアイドルを担当した声優陣はいずれも新人で、劇中の“Wake Up,Girls!”名義で歌手デビューもし、そのままサクセスストーリーになっている。

続きは気になると言えば気になるけど、どうしよっかな〜??(笑)

尚、タイトルもTVシリーズの各サブタイトルも、黒澤映画から付けられているという。
興味がある方は調べてみて下さい(笑)

近大
近大さん / 2014年5月19日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 単純 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画にする必要性はないかも

仙台発のアイドルグループWake Up Girlsの立ち上げから初ライブまでを。

「あんたら処女?」発言やら社長が金を持ち逃げして蒸発やら妙に生々しいのはラブライブ!やアイマスとの差別化狙いなのかなんなのか。リアル志向でやっていくのかな?
ライブ時の“仕方のない”パンチラもリアル感を出すためなんだろうけど、下品なカメラアングルが必要だったのかは疑問。別にそこに注目させず見切れてるくらいで良かった。

ライブ映像は流石にラブライブ!に軍配があがる。とはいえ滑らかで色々見る所はありそう。

wugのメンバーが全員モブっぽいのは気のせいであってほしい。ラブライブ!のときもこんなこと言ってたけど今はばっちりハマっちゃってるからwugもそうであってほしい。
お気に入りはバイトを頑張る茶髪ロングの子。というか他の子の特徴があまり掴めなかった。いや食いしん坊はいたか。
キャラクターの心の移ろいがやや雑だったのでそこをTVアニメでしっかり補完してもらいたい。

結局映画の60分だとメンバーの名前一人しか覚えらんなかったなぁ。

なかもず
なかもずさん / 2014年1月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ありでしょ!

劇場版Wake Up Girls!を観てきましたw

コンセプトはありがちで社長のセリフに一抹の思いはありますが
結果的には良かったですねぇw
曲も好きですね、ラブライブはハマれなかったけどアイマスに続いてこれはハマりました、仙台に行ってしまいたいくらい!
現実でもアニメの中でもアイドル戦国時代ですが私はWake Up Girls!を支援します!!

てな、感想です。
角川サイコーwww

IKS
IKSさん / 2014年1月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

動きが良い!!

歌にダンスが合ったのが良かった。キャラ一人一人がかわいかったです個人的に菜々美推しです。アニメを見るなら映画も見たほうがいいと思います!!

puma
pumaさん / 2014年1月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報